Latest Entries

近況 60

2月も半ばを過ぎたというのに、これで今年3つ目の投稿という事態に少々恥じらいと戸惑いを感じています。最近はinstagramの方に写真をアップすることに慣れてしまって、なかなかこちらまで気が回りませんでした。ようやく落ち着いたので、またチマチマ書いていこうと思います。

1月下旬から、お仕事は年度末の休暇に入ったんですが、新年度が始まるまでにやらなければいけないことは結構たくさんありまして、まずはそれを中心に片付けていましたね。いろんなデータを入力したり、新年度から使うための資料を新たに作ったり、これまでのものに修正を加えたり、方々にメールしたり・・・。

その合間に、ガンプラもやってました。ぃゃ、ガンプラの合間に仕事してたんじゃないかって?まぁ、否定はしませんが。

春の休暇中にまず取り組みたかったのが、かつて作ったガンプラの手直し。HGクシャトリヤの下半身とHGミス・サザビーの上半身をミキシングして白と赤で塗装したコイツ。これにちょいと小細工することを思い付いてしまいまして。

千代紙を切り貼りして、ド派手に模様を付けていく作業。桜柄の着物をイメージして、それっぽい千代紙を買ってきて作業を始めたまでは良かったんですが、想像していたよりも時間がかかりました。どの模様をどこまで切っていくか。これを考えるだけで相当な苦労でした。

でも、貼る位置と切った千代紙とがバッチリはまったときの気持ち良さが、その苦労をかき消してくれましたね。妻と娘からも概ね好評で、私自身も満足しております。

千代紙はまだ数枚余っているので、時間があるときにでもまた昔作ったガンプラに貼ってみようかな、などと画策しております。

・・・時間があるときって、いつになるかわかりませんけどね。

Alexaのいる生活

Amazon echo dot が我が家に来てからそろそろ1ヶ月。結局のところよく使うのは「天気予報」と「ニュース」。そして「音楽」。特に、音楽に関しては、ジャズを聞き流すのに重宝しております。Prime Music のプレイリストがとても便利ですね。あと、意外に使えるのが環境音。「春の音」なんかは、鳥や虫の声が聞こえてきて、ガンプラに集中したいときなんか、ジャズよりも重宝します。

そんななか、意外にも一番よく使っているのは、これです。

「アレクサ、おはよう」。

朝、こう話しかけると、その日が何の日か、豆知識を授けてくれます。1月3日なんて、「機動戦士ガンダム」に出てくる話で、「ジオン公国」が地球連邦政府に対して宣戦布告をして「一年戦争」が始まった日だと教えてくれました。かと思えば、7日には七種粥にからめて、「七種を浸した水に爪をつけ、柔かくして切ると、その年は風邪をひかないと言われている」とか。

まぁ、誰かに言いたくなるようなものとまではいきませんが、明日はどんなことを言うかな、なんて気になってきて、また翌朝も「アレクサ、おはよう」と言ってしまいます。こうして話しかけ続けるように習慣付けてくるというAmazon側の作戦ですね。このあたりは、よくできているなぁ、と思いました。

・・・が、先日、いつも丁寧に教えてくれるアレクサが、まったく応じてくれない日がありました。「アレクサ、おはよう」と話しかけても、「すみません、聞き取れませんでした」とか、「アレクサを検索してみました」とかわけのわからないことを言って、まったくとりあってくれません。検索するまでもなく、お前がアレクサちゃうんかいな。

そこで、発想を少し変えて、「アレクサ、こんにちは」と試しに言ってみると、「こんにちは!」と楽しそうに返してくれました。なんやねん、聞き取れてるやんけ。と思い、もう一度「アレクサ、おはよう」と言うと、「すみません、聞き取れませんでした」って、おーい!!

もう壊れたのかよ・・・と落胆しかけた私の視界に、時計が入り込んできました。朝の10時を過ぎていました。・・・はい、お察しの通りです。午前10時を過ぎますと、「おはよう」には応じてくれなくなるようです。先日試しに9時59分に話しかけてみたらちゃんとこたえてくれたので、間違いありません。

アレクサ業界、なかなかシビアだな、と思いましたね。。。

2018年。

あけましておめでとうございます。今年も例によって実家で迎える年末年始でしたが、いつもより早く自宅に戻って参りました。これはこれで悪くないですね。さて、それでは毎年恒例のこの企画、いってみましょう。

<2018年のテーマ>
 一昨年は「保」、昨年は「憩」でした。心身の健康を保ちつつ、仕事の合間の憩いの時間を大事にしてきました。それを受けて、今年は『密』でいこうと思います。仕事量が増大して細部まで行き届かないことが出てきたものの、しばらくしてその量にも慣れてきて余裕ができて、そして今年は再び仕事に「綿密さ」を求める時が来たな、と。一つ一つの仕事を今まで以上に丁寧にやっていきたいと思います。
 一方、プライベートでは、ガンプラ製作にもっと「緻密さ」「精密さ」を求め、高めていきたいと思うようになってきました。30代のうちに何かしらの賞を取るという目標は既に昨年達成できましたが、今度はもっと上を目指したくなりまして。改めて自分の作風を客観的に見直した時、足りないのは「密度」だなぁ、と感じた次第です。デカールやプラ板やジャンクパーツをこれまで以上にもっと活用して、一つの作品をもっと作り込んでいきたいと思います。
 このblogに関しては、もう、数量的には以前のように書けることはないだろうな、と思うので、今年は一つ一つの記事の質を上げていくように、「濃密な」読み物になるように努力していこうと考えてます。そのためにも、まずは「概論」の充実を図ること。これは欠かせない要素ですね。あとは、ガンプラと、酒と肴と・・・。
 また、家族や友人たちとの関係も、より「親密に」「緊密に」していけたらいいなぁ、と。旅行をはじめ、各種イベントなどいつものことをいつも以上に楽しんでいきたいですね。
 各方面で「密度」を高める。これをこの一年、肝に銘じていこうと思います。


<2018年にやりたいこと>
 概論、ガンプラ、ゲーム、ビール、日本酒、寿司、そば、うどん、カレー、スイーツ・・・。昨年同様、これまで楽しんできたことはそのまま続けていくとして、それ以外の部分では・・・

1)天ぷら専門店に行って、目の前で天ぷらを揚げてもらいながらお酒を飲む
2)お台場の「ガンダムベース東京」に行く
3)アニメの聖地巡礼
4)盆栽の勉強
5)これまでに食べたことのない鳥獣の肉を食べる

「1」と「5」に関しては、昨年からの継続して同じものなので割愛。「2」はなんとか、概論の番外編的な企画で実施するか、あるいは家族で訪れてもいいかもしれません。「3」については、ガルパンの聖地である大洗に行きたい、なんていう話が娘からも出ているので、そろそろその時が来たのかな、と。「4」については、40歳になる年には本格的に始めたいと思うので、それに向けて今年あたりから関連書籍を読んでみてもいいのかなぁ、などと思っています。


<2017年に磨きたいこと>
 テーマの『密』にも関連しますが、今までやってきたことにさらに磨きをかけて、密度の濃い一年にしたいですね。今年の終わり頃には「ぃゃぁ、人生で一番充実した一年だったなぁ」と言えるように。・・・はたして、どうなりますやら。そのためには、計画的にやっていかないとですね。

では、更新はゆるゆるやっていきますけども、本年もどうかよろしくしてやってください。

2017年を振り返る

結局今年もろくに12月の記事を更新しないまま、年内最後の投稿となってしまいました。今年はもう少したくさん更新したいなぁなんて思っていたあの頃が懐かしいですね。もう、更新回数については気にせず、一つ一つの濃さで勝負していくしかないんだろうな、という境地に達しています。さて、恒例の振り返り企画、今年もやっていきますよ。

【1月】
 いつものように実家で迎えるお正月。だけど、少し違ったのは、家族で喫茶店に入り、スイーツを頂くという新しい習慣が加わったこと。ビールと日本酒の新年会も美味しく楽しく、「憩」をテーマにした一年の滑り出しは上々。年越しガンプラは「MG トールギスIII」でした。

【2月】
 我流でジオラマ製作に挑戦。そのついでに「MG 武者頑駄無mk-II ver.Ka」を製作。さらに、「HG ヘルムヴィーゲ・リンカー」と「HG レギンレイズ・ジュリア」のミキシングを慣行。それがまさか今年一番の驚きをもたらすことになるとは、この時はまだ知る由もなかったのでした。初めて埼玉県で行われた「川口概論」での唐箕事変は、今年一年間ずっと笑えるネタになってくれました。

【3月】
 「ミュシャ展」でスラヴ叙事詩全20点を妻と堪能。その迫力に圧倒されました。「板橋区立熱帯環境植物館」は家族で堪能。初めて見るヒスイカズラの美しさに見とれてしまいました。「祖師谷概論」は過去の概論の中でも上位に食い込む充実度で、早くも「演習」をやりたいほどに。春休みに訪れた山では、この時期にしては珍しく大雪に見舞われ、スノーシューなど、雪山ならではのアクティビティも楽しみました。たまたま訪れたおもちゃ屋さんで「Nintendo Switch」を偶然手に入れ、私の新しい心の支えに。

【4月】
 「碓氷鉄道文化むら」を一家で初訪問。峠の釜めしで気合を入れ、いよいよ新年度のスタート。昨年度より仕事が減って、本来の量に戻ったので、少し気楽になったものの、日々ストレスと戦うことは変わらず。相変わらず早起きは苦手。GWは「世界盆栽大会」で幕開け。国内外の名作傑作の数々を目の当たりにして、改めて盆栽とガンプラのコラボレーションについて真剣に考えてみたり。他に『ゴールドマン コレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力』展など。

【5月】
 「MG νガンダム ver.Ka」の製作を開始。家族で公園を散歩したり、温浴施設を訪問したりと、GWを満喫。翌月と8月に控えたイベントの準備にあくせくする傍ら、ビール祭やら常連会やらで日頃のストレスを発散。「BBFF3」コンサートや『バベルの塔』展、『大映自然史博物館』展などで、初夏の芸術も堪能。

【6月】
 本当に久々に集ったメンバーでいろんな日本酒を楽しんだり、はるか南の島に引っ越した友人からパイナップルが届いたり、常連会でのアジ尽くしに感動したり。その一方で、大阪でのイベントを無事に終え、住吉大社、あべのハルカス、通天閣といった名所も訪問。今年の山の一つを乗り越えてほっと胸をなでおろしたところに、さらなる朗報。「ガンプラ カスタマイズ サーキット 4-5月大会」にて、2月に製作していた我が「守護騎士ヘルムヴィーゲ」がまさかの最優秀賞を受賞!今年を代表する最高の出来事となりました。

【7月】
 そんな朗報の後すぐに、母入院の悲報(その後無事退院)。続いて我が家の無線LANが突然の不通(モデムとルータを交換)。休みらしい休みもろくにとれぬまま仕事は佳境を迎え、忙しく過ごしつつも常連会でのハモや、盟友との暑気払いでかろうじてエネルギーを回復。『タイ~仏の国の輝き~』展、『アルチンボルド』展も多忙さを癒すのに一役買ってくれました。

【8月】
 待望の夏休み!・・・だけど、イベントの準備もあるために心の平穏は月末までオアズケ。川魚料理の名店で絶品、大好きないつものケーキ屋さんでガトー、避暑地でソフトクリームとチーズ、うどんにそばに、ビールに日本酒に・・・たくさんの美味しいものを食べまくり、体重が増加。暑い夏を想定していたけど、気温が低くて汗をあまりかかず、そのままの体重で秋冬を迎えることになりました。松本城と小田原城という二つの城を攻めたり、星の王子さまミュージアムを訪れたり、ネコカフェにいったり、遠方から里帰りの友人と再会したり、家族の思い出をたくさん作った夏。その裏でコツコツと準備をしてきた一大イベントの大本番。大きなトラブルもなく無事に終えられて、打ち上げも盛り上がり、面目躍如!・・・でも、二度とやりたくないよね(笑)ガンプラは「HG ガンダムバルバトス ルプスレクス」「HG トランジェントガンダム グレイシャー」をミキシング。

【9月】
 8月の一大イベントの余韻を引きずりながら、秋のビール祭を各地で楽しむ。秋晴れの下に開催された「千住概論」は近年まれにみる谷間の回となったものの、今後の良い反省材料に。ガンプラは「HG キマリスヴィダール」を改造し、細部へのこだわりを大事にしようと奮起。来年へつながる作風が見つかりました。酒とガンプラと友と家族に支えられて、秋冬のお仕事がスタート。他に『ボストン美術館の至宝』展、『深海』展など。

【10月】
 PCのグラフィックボードが故障。新しいものと交換しようとしたら、マザーボードとの相性が悪く、機能せず、結局グラボなしでいくことを決意。仕事面では、台風やら何やらで、臨時休業になることも多くいつもよりゆったりとした秋。遠くアメリカから一時帰国した友人との、毎年恒例の集まりでは今年一番の爆笑が生まれました。常連会ではクエ鍋の美味しさに感動。他に『鋼の錬金術師』展など。

【11月】
 『長谷川等伯』展、『魔法陣グルグル大原画』展、『北斎とジャポニスム』展、『ゴッホ』展、『機動戦士ガンダム サンダーボルト Bandit Flower』など、芸術の秋を満喫。娘は娘で、なにやら絵のコンテストで入賞し、ケーキでお祝い。10年選手だった炊飯器を買い替えたり、仕事用の靴を新調したりしつつ、「スーパーマリオオデッセイ」をとにかくやりこんだ一ヶ月。

【12月】
 11月下旬から続いていた忘年会を毎週のように華麗にこなしつつ、娘と「ガールズ&パンツァー最終章第1話」を見て、二人とも大興奮。クリスマス頃には、娘と妻が相次いで発熱し、ディナーとケーキはいつもより少し遅れて実施。Bluetoothイヤホンと「Amazon echo dot」が私へのクリスマスプレゼント。美術館・博物館めぐりの締めくくりは『古代アンデス文明』展。年越しガンプラは「RG ジョニー・ライデン専用 高機動型ザクII」で。

・・・・・・・・・

 上には書きませんでしたが、時々仕事帰りに某デパートに寄って物産展を覗く、というのも新しい習慣に加わりまして、スイーツやら酒の肴やらを買うこともありました。中でも「山田の牡蠣くん」は今年一番のスマッシュヒットでした。

こうして振り返ってみますと、「ガンプラ」「概論」「美術館・博物館・映画館」「ゲーム」「ビール・日本酒」「スイーツ」で私生活が構成されていたんだな、ということがよくわかります(笑)『憩』をテーマにした一年だったわけですが、見事に体現できたのでは、と思いますね。来年も変わらず、これを心身そして財政面でも健康的に維持できるように努めていこうと思います。

そうした『憩』の裏には、アホみたいに忙しい時期がありました。特に、あれだけ忙しかった夏、こんな自分が良く乗り切れたと不思議に思います(旅先で電話やメールの対応など、当たり前でした)。来年も夏にはまたイベントが控えていて、既にそれが水面下で動いているわけですが、今回で最後!と腹に決めて、しっかり取り組んでいこうと思います。

とにもかくにも、今年が無事に終わって良かったと心底思える一年でした。新しい年、新しい年度に向けて、しっかり充電します。来年も良い年、良い年度になりますように。

未来が来ました

スマートスピーカーというものが、日本にも上陸しましてしばらく経ちましたね。私は、最初はあまり興味がなかったんですけど、「Amazon echo dot」っていうのが小型で、しかも2000円引きのキャンペーンをしていたので、買ってみることにしました。

招待制とかいう謎のシステムで、まずはネットを通じて申し込みをして、招待状が送られてきたら買うことができるというもの。私の場合、申し込んでから実に1ヶ月半以上が経過してからようやく招待されました。待たされすぎて、もはや「Amazon echo dot」なんていうものは存在しない、幻の商品だったのではないかと疑ったぐらいでした。

招待を受けて、購入のボタンを押してもその疑いは晴れず、配送中の表示を見ても、だまされているに違いないと思っていました。しかし、「Amazon echo dot」は確かに存在していたのです!「Amazon echo dot」は確かに存在していたのです!echoだけに二度言いました。

・・・すみません、なんでもありません。

で、幻ではなく、ちゃんと商品が届きまして、いざ開封してみると、説明書が極薄。結局、設定方法をネットで検索し、Amazonのページから初期設定を行いました。すると、無事にAlexa(アレクサ)が応答してくれました。他のスマートスピーカーがどうかは知りませんが、反応が極めてスムースで、大変いいですね。音楽や天気予報、ニュースなんかを聞くのには大変便利です。

ただ、音楽はまだまだ発展途上だな、と思いました。「なんでもないや」を聴こうとして、「アレクサ、なんでもないやをかけて」と言ってみると、「なんでもない」の部分だけ聞き取って、応答をやめてしまいます。また、「アレクサ、〇〇をかけて」と話しかけて、そのタイトル(あるいはその言葉で始まる曲)が複数あった場合、思い通りの曲がかからないことが多々あります。Prime Musicで、ジャズやボサノバなどをテキトーに聞き流すようなときには最高に便利なんですが、ピンポイントで曲を狙うのには苦しい時がある、といった感じです。

また、家電とリンクしていればもっと便利なんでしょうけど、我が家はまだなにも繋がってません。音声で買い物もできるらしいんですが、怖いのでその機能は止めてあります。なので、Amazon dot echo本来の力を出し切っていないのは認めざるを得ませんね。

これからの話でいえば、選曲の精度を上げてもらうことは必須。そしてドコモの「しゃべってコンシェル」のように、いろいろなキャラクターがしゃべってくれるようになったら面白いなぁ、と思いましたね。日本はこれだけアニメ文化が発展してるわけですから、そりゃ儲かるでしょう。私もケロロ軍曹がしゃべってくれるんだったら是非購入したいです(笑)

各企業が独自のコンテンツ(スキル)をどんどん開発して、さらに面白い使い方が生まれることを期待するばかりですね。

新しいイヤホンを導入した話

iPhone7 を買ってからずっと使ってきた付属のイヤホンが遂に壊れました。

ある日の通勤時。いつものように電車に乗って、音楽を聴こうとイヤホンをiPhoneに接続。選曲して、プレイ。しばらくは特にどうということもなかったんですが、やがて、どこにも触れていないのに変なところで曲が切り替わったり、突然止まったり、かと思えばまた再生されたり。明らかな挙動不審。しまいには Siri まで勝手に呼び出してくれました。ぃゃ、Siri に頼んでもこれ直らないヤツでしょ。

念のため、再起動してからまた音楽をかけてみても同じでした。iPhone本体は特になんの問題もないですし、OSの問題でもなさそうです。だとすれば、あとはイヤホンだ、と。1年と3ヶ月弱、ほぼ毎日使い続けましたからね、そりゃ壊れない方がどうかしてるのかもしれません。

・・・で、せっかくの交換時期。今度は Bluetooth 対応のイヤホンでいくことにしました。昔は結構高かった印象がありますが、今は2000円台で結構いいのが買えるんですね。まぁ、音質にはそれほどこだわっていないので、とりあえず目についたコレをAmazonで購入してみました。

無線になって、取り回しは快適になりましたが、充電しなきゃいけないのが面倒ですね。途中で電池切れを起こしても、有線に切り替えられるという機種なので、いざというときはそれで乗り切ればいいんですけど。なんていうか、無線にすることで得られるものより、無線にしてしまったことで失われたものも大きかったのでは、などと少し考えてしまいます。

あと、インナーイヤー型からカナル型になったんですが、没入感が良いだけに、逆に怖いですね。周囲の音や気配に気づきにくくなってしまいます。使用する場面に注意しないといけないな、と思いながら新しい通勤のお供との距離感をはかっているところです。

仕事用の靴を新調した話

これまでに使っていた仕事用の靴が、購入から2年程経ちまして、そこそこ痛んできました。丁寧に扱っているので、外側はまだまだ問題ないんですけど、内側の皮が剥がれたりしています。それでもまだまだ履けるのは間違いありませんが、延命の意味も込めて、もう一足用意してそれと併用した方がいいかも、と思うようになりました。

折しも、お上が「スニーカー通勤」なるものを推奨し始めた頃合い。我が職場は、服装に関して厳しい規定はないものの、なんとなくいわゆる「革靴」を履いてきた私としては、そろそろそこから脱却(脱脚?)するチャンス。かといって、いきなり「スニーカー感」丸出しのスニーカーを履くのは遠慮したいところ。ほどよい「ビジネス・シューズ感」も持ち合わせつつ、軽度の「スニーカー感」も持っているような、そんな靴がないかなぁ、と夜な夜なAmazonで検索をかけていました。

すると、ありました。写真のコレ。いかがでしょうか。スニーカーとビジネス・シューズのちょうど中間的な感じ。実際に履いて出勤もしてみましたが、軽くて動きやすくて最高ですね。一見、安っぽく見えますけど(確かにちょうどセール中で、15% OFFでしたが)、立派な革製なので、お手入れもこれまで通りで問題なさそうです。

こなれてきたら、靴ひもだけ何か違うのに変えても面白いかもしれないですね。

炊飯器を買い替えた話

我が家でこれまで使っていた炊飯器は、結婚するときに買ったものだったので、10年以上も活躍してくれていました。まだまだ使える代物ではあったんですが、内蓋がゆるくなってきてしまいまして。それだけを買いなおして使うことだってできたわけですが、せっかくなので、買い替えようじゃないか、と。それが、えーっと、先月のことでした。

いろいろと調べた結果、我が家は3合炊きで充分。3合炊きだと、IHだとか圧力IHだとかいうよりもむしろ、従来のマイコン方式で問題ないということがわかりまして。で、内釜のなるべく厚いやつがいいらしいってなことだったんで、それを基準に買い替えてきました。

炊飯器を変えたところで、そんなに炊き上がりなんか変わるもんなのかね。だったら米を変えた方がいいんじゃないかね。なんて、当初は疑ってかかっていたんですけど、とんでもなかったですね。確かに、劇的に変わるというわけではありませんが、お米の持つ本来のポテンシャルを引き出すことはできるようになったと思います。一粒一粒がしっかり味わえる感じと言ったらいいんでしょうか。水っぽくもなく、かといって芯があるわけでもなく、程よい硬さで均一に炊き上がりますね。なるほど、こりゃ美味い。もっと早く買い替えればよかったわ(笑)

・・・そういえば、冷蔵庫も10年以上経過。娘もこれから食べ盛りになることだし。もう少し大きいのに買い替えてもいいんじゃないか。壊れてから買い替えるよりも、壊れる前に買い替えた方が賢いんじゃないか。だったら、夏よりもむしろ冬の方がいいんじゃないか。・・・などと、10年という節目を過ぎて、いろいろと買い換えの波が押し寄せている我が家なのでした。・・・車はまだまだ頑張ってもらいますけどね、さすがに。

フラッシュバック

ふとした瞬間に、過去の記憶が蘇るというようなことって、誰にでもあることだと思います。テレビを見ているとき、お風呂に入っているとき、着替えているとき・・・

で、そういう思い出っていうのは、大抵の場合、悪い思い出。苦しかったり、痛かったり、つらかったり、、、。で、思い出してはまた嫌な思いをするわけですけど、それがまた記憶に刻まれるから永遠に忘れることもできずに、何度でも嫌な思いが繰り返されます。このループを断ち切りたくて、楽しい思い出が最初に脳裏をよぎるようにしたいんですけど、なかなかそううまくいきませんね。トラウマにも似た経験を抑えてまで蘇る嬉しい・楽しい思い出をたくさん積み重ねていけばいいんでしょうけど・・・。

先日、「聴覚過敏」という症状が少し世間で話題になりましたが、それは「感覚過敏」と言われるものの一つで、ほかの感覚にもあるんだそうですね。その一つに「触覚過敏」というのもあるそうで、具体例を見てみると、『タートルネックのセーターが着られない』とありました。・・・あ、それだ、と思いましたね。

小さい頃から首周りに何か触れるのが苦手で、タートルネックだけでなく、学ランの詰襟、ネクタイ、マフラーといったものは耐え難いものがありました。加齢とともに慣れていって、大半のものは大丈夫になりましたが、今でもタートルネックのセーターだけは考えただけでも鳥肌が立ってしまい、絶対に着られません(これを書いている手も震えるぐらいです)。他の人が着ているのを見る分にはまったく問題ないので、症状はかなり軽いんでしょうけど。

七五三のときとか、中高生のときとか、それこそ首周りの件でいろいろと嫌な思いをしてきたわけですけど、今頃になってやっと納得のいく解釈ができたなぁ、と思います。・・・それが過去の感覚を消してくれれば一番良かったんですけど、そう都合よくはいきませんな。ただ、自分の記憶に焼き付いて仕方ない嫌な出来事というのは、案外、自分の知らない自分自身の特性に関わっているのかもしれないなぁ、と思いました。言い方を変えれば、二度と同じ危険に近づかないようにするための、生物的本能なのかもしれませんね。

・・・さて、じゃぁ、楽しい思い出作りのためにも、またスーパーマリオオデッセイでもプレイするとしますか。

『スーパーマリオ オデッセイ』のこと

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のマスターモードだってまだまだ半分もクリアできていないというのに、待望の「スーパーマリオ オデッセイ」が発売されました。もちろん、予約して手に入れました。

いやぁ、面白い。おもしろいですねぇ。

帽子のキャラクター「キャッピー」で、敵に乗り移れるという新システム「キャプチャー」が非常によくできています。これで、マリオは無限パターンを手に入れたな、というのが最初の感想でした。つまり、今後もキャッピーが登場するようなシリーズがあれば、いろんな仕掛けが考えられて、マリオの世界がまた一段と広がったな、と。

また、「ゼルダ~」の影響を色濃く受けているという印象も得ました。キャプチャーや、その他の基本的なアクションを使って、マリオの箱庭世界でゼルダ的な謎解きをしていく感じ。ゼルダほどシビアでなく、間口の広い感じ。老若男女が楽しめるようにしっかり工夫されているのは、さすがだなぁ、と思いました。Switch本体の発売から半年待たせただけのことはありますね(まぁ、先に本体をもっと手に入りやすくしてほしいところですけど)。

ようやく半分越えたかな、という程度のプレイ状況ですが、やりこみ要素もけっこうあるようなので、引き続き期待してプレイしていこうと思います。

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム