Latest Entries

2020年。

あけましておめでとうございます。今年も例によって、実家で迎えるお正月です。そして、例によってこの企画です。やってみましょう。

<2020年のテーマ>
 一昨年は「密」、昨年は「抜」でした。オンもオフも充分に密度を高めた後で、そこから肩の力を抜いて、自分にとって本当に必要なものを見極めようとしたこの二年。…が、結果として、脱力するどころか色々と抜擢されてしまって、余計に過密になってしまったという印象でした。そこで、今年こそしっかりと取捨選択をしようということで、『判』でいこうと思います。何が大事で、何を割り切るか、その「判別」をつけようというわけです。人生80年とすれば、折り返しになるであろう年。半分に刀で切るという『判』の語源にもピッタリかな、と。不惑。初老。「判断」を誤ることなく引き続き邁進していく所存です。

<2020年にやりたいこと>
 仕事もプライベートも、判別をつけて、やりたいことを突き詰めて、逆にやらなくてもいいことはバッサリ斬り捨てて。ステップアップを図っていきたいものですね。そのなかでもコレというものをいくつかピックアップ。

1)クラフトビールを飲んで楽しむ
2)地元湯屋の積極利用
3)書斎の充実
4)これまでに食べたことのない鳥獣の肉を食べる
5)天ぷら専門店に行って、目の前で天ぷらを揚げてもらいながらお酒を飲む

1については、お店で飲んで麦酒踏査記としても、自宅で個人的に飲むのも両方とも昨年以上に充実させたいですね。 ▼ 2については、初老を迎えるにあたって、体力回復やストレス解放がキーポイントになると思うので、地元のお風呂屋さんをうまく使って体調を整えていきたいな、と考えています。 ▼ 3については、娘の部屋を作る関係で、大幅な模様替えをするにあたり、現在の環境を変えざるを得ないので、より快適なものにしていきたいな、という感じです。 ▼ ほかの2つはこれまでと同じなので割愛。

<2020年に磨きたいこと>
 とにもかくにも、昨年同様、心身の健康、ですかね・・・。健康でいないとお酒も飲めないですし。お寿司も食べられないですし。

そんなわけで、今年も死なないように生きていきます。よろしくどうぞ。

2019年を振り返る

肉体的・精神的にぐったりの一年。倒れる勇気も、寝込む気力もなく。疲れをいかに取るか、ストレスをいかに溶かすか、モチベーションをいかに取り戻すか。…きっと来年もまた同じことを考えて過ごすのだろうなぁ…などと。じゃ、毎年恒例のこの企画。

【1月】
いつものように実家で迎えるお正月。恩師の退職記念パーティーに出席。Nintendo Switchのコントローラーを修理に出したり、MTGの古いカードを売ってみたり。通常業務が一段落したあとのデスクワークの傍で、疲弊しきった心を「キングダムハーツ3」をやり込んで癒す日々の始まり。

【2月】
「キングダムハーツ3」→「ドラゴンクエストビルダーズ2」→「ゼノブレイド2」とゲーム三昧でエナジーチャージ。ガンプラは「HGシナンジュスタイン(ナラティブVer.)」。とにかく、繁忙期の精神的疲労を癒すのに趣味に傾倒した一ヶ月。なかでも素晴らしかったのは、小林賢太郎さんを生で見ることができた、カジャラ第4回公演「怪獣たちの宴」。もう、最高すぎました。年末にはDVDも買いました。他に、「奇想の系譜展」「日本を変えた千の技術博展」「国風盆栽展」。

【3月】
徐々に舞い込む仕事を片付けつつ、引き続き趣味の時間を充実させることができた幸せな月。ガンプラは「HGモビルレギンレイズ」「HGマンロディ」をダメージ加工して盆栽とコラボ。概論での素敵な出会いとまさかの金額。PSYCHO-PASS劇場版三部作。
「ル・コルビュジエ展」「浅間縄文ミュージアム」「奥村土牛記念美術館」

【4月】
充分な休養を経ての新年度開幕。9連休までの期間、体力的には問題なくても精神的には常に低空飛行の毎日。ビール、日本酒、チョコ、魚介…美味いものでモチベーションを高めてやり過ごすという日常はこの後もしばらく続くことになります。「北斎館」「高井鴻山記念館」「中島千波館」「浅間火山博物館」

【5月】
令和。2週連続の6連勤ですっかり憔悴。夏のイベント関連業務も佳境に入り、メールの嵐に文書の応酬。隙間を縫うようにしてビールを飲んだり、日本酒を飲んだりして自らを奮い立たせ、そしてまた通常業務に挑む日々。・・・体はなんとか元気でも、心は既に瀕死状態。連休中の思い出を胸に荒波を乗り越えました。「シド・ミード展」「クリムト展」「東寺展」

【6月】
連休明けから休みらしい休みもないまま、梅雨入り。ただでさえ精神的疲労が癒えずモチベーションも上がらずの状態なのにテンションまでダダ下がり。そのドン底での折り返し地点は、娘との誕生日デートと月末の長崎出張。どちらも楽しくて美味しくて貴重な経験でした。「内藤泰弘展」「長崎原爆資料館」「長崎歴史文化博物館」

【7月】
6月下旬から続く19連勤ですっかり疲弊。友人知人との楽しい酒宴が頼みの綱。お刺身、夏野菜、ウニしゃぶ、ハモしゃぶ、ワニ肉、お寿司、そしてビールと日本酒。これらがなければ、とっくに倒れていたことでしょう。関係者の皆様に多謝!

【8月】
待望の夏休み、待望の避暑地!山、高原、森林、温泉街…。そして、家族旅行で倉敷→岡山→広島→宮島→岩国→広島という詰めに詰めた二泊三日。おいしいものを食べて、美しいものを見て、歴史を感じて…書き尽くせないほど、かつてないほど楽しませてもらった夏期休暇でした。「美ヶ原高美術館」「大原美術館」「広島平日記念資料館」

【9月】
夏期休暇延長戦。幼馴染みとの富山旅行は、今年の思い出ランキングでも、間違いなくトップ争いに絡むイベントでした。氷見→高岡→富山を食べて、飲んで、見て、目一杯楽しみました。そこで仕入れた日本酒「勝駒」はやっぱり美味しかったなぁ。そんな楽しい思い出に支えられて、お仕事再開。「マンモス展」「氷見市潮風ギャラリー」「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」

【10月】
ビールや日本酒を嗜みつつ、日頃のストレスを溶かしながら仕事を進める日々。ちょこちょこあった平日休みを利用して、美術展などへ足を運んで芸術の秋も食欲の秋も満喫。「RG νガンダム」をダブルフィンファンネル仕様に組んで、久しぶりにガンプラを作るぐらいにはまだ元気でしたね…。「コートールド美術館展」「正倉院の世界展」

【11月】
いつものメンツでいつものように少し早めの忘年会。20種ほどのボジョレーを愉しむ会へ初参加。雨の練馬概論で郷愁を感じたり、自分好みのウィスキーに出会ったり。電器屋で立ち飲みからの九州料理で貴重なお話を聞くなど。人と酒にはめっぽう恵まれているなぁと思いながら、地元の湯屋で仕事帰りに疲れを取る技を身につけたりして。

【12月】
11月下旬から続く3週連続6連勤ですっかり心をすり減らし、酒と風呂で癒すのも限界があるなぁと痛感した頃に仕事納め。ゲームやガンプラといった趣味も繁忙期には手が出せないほどモチベーションは上がりませんね。そもそもモチベーションなんていう不確定要素は、仕事をする上で考慮に入れちゃいけないそうですけど。

・・・・・・・・・・・・・・・

今年のテーマに掲げた「抜」。肩の力を抜いたり、組織から抜け出したり…ってことを目指したんですが、逆に「抜擢」されることが増えてしまった気がします。悪くないことではあるんですが、手は抜けないですもんね…。

息抜きという面では、昨年同様、「ガンプラ」「概論」「美術館・博物館・映画館」「ゲーム」「クラフトビール」「日本酒」「スイーツ」をバッチリ楽しみました。一方、今年に限った話だと『旅行』が特徴的な年でした。長崎と広島の両方を同じ年に巡ることができたのは幸せなことでしたね。娘の交通費が半額で済むのもあと一年ちょっとなので、来年もどこか良いところに行きたいですね。では、皆さま良いお年をお迎えくださいませ。

2019 夏 20 <富山2>

駅前でブラックラーメンを食べて満足した我々は、

腹ごなしに街中を散歩。

EOS M34969

富山城へやってきました。

EOS M34970

水がきれい。

EOS M34971

この角度だと高い建物が写らなくてイイ感じでした。

EOS M34975

で、富山城。

中身は資料館です。

EOS M34984

見学を終え、立派な門から出て、我々が向かったのは・・・

EOS M34985

概論では定番の銭湯!

サウナが工事中で利用できなかったのが残念でしたが、良いお風呂でした。

EOS M34986

路面電車で駅前まで舞い戻り、富山最後の食事は・・・

EOS M34987

やっぱり、お寿司!

EOS M34989


EOS M34990


EOS M34993


EOS M34994


EOS M34995


EOS M34996


EOS M34998

非常にハイレベルな廻るお寿司でした。

ごちそうさまでした。

一生分の富山を頂戴した気分になりました。

あとは、二手に分かれて、それぞれのお土産購入タイム。

新幹線の時間まで、駅前散策を堪能しました。

大きなトラブルもなく、実に有意義で楽しい二人旅でした!

2019 夏 19 <白川郷>

3日目には、富山駅前から高速バスを利用して、岐阜県の白川郷へ行ってみました。

人生初の岐阜県。

めちゃくちゃ晴れてめちゃくちゃ暑かったですが、

さすがは世界遺産!という光景でした。

EOS M34861

有料のシャトルバスに揺られて展望台へ。

絶景が広がってました。

EOS M34865

完全にテーマパークだなぁ。

EOS M34866


EOS M34876


EOS M34923

展望台からは歩いて下山。

EOS M34948

これが本物の合掌造りかぁ・・・などと感動したのは最初だけ。

EOS M34914

慣れてきちゃうのよねぇ・・・。

EOS M34911

なので、、、

EOS M34919

間近で見るとこんなに分厚い!

っていう、細部を見る楽しみを発掘。

EOS M34886

内部は、一部の建物で有料見学可能。

EOS M34891


EOS M34932


EOS M34926

お、唐箕あんじゃん。

EOS M34940


EOS M34916

腹持ちが良くて美味しい、ぜんざいを頂戴しました。

EOS M34917


EOS M34918

最初は冷やしで、おかわりは温かいのを頂けるシステム。

その後もしばらく集落を見て回って、

暑さにもやられて疲れてきたところで再び高速バスで富山駅前へワープ。

EOS M34967

どうしてもブラックラーメンが食べたい!ということで、、、

EOS M34966

チャーシューたっぷり、塩分強め。

でもこれ、好きだなぁ。

汗をかいたので、ミネラル分の補給にもなりました。

ごちそうさまでした!

2019 夏 18 <富山1>

腹ごしらえを終えて、高岡から富山へ。

そして、富山駅前から路面電車に乗ります。

EOS M34812

絶賛工事中ということで、臨時停車場から我々が向かったのは・・・

EOS M34813

富山競輪場!

旅打ち(旅行中に公営ギャンブルを楽しむこと)にちょっとした憧れがあったんですよね。

EOS M34815

抜けるような青空の下で、3レースほど挑戦!

うまく当たれば、夕食が豪華になるかも!!

大当たりなら、もう一泊できちゃうかも!!

EOS M34817

・・・まぁ、当たるはずもないんですけどね。

でも、夢を見られて楽しかったから良し。

EOS M34826

富山駅前にもどってきて、ホテルにチェックインした後、

悲願のお寿司屋さんへ。

目を付けていた店がおやすみだったりして苦労したんですが、

結果オーライ、最高のお店に出会えました。

EOS M34827

富山のお酒「成政(なりまさ)」も美味しいですね。

EOS M34828

名物の白エビは言わずもがな。

EOS M34829

以下、富山のお寿司をご覧あれ。

EOS M34830


EOS M34831


EOS M34832


EOS M34833

軍艦が、海苔でなくおぼろ昆布で巻かれてるのが最高でした。

EOS M34834


EOS M34838


EOS M34839


EOS M34835


EOS M34837

こちらでは「もみじこ」っていうらしいですね。

EOS M34840

デザートにぶどうまで頂戴しました。嬉しいサプライズ!

EOS M34847

この日の最後はジャズが流れる素敵なバーで。

Ф少年がたくさん音楽をリクエストしていて楽しそうでした。

この日はさすがに別々の部屋に分かれて就寝。

2019 夏 17 <高岡2>

高岡で一泊して翌朝。

早朝から快晴で、二日目のスタートは残暑厳しい感じ。

まずは、高岡城主だった前田利長公の墓所を訪問。

EOS M34744

アプローチが長め。

EOS M34740

さすがはお殿様の墓所です。ご立派!

旅の安全を祈願しておきました。

EOS M34751

墓所を出て、炎天下をまっすぐ歩いていくと・・・

EOS M34752

利長公の像を発見。

兜が長い!

EOS M34755

で、利長公の菩提寺、瑞龍寺にやってきました。

国宝の貫禄が遠めから伝わってきます。

EOS M34757

・・・うん、伝わって、きてます。

EOS M34760

早朝だったので、人影はまばら。

好天ともあいまって美しい境内の撮影に成功しました。

EOS M34762

仁王様も立派です。

EOS M34763

阿形像。

EOS M34764

吽形像。

EOS M34765

そして、芝生に映える仏殿。

国宝の迫力!

EOS M34766

大庫裏(重要文化財)。

EOS M34767

禅堂(重要文化財)。

EOS M34768

回廊はこんな感じ。

EOS M34796

とにかく、仏殿が見事!

EOS M34797

仏殿が見事(大事なことなので2度言いました)

EOS M34801

バスで駅前まで戻って、そこからは徒歩で高岡市美術館へ。

EOS M34803

見切れているのは・・・!?

EOS M34805

藤子・F・不二雄先生の展示で有名です。

撮影可だったドラえもんをカシャっと。

期せずして、藤子不二雄のお二人を追う旅になったのが面白かったですね。

で、またバスを使って駅前まで戻って、、、

EOS M34810

どうしても食べたかった、厚切りの氷見牛(ステーキ丼)を頂戴しました。

甘味が強いのが特徴ですね。

めちゃくちゃ旨かったです(小並感)。

2019 夏 16 <高岡1>

氷見市の「ひみ番屋街」では温浴施設もありましてね、

そこで立山連峰を眺めながらの入浴を楽しんだ我々は、

高岡へ移動。

EOS M34703

駅前は結構な都会です。富山県第二の都市、といった様相。

EOS M34704

路面電車が走っています。

こちらは藤子F不二雄先生の出身地とのことで、そのキャラクターがあしらわれていました。

EOS M34705

駅前通りも都会感があるんですが、なにせ人通りが少ない。

そういう感じが、私はすごく好きです。

EOS M34707

イケメンの高岡大仏に会いに来ました。

EOS M34712

奈良・鎌倉とともに日本三大仏に数えられるそうで、

これですべて制覇することができました。

三名園と三大仏を制覇した夏。

EOS M34716

そのまま少し歩いて・・・

EOS M34720

射水(いみず)神社の境内にやってきました。

EOS M34721

藤子F不二雄先生も、よく来ていたとか。

EOS M34722

商店街に戻ると、桃太郎御一行様の姿が。

岡山から来て、この辺で道に迷ったんでしょうかね。

EOS M34724

初日の夜は「かざくら 高岡大和前店」さんにお世話になりました。

EOS M34726

お刺身の盛り合わせが、美味いし、大盛りだし、大満足!

EOS M34728

日本酒を、名産の錫のおちょこで飲めるのも素晴らしい。

EOS M34729

薄切りでも充分に美味しい氷見牛。

EOS M34730

富山の日本酒はどれも私好みで嬉しかったなぁ。

EOS M34731

馬肉も旨し。

EOS M34732

このあと、宿に戻って、二人で飲みなおしました。

この日ばかりは宿泊費の節約ってことで、二人で一部屋にしたんですよね。

おかげさまで、修学旅行的なノリで楽しめました。

二日酔いになるかなーって思ったんですが、大丈夫でした。

2019 夏 15 <氷見>

「概論」と言えば、私とФ少年(えふしょうねん)とで、お茶の水から始まった名物企画。

彼とはもう30年近くの付き合いになるわけですが、

そういえば二人で旅に出かけたっていうのは

これまでになかったんじゃないかってことで、あれこれ企画して。

当初は四国周遊なんてことも考えていたんですが、

なんやかんやあって、北陸、富山あたりがいいんじゃないか、と。

よくよく調べてみれば、美味いものもたくさんあって、なかなかいいんじゃないか、と。

EOS M34629

で、富山県氷見市です。

EOS M34632

まさかの、氷見概論が実現。

新幹線からローカル線を乗り継いで、午前中には着いちゃうんだから、すごい。

EOS M34637

運の良いことに、名物の獅子舞を見ることができました。

EOS M34640

商店街のポテンシャルに少し期待していたんですが、

シャッター街と化していて、残念。

EOS M34645

氷見と言えば、藤子不二雄A先生の地元だそうで、

ハットリくんのカラクリ時計がありました。

EOS M34649

こんな感じで、街中にA先生デザインのキャラクターたちがたくさん!

EOS M34651


EOS M34654


EOS M34655


EOS M34663


EOS M34664


EOS M34672


EOS M34673


EOS M34676

ドーーーーーン!

・・・っと、商店街を突き抜けました。

熱中症が心配されるほどの晴天だったんですが、

屋根付きの歩道がバッチリ整備されていたので大変助かりました。

EOS M34680

で、海辺の方まで歩いて向かいまして、

EOS M34686

立山連峰が美しく映える海岸線にほど近い・・・

EOS M34691

道の駅「氷見 氷見漁港場外市場 ひみ番屋街」へやってきました。

EOS M34681

まずは、名物の「氷見うどん」を頂きました。

こし、もちもち感、のど越し、、、これ、かなり美味いですね。

お土産に買って帰り、家でも食べたんですが、家族にも好評でした。

富山県は、こういう美味しいものをもっともっと全国に広めていってほしいですね。

2019 夏 14 <マンモス>

もう今年も終わろうかという今頃になって、残暑の頃の話をまだします。

お台場でマンモスが見られる、しかも冷凍マンモスだっていうんで

こりゃ見ない手はないな、と。

EOS M34620

なので、行ってきましたよ、マンモス展!

(以下、微グロ注意です)

EOS M34586

永久凍土が解け始めているんだそうで。

EOS M34588

そのなかで眠っていたこういう標本が

これからも続々と見られる日々が来るかもしれません。

EOS M34591

マンモスと言えば、全身骨格標本。

EOS M34592

まぁ、これも、1体というわけじゃないんでしょうね。

EOS M34593

いくつかのものを合わせて一体に見せているのかも。

EOS M34594

本物のマンモスの牙!

EOS M34595

そして、毛。

触れるコーナーがあって体験しましたが、ほぼ針金でした。

EOS M34603

で、冷凍保存されたウマ。

EOS M34608

同じく、ウシ。

EOS M34611

そして、マンモスの鼻。

冷凍したまま展示できる技術があるのは日本だけなんだそうです。

目玉のマンモスは撮影禁止でしたが、ぃゃぁ、貴重なものを見せてもらいました。

来てよかった!

2019 夏 13 <広島2>

岩国から新岩国駅へバス移動。

そこから新幹線でひと駅。広島に戻って参りました。

EOS M34538

で、駅ビル内の有名店で尾道ラーメンをば。

EOS M34539

そして、原爆ドームを見学。

EOS M34541

妻や娘とこの場所に立つというのは、なんとも感慨深いです。

EOS M34552

この川とか、当時はすごいことになっていたんだろうなぁ、などと。

EOS M34554

以前、出張のために一人で来た時には、時間がなくて来られなかった場所。

EOS M34559

広島平和記念資料館へもちゃんと足を運びました。

EOS M34563

娘が思っていたよりもしっかりと見学していて、誇らしかったですね。

EOS M34565

旅の最後に訪れた「縮景園」で大雨に降られました。

EOS M34567

雨でなければもっといい景色だったでしょうねぇ。

EOS M34573

ただ、カニにたくさん会えたのはラッキーでした(笑)

EOS M34578

倉敷→岡山→広島→宮島→岩国→広島という2泊3日。

詰め込みまくって充実の家族旅行でした。

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム