Entries

水上温泉宿に泊まる 13

先日、「花札にハマる」という記事を書きましたが、その理由がこの旅にありました。つまりは宿での暇つぶしです。せっかくの和風の宿ですから、トランプよりも花札の方が風情があっていいかなぁ、という単純な理由です。夕食を終え、温泉に入ってサッパリした後に、腹ごなしに嫁さんと勝負してました。小さい頃に遊んだ経験の差が出たのか、結局は嫁さんの圧勝に終わりましたけど。また、今回我々が宿泊した部屋は、前回からワンラ...

水上温泉宿に泊まる 12

 引き続き、昨年も泊まったみなかみの宿で夕食を堪能している我々。いよいよ後半戦に突入です。まずは上段写真左の「季節の野菜の天ぷら」。かぼちゃ、さやいんげん、まいたけの3種。サックサクの歯ざわりも嬉しく楽しく、揚げることによって野菜本来の味と香りをもらさず閉じ込め引き立てていて、まさに絶妙。前にもどこかで書きましたが、いつかこんな風に自分でサックサクの天ぷらを揚げて、日本酒で一杯やりたいもんです。続...

水上温泉宿に泊まる 11

そんなわけで、群馬県みなかみ町に台風の中、紅葉を観にきた我々。午後から翌日未明にかけて雨または大雨ということなので、この日の紅葉狩りは早々に切り上げ、早めに宿に向かうことにしました。今回お世話になったのは、昨年も訪れているあのお宿(詳しくは下記リンクより「水上温泉宿に泊まる3~9」をご覧ください)。ちょっと値は張るものの、前回泊まったときの印象がとっても良かったので、一年に一回の贅沢ぐらいは許され...

紅葉を愛でる 1 -藤原ダム-

 2007年10月27日(金)。職場で昼休みに天気予報をチェックしてみると、なんと台風20号が発生、翌28日には関東地方に接近するという、非常に悲しいお知らせを見てしまいました。ただでさえ雨予報だったのに、そこに追い討ちをかけるが如くの台風情報。雨どころか大雨確定。実はその28日には、紅葉を見に嫁さんと一緒に出かけることになっていたのです。場所は群馬県みなかみ町。ここは関東地方の水源、利根川の上流にあたり、ダム...

風に吹かれて

なんか、台風来てるらしいですね。せっかくの紅葉も、吹き飛ばされちゃうかなぁ。何とか進路がそれてくれることを願うばかり。晴れてくれとは言わないからさぁ。飛ばされてきます。...

花札にハマる

カードゲームが好きでして、「いろはかるた」は幼少の頃にときどきやっていた記憶がありますし、「百人一首」なんかは中学生のときにかなり覚えたもんです(今はもう・・・ね)。その後はひたすらトランプですね。姉の影響で“スピード”は小学生の頃から相当な速さまで極めました。これは今でも腕はさほど衰えていないと思います。“大富豪(大貧民)”や“ドボン”は高校でもよくやってました。昼休みになって、弁当を食べ終わると自然...

玄関先の生き物を持つ

10月21日、夜。玄関先にオオカマキリがいたので、すかさずエスプレッソホールドを試みました。本来なら首根っこと同時にカマとその関節をも捉えなければいけないんですが、そこまでは届かず反撃に遭いました。悔しいので放り投げたら見事に着地されました。んー、たくましいヤツです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10月23日、夜。玄関先にネコがいたので、すかさずバグパイプ包みを試みよう...

チョーさんは生きていた!

「たんけんぼくのまち」をご存知でしょうか。ご存知の方はおそらく私と同世代ぐらいの方でしょう。小学生の頃、風邪なんかで熱が出て学校を休むというとき、一番楽しみにしていたのがおそらくこの「たんけんぼくのまち」だったと思います。当時の教育テレビでは、革命的な面白さを誇っていた名番組。1984年4月9日から1991年3月25日まで8年間にわたり放送されていました。小学校3年生向けの社会科番組だったそうですが、学年など関...

さまぁ~ずとガリレオ

最近、どうにも、「さまぁ~ず」が面白い。ぃゃ、昔から面白かったんだけど、最近なお面白い。テレビ朝日系「さまぁ~ず×さまぁ~ず」とかTBS系「神さまぁ~ず」とか。昔やってた「大石恵三」大好きだったなぁ。今もう一度やったら大当たりだと思うんだけど。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・話は変わって、フジテレビ系いわゆる“月9”の「ガリレオ」。先週、今週としっかり見ちゃったなー。久々にドラマをちゃんと...

ダブリンの鐘つきカビ人間

2002年の初演版をTVで観たんですよ。NHKで。レポートだったか論文だったか、何か他の作業をしていて、何気なくTVをつけっぱなしにしていたんですよね。そしたら、次第に作業そっちのけでTVに惹きこまれてしまって、最後には大感動してしまったというのを覚えています。最近まで全く知らなかったんですが、その後、2005年になって、メインキャストの4人を入れ替えて再演されたんだそうです↓2002年版   2005年版水野真紀 ...

原動力

お気づきでしょうか。ちょっと前にこのblogのバナーを変えたんですよ。「アバウト」のところにある画像です。このblogを運営していくに当たっての3つの原動力を表現してみました。1つは「curiosity(好奇心)」。全てはこれに通じますから、これだけでもいいぐらいなんですが、あと2つ重要な要素として、「appetitie(食欲)」と「dynamism(行動力)」を加えた、という次第です。ちなみに、それぞれのイメージ画は面白そうなも...

生き物の持ち方大全

Amazonで専門書を探している間に、なんとなく目に止まったのでちょっと息抜きに調べてみたら、なにやら非常に面白そうな本であることがわかりました。それがこの「生き物の持ち方大全」。研究者のくせに大の読書嫌いを公言してはばからない私ですが、このテの本なら読んでみようかと思い、ついでに注文してしまいました。曰く、「プロが教える持つお作法。いつ、どこで、どんな生き物に出会ってもいいように、安全で正しいさわり方...

オレンジ栗きんとん

こんばんは、GAIRON Cookingの時間です。今日ご紹介するのは、季節を先取り、「オレンジ栗きんとん」。先日、実家からまた農作物をもらったんですが、その中にサツマイモと栗がありました。また芋羊羹にするのもどうか、またアイスクリームにするのもどうか、と思ったので、今回は両方あわせて栗きんとんにしてしまおう、ということに強引に決定。季節は無視です。栗は予め栗ご飯用に生のまま冷凍したものと、何かに使えるように甘...

昼食+会議

美味しかったー。これがあるから、会議も乗り切れるというもの。今日はお弁当が余らず、2つ食べることはできませんでした。でも、先輩の所属する研究室でケーキが余ったということでモンブランをいただきました。嫁さんにはナイショです。ごちそうさまでした。(+0.6kg)...

最近の雑感 4

寒くなってきました暑さもようやく落ち着いて、やっと秋らしくなってきた今日この頃。昔は春とか秋とか、涼しくて過ごしやすい季節が好きだったんですが、今は結構冬が好きです。なので、寒くなってくるとちょっとワクワクしてきます。冬が好きな理由としては主に3点挙げられます。まずは「コタツ」。これ、最強。暖房界の王様だと思います。これほど優れた暖房器具は他にないでしょう。ぬくぬくと暖まって、いつの間にか惰眠の世...

キユーピーテイスティドレッシング

生野菜サラダが好きなんですよ。現在、我が家では私がサラダ係を担当しているので、平日はほぼ私がサラダを作っています。近所のスーパーとかで旬の安い野菜を買ってきては、あるいは実家から新鮮な野菜をもらってきては、サラダにするわけです。ただ、生野菜をそのまま食べるのって美味しいですけど、栄養の吸収はあまりよくないようですね。量もあまり食べられないですし。加熱調理をした方が量は食べられますが、それによってビ...

戻りガツオのソテー

 GAIRON Cookingの時間です、こんばんは。主宰です。本日ご紹介するのはこちら、その名も「戻りガツオのソテー」。10月といえば、戻りガツオの美味しいシーズンですが、そこら辺のスーパーで安売りされているものでは、なかなか本当に美味しいお刺身にはありつけないもの。そこで、ならばいっそのこと火を通してしまえばいいではないか、という至極単純な発想で出来上がったのがこのお料理。やってみると、意外に簡単です。1.生...

以前、もらってきた新生姜を煮詰めて、ジンジャーエールの素を作ったという話をしました。せっかくですのでここで復習しておきましょう。1.新生姜の表面を料理用の小型のタワシや割り箸などでこすって汚れと薄皮を取り除き、スライス。2.スライスした生姜を鍋に入れ、ひたひたになるまで水を入れて、強火にかけます。3.沸騰したら弱火にして、水が半分くらいに蒸発するまでゆっくり煮詰め、生姜のエキスを抽出します。4.砂...

ショコライフ 19

 ショコライフセカンドシーズンを食べつくす、この企画もようやく後半戦に突入・・・したと思ったら、今回で最終回です。あと3つ残っていたんですが、今回は全部いってしまいます。というのも、そのうち2つはファーストシーズンで見かけたものと同じ。成分の調整やパッケージの変更などはしているのでしょうが、特にファーストシーズンからの順位の変動はありませんでした。その2つが、「北海道ミルク」と「リッチミルク」。ど...

ショコライフ 18

ショコライフセカンドシーズンを食べつくす、この企画もようやく後半戦に突入。ここからは、ファーストシーズンでも見かけたものが続きます。今回、第5弾として私が選んだのがこちら「宇治抹茶」。ファーストシーズンでは「玉露」が発売されていましたが、総合評価は「良」と私の評価はあまり高くありませんでした(嫁さんは美味しいと言ってましたが)。そんなわけで、あまり期待しないままにパッケージを眺めてみると、曰く“「...

神田概論 3 『明神様と天神様』

 神田といえばやっぱりここ、神田明神を外すわけにはいきません。私は伝説のお茶の水概論でФ少年とともに一度訪れていますが、嫁さんは今回が初めてとのこと。鳥居の横のお土産屋さんを覗いた時点から若干テンションが上がってます。その勢いのままに門を通って境内に入ると、そこにはたくさんの人が!どうやら今日は結婚式が開かれていたようで、ちょうど新郎新婦を中心に、親族の方々と思われる集団が御社殿をバックに記念撮影...

神田概論 2 『ニコライ堂』

さて、そんなわけで、「きくかわ」にてほめさま達と最高のウナギを堪能した我々。実は結構お腹がいっぱいで、これは散歩でもして消化しないと!というわけで、神田駅周辺を散歩することにしました。線路沿いを秋葉原方面に歩き、靖国通りへ出てそのまま西へ。淡路町、小川町の辺りまで歩いてきて、このルートはあの伝説のお茶の水概論のルートを逆に辿っているということに気が付きました。記念すべき第1回目の概論。あの一部に嫁...

神田概論 1 『きくかわ』

ショコライフセカンドシーズン前半戦が終了しました。いかがだったでしょうか。後半戦に入る前にここでちょっとブレイク。実は、9月中にウナギの話で盛り上がったことがきっかけとなって、あの伝説の下高井戸概論で史上初のゲストとして参加していただいたKさんこと、ほめさまとウナギを食べに行くという企画が持ち上がっていたんです。私もウナギは大好きです。しかし、今年の土用の丑の日には、うな重もうな丼も食べられません...

ショコライフ 17

 ショコライフセカンドシーズンを全て食べつくそうという、至極単純な発想のこの企画。その第4弾はこちら「はちみつミルク」。曰く、“いくつもの花から集められたはちみつ「百花蜜」をたっぷり練り込んだミルクチョコレートです。やさしい甘さの百花蜜とまろやかなミルクがとけあう絶妙のおいしさをお愉しみください”とのこと。1種類の花の蜜からなるハチミツを単花蜜、数種類の花の蜜からなるハチミツを百花蜜というんだそうで...

ショコライフ 16

ショコライフセカンドシーズンを食べつくす、第3弾はこちら、「ベネズエラビター」です。マダガスカルバニラに続く、産地限定モノ。しかし、なんでまた、ベネズエラなの?と思って調べてみました。まずはベネズエラから。“ベネズエラ・ボリバル共和国 (ベネズエラ・ボリバルきょうわこく)、通称ベネズエラ は、南アメリカの国のひとつである。北側にはカリブ海・大西洋、東側にはガイアナ、南側にはブラジル、西側にはコロンビ...

秋味のアイスクリーム

 実家からもらった大量の栗を甘露煮にして保存してました。そのまま食べてももちろん美味しいんですが、これをアイスクリームに混ぜ込んだらもっと美味しいのではないか、と思い立ち、思い切って作ってみました。手順は極めて簡単です。1.生クリーム200ml、卵黄・卵白各2個分を、三個のボウルに別々に入れます。2.生クリーム・卵白は角が立つまで、卵黄は色が白っぽくなるまで泡立て器で泡立てます。3.それぞれをあわせて...

ショコライフ 15

ショコライフセカンドシーズン第2弾として私が選んだのは、こちら、「パンプキン」。鮮やかなカボチャ色が非常にまぶしいパッケージです。曰く、“やさしい甘さのえびすかぼちゃとまろやかなミルクが溶け合う、クリーミーで濃厚な味わい。かぼちゃをたっぷり使用した、コク深い味わいをお愉しみください”とのこと。調べてみたところ、日本で栽培されているカボチャは主に3種類:日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃ。ペポか...

ショコライフ 14

 さて、桑田佳祐さんの新CMで話題のショコライフですが、またまた新しい味が加わりました。というよりもむしろ、パッケージも新しくなって、セカンドシーズンに突入した、というような表現をした方がいいかもしれません。いままでは本当に極めてシンプルなパッケージデザインだったんですが、今回からはご覧のように商品(味)のイメージ映像が背景に採用されております。個人的には前の方がストレートに味で勝負!という感じが...

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム