Latest Entries

近況 79

<3月下旬>
概論に出かける予定でしたが、コロナの影響を鑑みて泣く泣くキャンセルに。その後、俗世間を離れて山籠もり。そのお供は、恒例のガンプラ。今回は、疫病調伏にご利益があるという「軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)」様にヒントを得て、ミキシングビルドに挑戦。もともと隠し腕を装備している「ガンダム グシオン リベイク フルシティ」をベースに、一面八臂となるように組み上げ、カラーリングを変更。銃やメイスも古びた仏具をイメージして、ドライブラシの技法を使ってみたり。COVID-19撲滅を願いつつ、楽しみながら組み上げました。それと並行して、「ウィングガンダム フェニーチェ」の再構築にもチャレンジ。これはもともと私がガンプラを始めた頃に作ったので、今になって改めて見てみると、なかなかヒドい出来でした。そこで、技術もある程度向上した今、ミキシングも利用して作り直してみようと思い立ったわけです(ちょうど、使えそうなパーツも余っていたので)。折しも、COVID-19がイタリアで猛威を振るっていた頃でしたので、イタリアの国旗をイメージした3色で塗装するなどして、なかなか満足のいく仕上がりに。そんな山籠もりの生活では、結構な積雪にも見舞われ、雪かきで体幹トレーニングもしたり。「あつまれ どうぶつの森」を入手し、娘と一緒にプレイしたり。 ▼ 実家のネコは少し大きくなっていて、猫じゃらしにジャレつくようになっていました。そのうちネズミも捕獲するようになることでしょう。

<4月上旬>
COVID-19感染拡大防止のため、私の仕事も原則在宅勤務が決定。その準備のため朝から晩までPCで資料作りをひたすら続けていました。1日10時間ぐらいはやってましたかね。本格的に業務が始まる前に、必要な資料は全部作成し終えておきたかったので、とにかく集中して一気にやりました。ここ数年で最も集中力を高めた10日間だったんじゃないでしょうか。 ▼ まずはゴールを見据えて、そこまでの段取りが何等分になるかを確認。段取りが見えたら、そこに具体的な項目を当てはめて、全体のスケジュールを作成。そこまでいけば、あとはそれぞれに必要なものを順番に作っていくだけです。まぁ、作成途中で、全体の調整も必要になることはありますけど。森を見てから木を見て、そしてまた森を見る、の繰り返しですね。

<4月中旬>
FF7リメイクが発売。もちろん予約していたので、発売日にはプレイ。とにかくやり込みました。めちゃくちゃ面白かったですね。映像が美しいのはもちろんですが、システムもよく作り込まれていて、飽きずにずっとプレイできる。これまでのFFシリーズって、ボスがそれほど強くなくて(というか、それまでにレベルを上げすぎてしまって、ゴリ押しで倒せてしまうことがほとんどで)、戦略も何もあったもんじゃなかったんですが、今回はしっかり戦略を立てないと勝てない(あるいはゴリ押しだとものすごく時間がかかる)ようになっていたあたり、個人的には高評価でした。特にタークス戦が好きだなぁ。彼らがちゃんと強くなっていたのには、開発陣の愛を感じましたね。 ▼ ティファかエアリスかで言うと、ティファです(ぇ? ▼ そういえば、誕生日も迎えたのでした。初老です。不惑です。各方面からお祝いのお言葉を頂戴しました。ありがとうございます。自分へのプレゼントとして、仕事用の鞄を新調したんですけど、そのデビューはしばらく先になりますね。

<4月下旬>
上旬のうちに一気に資料作成を終えていたので、比較的時間に余裕がありました。なので、ゆっくりと資料の手直しをしつつ、納品。楽勝だろうと思っていたら、納品先それぞれでシステムが違うため、想像以上に時間をとりました。・・・が、まぁ、それも慣れの問題。使っていくうちに要領がわかってきて、終わる頃にはマスターしてました。ただ、個人的な感想ですけど、国産のシステムの方が使いやすかったですね。日付や時刻の入力あたりは特に。外国産のは、細かい指定ができるところは素晴らしいんだけど、UIが洗練されてない感じ。・・・まぁ、別にいいんですけど。 ▼ せっかく時間的にも余裕があったので、もう一つガンプラをミキシングビルド。今回は新発売の「ガンダムGP-羅刹天」と「戦国アストレイ頑駄無」を組み合わせてみました。主に前者の上半身と後者の下半身を。日本もコロナ禍にあえいでおりますので、その応援の意味も込めまして、日の丸カラー(白と赤)をベースに塗り替え。想像以上にしっくりきました。やはり、自分の得意技は「ミキシングビルド」なんだなぁ、と実感した1ヶ月でした。

<5月上旬>
誠にありがたいことに、このコロナ禍にあっても、お給料が減ることもなく、在宅勤務が継続できています。・・・が、家にいてはやはり運動不足にはなりますね。自転車にも乗らないし、階段の上り下りもしないし。歩くことすら大幅に減って、4月の平均歩数は一日当たり1000歩にも達していません(昨年は7640、一昨年は7812)。こりゃいかんなぁ、と思っていたところに、ヨドバシカメラで「リングフィットアドベンチャー」の抽選販売実施のお知らせが舞い込んできました。まぁ、当たるわけないとは思うけど、応募しなけりゃ当たらないし、試しに応募してみようかな...と気軽に応募したら、当たりまして。買いました。これ、想像以上にキますね。ちょっとやっただけで、腕、腰、太ももなど、筋肉が鍛えられていることを実感できます。少しずつ強度や時間を増やして、楽しんで続けていこうと思います。ちなみに、休校が続く娘もプレイしてますが、さすがの体力ですね。パパはちょっとやっただけで疲れます(笑)

近況 78

<3月中旬>
引き続き、新型コロナウィルスの影響で、小学校がお休みのため、自宅待機が続く娘。ドリル系の課題は終わり、お菓子やお料理を作ってみたり、レシピをノートに書き写してみたり。教科で言うと家庭科の生活。その一方、私が100均で買ってきた画用紙でお絵描きも。

そんな娘に私もつられてお絵描きに挑戦。とりあえず、戯れに実家のネコを描いてみたんだけど、まずまずの出来。Bの鉛筆一本でここまで描けました。…勢いに任せて、花瓶に挿した金魚草も絵にしてみたんですが、コレはダメですね。とてもヒトサマにお見せできるレベルではありませんでした。どうやらネコしか描けないようです(笑)

仕事の方は、早めに片付けておいたので、微調整や少々のメールで済んでいますね。一段落とまではいきませんが、ネコの絵を描くぐらいには余裕があります。ただし、新型コロナウィルスの影響で、始業時期が予定より遅くなるという通知があり、それに合わせて資料を書き換えたりしなければならず、そこが少々面倒でした。…この延期分のせいでGWは全て潰れるんだろうなぁ…。

合間に、お世話になっているお店の様子も見てきました。コロナの影響がないわけではないようですが、それなりにお客さんは入っているようで安心しました。美味しく頂戴してきました。

近況 77

<3月上旬>
新型コロナウィルスの影響で娘の小学校も休校に。それなりに宿題も出たようですが、それもきっちり片付け、自主的に漢字や計算のドリルに取り組んだり読書したり、誰に似たのか大したものです。私だったら、ずっとファミコンやってだろうなぁ...(笑)せっかくなので、晴れた日には娘と散歩がてら近所に買い物に出かけたりもしましたが、マスクやトイレットペーパーやティッシュペーパーが軒並み売り切れているのを目の当たりにして、なるほど、これが世間か...などと感じたり。幸いにも、我が家にはこんな騒動になる前に、マスクは箱で買ってあったし、紙類も充分余裕があったので、のほほんと暮らしていたんですが。

娘の視力が低下してきた、とのことでまずは眼科で処方箋を取りに(これは妻と娘だけだったけど)。医師曰く、中学生だったら今すぐ眼鏡を作った方がいいレベルで、小学校低学年だったらまだ作らなくていいレベル。というなんとも微妙な評価を頂戴しまして。まぁ、黒板が見えにくい時もあるという本人の主張を大事にして、授業中に掛ける程度の眼鏡を作ってもらいに、後日お店へ(こちらは一家3人で)。今は割とお安く作れる眼鏡もあるんですねぇ。家計に優しくて助かります。娘も気に入ったようだし、遠くの字もハッキリ見えるようになったとのことで、ご満悦。よかったよかった。

久しぶりにホットプレートを引っ張り出してきて、クレープを焼いたり、瓦蕎麦っぽいものを作ってみたり。お勉強も結構だけど、こういう時間も大切にしたいなぁ、などと思ったり。急な休校ですが、もともとインドア派の我が家は平常運転で平和にやってます。

一方、私はと言えば、そもそもこの時期は休業中なので例年通り。強いて言えば、会議の予定が吹き飛んだぐらいで、デスクワークの合間にゲームをする(え?逆??)という日々。以前から計画されていた地元での小さな飲み会も無事に開催されました。飲食店も大変でしょうから、小規模な会合はなるべく開催したいなぁと思う一方、電車に乗って都内まで行くのはなかなか勇気がいるなぁ、とも思ったり。

結局のところ、しっかりたっぷり栄養と睡眠をとって、手洗い・うがいを徹底していくという通常の風邪対策が大事なんだろうなぁ、とか、現状維持、平常運転、通常営業というのが、実はすごく難しいことなのだなぁ・・・などと思いながら、観葉植物や盆栽の土を取り換えたりしました。

近況 76

<1月下旬>
2019年度の通常業務が終了。その事後処理と2020年度の準備など、自宅でデスクワークが中心の生活を送る。並行して、PS4の「Gジェネレーション クロスレイズ」をプレイ。久しぶりのGジェネに興奮。ガンダム作品の中でも、これまでおろそかにしていたシリーズや、初めて触れるスピンオフ系の物語に、また創作意欲が刺激されました。

<2月上旬>
残務処理が一段落し、新たな業務へ移行。引き続きデスクワークをこなす日々。 ▼ これまで私と娘の二人で使用していた書斎を、娘一人の部屋とするために模様替えを実施。私の巣は寝室の片隅に移動。結果として、娘は自分一人の場所を手に入れ、私は日当たりと風通しの良い一画を確保。あれこれ買い足したので、費用もそれなりにかかりましたが、引っ越すよりはお手軽に済みました。 ▼ 初めて降りた池ノ上で、麦酒踏査と台湾料理に舌鼓。「ミイラ展」で見た湿地帯のミイラに驚愕。

<2月中旬>
新たなデスクワークがまだまだ続きます。その合間を縫うようにして、昨年に引き続き「国風盆栽展」へ。一級品をたくさん目の当たりにし、3月に土を換えようと考えていた自分の小盆栽の方向性を考えるなど。続いて「出雲と大和展」へ移動。前情報をあまり入れずに訪れ、大したことない展示でどうせ1時間ぐらいで見終わっちゃうんだろうな・・・などとタカをくくっていたら、とんでもなく見ごたえのある展示で、国宝に次ぐ国宝。重要文化財もたくさんあるのに、なんだ国宝じゃないのか・・・などと贅沢な溜息をもらすほど。本物の「七支刀」や大量の銅剣・銅矛・銅鐸を一度に見られたのは得難い経験でした。(その後、新型コロナウィルスの影響で、この展覧会も早めに閉幕してしまいました。) ▼ 平日の混雑が落ち着いたとのことで、Nintendo TOKYOで散財。その足で明治神宮を初参拝し、大塚で麦酒踏査。 ▼ 義母の古希を祝う食事会があったり、確定申告を早めに済ませるなど。

<2月下旬>
新たなデスクワークが一旦落ち着き、今度は夏の大イベントに向けた準備業務が本格スタート。ここから先は、これまで以上に断続的に忙しくなっていきます。 ▼ ビャンビャン麺を初体験した後、アーティゾン美術館へ。名画の応酬で濃密な時間を過ごすことができました。既に今年一番の展覧会が出てしまったかもしれません。その後、三菱一号館美術館の「画家が見た子ども展」と上野の東京都美術館での「ハマスホイ展」を堪能したんですが、アーティゾンの後では霞んでしまいましたね。今回は3件はしごすることが事前に決まっていたので、それぞれ少し早足になったんですけど、アーティゾンはもう一度行きたいぐらいになりました。 ▼ 妻の誕生日をクラムチャウダーベースの鍋料理でお祝いするなど。 ▼ 新型コロナウィルス騒動の早期収束を願うばかりです。

練馬概論 9

さて、雨の練馬概論もいよいよ反省会の時を迎えます。

今回も、その土地のリーズナブルなお寿司屋さんにお世話になります。

結論から言うと、また行きたいと思えるほど大変素晴らしいお店でした!

まず、お刺身を盛ってもらいまして、

そこからはお酒を楽しみながら、いろいろと握ってもらいました。

あまりきれいでないカットもありますが、お許しを。


EOS M35138

EOS M35140

EOS M35142

EOS M35143

EOS M35145

EOS M35146

EOS M35147

EOS M35148

EOS M35149

EOS M35150

ごちそうさまでした!

雨天でしたけど、尻上がりに調子が良くなり、終わりは最高のものになりました。

今回は、Ф少年の思い出を聞きながら巡るという、これまでとは違った形式で新鮮でした。

・・・ただ、ここ最近は私が忙しすぎて、まともにこのblogを更新できていないという問題があり、

この記事をUPするまでに2ヶ月かかってしまいまして。

まぁ、でも、今後もきっとそんなペースにならざるを得ないなぁと実感しております。

あるいは、写真一枚にコメント数行、とか、短いものをいくつも投稿していくスタイルに変更しようかな、とか。

まぁ、企画としてはこれからも続けていきますので、よろしくどうぞ。

練馬概論 8

Ф少年の思い出探訪から、駅前に戻ってきた我々。

パン屋さんの2階でカフェタイム。


EOS M35136

しばし、この日を振り返ったり、他愛もない話をしたりして、

銭湯へ移動。

この日お世話になったのは、辰巳湯さん(写真撮り忘れました)。

小さいながらも露天風呂があったり、内湯も数種類あったりでとても素晴らしいところでした。

自宅近くにあったら絶対毎週のように通っちゃうなぁ・・・。






さぁ、雨で冷えた体も充分に温まったので、いよいよ反省会会場へ!<次回に続きます>

練馬概論 7

「田島山十一ヶ寺」を訪れている私とФ少年。墓地の入り口には、立派な大仏様が鎮座されておりました。


EOS M35130

EOS M35129

今日はなんだか いい日になりそう

というお言葉を頂戴しまして、雨で萎えていた我々の心も少し明るくなったような気がしました。

そして、また歩き出したんですが、とりあえず駅前の方へ向かうことにしました。

すると、この界隈では有名な大ケヤキがあるということを知り、行ってみることに。






で、たどり着いたのがココ。







EOS M35133

EOS M35131

EOS M35132

EOS M35135

EOS M35134

支えがないと自立できないほどの立派な大ケヤキ。想像以上に大きかったですね。

コブもとんでもなく大きい。

木にパワーをもらって、お参りも済ませて、身の引き締まる思い。

・・・だけど、そろそろ夕刻。雨宿り場所を探しに、また歩き出します(次回に続きます)。

練馬概論 6

「田島山十一ヶ寺」を訪れている私とФ少年。ここに来たのにはきちんとした目的がありました。それがこちら。


EOS M35126

EOS M35125

「九品院(くほんいん)」さんにある「延命 蕎麦喰地蔵尊」。

私もФ少年も蕎麦大好きなので、こりゃお参りしない手はないだろう、と。

・・・で、はるばる雨の中こうしてやってきたわけですが・・・

EOS M35127

なんか、雨の日だからか、はたまた祝日だったからか、お線香をあげようと思ったのに、ふたが閉まっていてあげられず、着火用の器具も動かずで、まさかの肩すかし。仕方ないので、手だけ合わせておきました。

EOS M35128

じじいになっても、こんな風に笑いながらお蕎麦を食べて、酒を飲んでいたいものです。

・・・それにしても、すごい像だな。<次回に続きます>

練馬概論 5

庭園を出た我々は、もう一つ和風の場所を訪れました。「田島山十一ヶ寺(たじまさんじゅういっかじ)」。関東大震災後の区画整理で、もともと浅草に遭ったお寺さんがここらへんにまとめられたとかなんとか。とにかく、一つの通りに11もの寺院が集まる珍しい場所です。

それぞれに特徴がありまして、例えばこちらは紅葉が非常にきれいです。


EOS M35120

EOS M35119






















そしてまた別のお寺には・・・






















EOS M35124

メタルスライムが生息しています(違う






















そしてまた別のお寺には・・・





















史上最高傑作との呼び声高い

「天燈鬼」と「阿形・吽形」2体の金剛力士像がッ!!























EOS M35123

EOS M35122

EOS M35121



























なんていうか、、、来た甲斐があったな!って思いました。<次回に続きます>

練馬概論 4

Ф少年思い出の地を訪問している我々。としまえんの入り口でひとしきり昔話に花を咲かせた後、向かったのは入場無料の素敵な日本庭園。「練馬区立 向山庭園」。さぞ歴史のある、立派なお庭なのだろうと思ったんですけど、調べてみると、意外と浅い歴史のようです。マンション建設用地として不動産会社が土地を手に入れたものの、地域住民の反対に遭って区が購入。結果、公園になった、と。・・・しかし、なぜまた茶室まで備えた庭園にしたんだろうか...。


EOS M35110

EOS M35112

EOS M35113

EOS M35114

EOS M35115

EOS M35117

EOS M35118

折しも、紅葉がきれいな時期だったこともあり、非常に素晴らしい景色を見ることができました。雨でけぶる感じは写真で見るときれいですが、現地で見ることを考えると、青空の下の方がそりゃいいですよね。

ゆっくりぐるっと一周しても10分もかからないので、写真を撮って、トイレ休憩をして、足早に退散。次の目的地へと向かいます。<次回へ続きます>

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム