Latest Entries

仕事用の靴を新調した話

これまでに使っていた仕事用の靴が、購入から2年程経ちまして、そこそこ痛んできました。丁寧に扱っているので、外側はまだまだ問題ないんですけど、内側の皮が剥がれたりしています。それでもまだまだ履けるのは間違いありませんが、延命の意味も込めて、もう一足用意してそれと併用した方がいいかも、と思うようになりました。

折しも、お上が「スニーカー通勤」なるものを推奨し始めた頃合い。我が職場は、服装に関して厳しい規定はないものの、なんとなくいわゆる「革靴」を履いてきた私としては、そろそろそこから脱却(脱脚?)するチャンス。かといって、いきなり「スニーカー感」丸出しのスニーカーを履くのは遠慮したいところ。ほどよい「ビジネス・シューズ感」も持ち合わせつつ、軽度の「スニーカー感」も持っているような、そんな靴がないかなぁ、と夜な夜なAmazonで検索をかけていました。

すると、ありました。写真のコレ。いかがでしょうか。スニーカーとビジネス・シューズのちょうど中間的な感じ。実際に履いて出勤もしてみましたが、軽くて動きやすくて最高ですね。一見、安っぽく見えますけど(確かにちょうどセール中で、15% OFFでしたが)、立派な革製なので、お手入れもこれまで通りで問題なさそうです。

こなれてきたら、靴ひもだけ何か違うのに変えても面白いかもしれないですね。

炊飯器を買い替えた話

我が家でこれまで使っていた炊飯器は、結婚するときに買ったものだったので、10年以上も活躍してくれていました。まだまだ使える代物ではあったんですが、内蓋がゆるくなってきてしまいまして。それだけを買いなおして使うことだってできたわけですが、せっかくなので、買い替えようじゃないか、と。それが、えーっと、先月のことでした。

いろいろと調べた結果、我が家は3合炊きで充分。3合炊きだと、IHだとか圧力IHだとかいうよりもむしろ、従来のマイコン方式で問題ないということがわかりまして。で、内釜のなるべく厚いやつがいいらしいってなことだったんで、それを基準に買い替えてきました。

炊飯器を変えたところで、そんなに炊き上がりなんか変わるもんなのかね。だったら米を変えた方がいいんじゃないかね。なんて、当初は疑ってかかっていたんですけど、とんでもなかったですね。確かに、劇的に変わるというわけではありませんが、お米の持つ本来のポテンシャルを引き出すことはできるようになったと思います。一粒一粒がしっかり味わえる感じと言ったらいいんでしょうか。水っぽくもなく、かといって芯があるわけでもなく、程よい硬さで均一に炊き上がりますね。なるほど、こりゃ美味い。もっと早く買い替えればよかったわ(笑)

・・・そういえば、冷蔵庫も10年以上経過。娘もこれから食べ盛りになることだし。もう少し大きいのに買い替えてもいいんじゃないか。壊れてから買い替えるよりも、壊れる前に買い替えた方が賢いんじゃないか。だったら、夏よりもむしろ冬の方がいいんじゃないか。・・・などと、10年という節目を過ぎて、いろいろと買い換えの波が押し寄せている我が家なのでした。・・・車はまだまだ頑張ってもらいますけどね、さすがに。

フラッシュバック

ふとした瞬間に、過去の記憶が蘇るというようなことって、誰にでもあることだと思います。テレビを見ているとき、お風呂に入っているとき、着替えているとき・・・

で、そういう思い出っていうのは、大抵の場合、悪い思い出。苦しかったり、痛かったり、つらかったり、、、。で、思い出してはまた嫌な思いをするわけですけど、それがまた記憶に刻まれるから永遠に忘れることもできずに、何度でも嫌な思いが繰り返されます。このループを断ち切りたくて、楽しい思い出が最初に脳裏をよぎるようにしたいんですけど、なかなかそううまくいきませんね。トラウマにも似た経験を抑えてまで蘇る嬉しい・楽しい思い出をたくさん積み重ねていけばいいんでしょうけど・・・。

先日、「聴覚過敏」という症状が少し世間で話題になりましたが、それは「感覚過敏」と言われるものの一つで、ほかの感覚にもあるんだそうですね。その一つに「触覚過敏」というのもあるそうで、具体例を見てみると、『タートルネックのセーターが着られない』とありました。・・・あ、それだ、と思いましたね。

小さい頃から首周りに何か触れるのが苦手で、タートルネックだけでなく、学ランの詰襟、ネクタイ、マフラーといったものは耐え難いものがありました。加齢とともに慣れていって、大半のものは大丈夫になりましたが、今でもタートルネックのセーターだけは考えただけでも鳥肌が立ってしまい、絶対に着られません(これを書いている手も震えるぐらいです)。他の人が着ているのを見る分にはまったく問題ないので、症状はかなり軽いんでしょうけど。

七五三のときとか、中高生のときとか、それこそ首周りの件でいろいろと嫌な思いをしてきたわけですけど、今頃になってやっと納得のいく解釈ができたなぁ、と思います。・・・それが過去の感覚を消してくれれば一番良かったんですけど、そう都合よくはいきませんな。ただ、自分の記憶に焼き付いて仕方ない嫌な出来事というのは、案外、自分の知らない自分自身の特性に関わっているのかもしれないなぁ、と思いました。言い方を変えれば、二度と同じ危険に近づかないようにするための、生物的本能なのかもしれませんね。

・・・さて、じゃぁ、楽しい思い出作りのためにも、またスーパーマリオオデッセイでもプレイするとしますか。

『スーパーマリオ オデッセイ』のこと

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のマスターモードだってまだまだ半分もクリアできていないというのに、待望の「スーパーマリオ オデッセイ」が発売されました。もちろん、予約して手に入れました。

いやぁ、面白い。おもしろいですねぇ。

帽子のキャラクター「キャッピー」で、敵に乗り移れるという新システム「キャプチャー」が非常によくできています。これで、マリオは無限パターンを手に入れたな、というのが最初の感想でした。つまり、今後もキャッピーが登場するようなシリーズがあれば、いろんな仕掛けが考えられて、マリオの世界がまた一段と広がったな、と。

また、「ゼルダ~」の影響を色濃く受けているという印象も得ました。キャプチャーや、その他の基本的なアクションを使って、マリオの箱庭世界でゼルダ的な謎解きをしていく感じ。ゼルダほどシビアでなく、間口の広い感じ。老若男女が楽しめるようにしっかり工夫されているのは、さすがだなぁ、と思いました。Switch本体の発売から半年待たせただけのことはありますね(まぁ、先に本体をもっと手に入りやすくしてほしいところですけど)。

ようやく半分越えたかな、という程度のプレイ状況ですが、やりこみ要素もけっこうあるようなので、引き続き期待してプレイしていこうと思います。

笑う門には福来る

美味い酒、

旨い肴、

楽しい仲間、

そして笑い。

生きる力をもらいました。

近況 59

秋を通り越して冬のような寒さが続いている今日この頃。

通常営業が再開して約3週間から4週間。

体はかなり慣れてきたものの、

PCが壊れたり、法事のために帰省したり、

いろいろとイレギュラーな事態が生じて、

なんとも休まらない日々が続いています。

この週末も会議だし、長雨が続くし。

月末の「スーパーマリオ オデッセイ」を

楽しみに過ごそう。

PCが故障!?

先日、PCでゲームでもやってから寝ようかな、なんて考えてまして、いつものようにプレイしてますと、突然画面が真っ黒になりました。この現象自体は、1年ぐらい前から何度かあって、そのたびに再起動して何事もなくまた再開してました。ただ、今回は違っていました。再起動しても画面は真っ黒。何度やっても同じ。お先真っ暗。

この時点でピンっときました。グラフィックボードが壊れたんだろうな、と。購入から5年半。TVや動画の視聴、ゲームプレイなどで酷使してきましたからね、そりゃ壊れますよ。むしろよく5年以上も耐えたね、とほめてやりたい。・・・が、悠長なことは言ってられません。まずは壊れたのが本当にグラフィックボードなのかを確認し、必要であれば新しい部品を購入し交換しなければなりません。

とりあえず、モニタやケーブルの異常でないことを確認するため、タブレットPCを接続してみると、きちんと映ることがわかりました。これで、PC側に問題があることがわかります。PCのフタを開けて、グラフィックボードを取り外し、マザーボードから直接DVI-Dケーブルでモニタに繋いでやると、見事に正常に映りました(ちなみに、接続ピンがカバーで覆われていたが、ラジオペンチでネジを外した)。これでグラフィックボードの故障ということが確定です。

しかし、ここからが本当の戦いでした。別のグラフィックボードを買ってきて、とりつけてみたんですが、Windowsが起動しません。そうか、グラフィックボードを動かすのに必要な電力が足りないのか!(300W必要と書いてあるが、我がPCの電源ユニットは270Wだった)・・・で、もう一度お店に行って電源ユニットを購入。これで大丈夫だろう、スイッチオン!!

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

はい、無反応。結局、Windows起動せず。その後いろいろと調べてみてわかったことですが、さすがに5年半前のモデルでは、マザーボードが古くて最新のグラフィックボードに対応できずフリーズしたようです。我がPCのマザーボードはUEFI未搭載で、今回新たに購入したグラフィックボードはそのUEFIにしか対応していなかったらしい。そりゃ起動できんわけだわ。

だとすると、残る選択肢はマザーボードも交換するか、グラフィックボードを諦めるか。一般的に言って、メーカー製のPCはマザーボードを交換するといろいろと面倒なことになるようなので、グラフィックボードを諦めることにしました(電源ユニットはせっかくなので新しいのを使うことにする)。まぁ、修理代を払ったと思えば、安いもんかな、と。TVの画質は落ちるけど見られないわけではないし、動画も普通に見られるし。

今後、このPCがいつか壊れるか劣化するかするでしょう。そしてまた新しいPCを買うことになるのでしょう。そのときには、この経験を活かし、自分でグラフィックボードを増設しようと思います。一日かけた仕事でしたが、良い経験になって知識も技術も身についたし、これを修理に出していたら倍以上の価格と日数がかかっていたでしょうから、これでよしとしましょう。一から自作?ぃゃ、この年になってからというのは、ちょっと、さすがにそこまでする労力と時間が惜しいです。。。

営業再開ッ

久しぶりに一人、


いつものお店でエナジーチャージ。


さぁッ!秋冬のお仕事も、一日一日、


しっかりこなしていこう。


・・・体重も元に戻さないとな・・・。

憧れの...

ガンプラを作り始めた3年半前。いつかこんなのを作れるようになりたいなぁ、と思っていたのが、「MG サザビー Ver .Ka」でした。他のMGの箱2つ分ぐらいの大きさがあり、お値段も定価では1万円近くもする高級品!当時の私には、技術的にも経済的にも手の届かない、まさに憧れのアイテム。

・・・そして時は流れ。これまでに30機以上のガンプラを製作し、某コンテストでの入賞も果たしました。あれから仕事も増えて、経済的にも少しだけ豊かになりました。

気が付けば、Amazon でかなりお安く売られています。しかも、ポイントがたまっていて、それを使えば、HGのガンプラとそれほど変わらない出費で手に入りそうです。これはもう、買うしかないでしょう!!というわけで、遂にあの憧れのガンプラが私の手元にッ!!ぃゃぁ、興奮しますね。

・・・・・・まぁ、箱を開けるのは年明けになりそうですけどね。

キマリスヴィダールをいじる

久しぶりに、ガンプラの記事です。

以前、別の機体で改造に使ったクシャトリヤの翼が2枚ほど余っていたので、これを使ってなにかしら新しい作品が生み出せないか、ずっと考えていました。これだけ巨大なものを背負わせても映える機体・・・。

そこで思い当たったのがこの「ガンダムキマリスヴィダール」でした。もともと、背中に2本のサブアームがあって、そこにシールドがつけられる機体です。だったらこれをそのまま利用すればいいのでは?と思ったわけですね。

ところが、そうそううまく行かないわけですよ。もともとのサブアームは細くて、この巨大な翼を支えるにはどう見ても頼りなく、戦場であっけなくポッキリ折れそうな感じ。こりゃいかんというわけで、専用のジョイントに切り替えたわけですけど、そうなると今度は背中との接続がそのままではうまくいかないんですね。接続部分をパテで埋めたり、軸を太らせたりし、何とか解決しましたけど、ちょっとだけ苦労しました。

さて、実際に組み上げてみると、今度は別の問題が。翼のボリュームに、本体の厚みがついていけてないんですね。いかにも不釣り合い。そこで、プラ版を切り貼りして胸部装甲に厚みを持たせ、同様に脚部随所にビルダーズパーツのアーマー01を切り貼りして装甲強化。さらに、足首にジャンクパーツを取り付けて太くして、なんとかバランスが良くなりました。

しかし、それだけではまだ足りません。あとは実際の厚みではなく、情報量を増やすことで、見る人の視線を(翼ではなく)機体の方に集めることで疑似的にバランスを整えることにします。すなわち、デカールを貼りまくり、丸凹モールドを掘りまくり、ディテールを表現していく作戦です。

これがうまくハマりまして、ようやく全体のバランスが整いました。あとは、陰影をつけて、つや消しスプレーを吹き付ければ完成。

シールドは、「MSオプションセット1」に付属していたグレイズ用のものを利用。持ち手部分は少し太らせてやった方が保持しやすいかと思います。

ちなみに、デカールは、「RG GP-01」用の水転写式デカール(何年か前に購入していたもの)を主に使い、そのほか適当に他のガンプラで余ったものをちょこちょこ。さらに、ハイキューパーツのものも。


下から。


上から。

----------

想像通りにいい感じに仕上がってくれました。いずれ何かのコンテストに出してみようかな。

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム