Entries

沢田農協 はやとうりの味噌漬け

もし自分が「食わず嫌い王決定戦」に出たとしたら、何をお土産に持っていくか。これ、誰しも一度は考えたことがあるお題なんじゃないかと思います(違いますかね?)。私だったら、これを持っていきます。沢田農協の「はやとうりの味噌漬け」。群馬県吾妻郡中之条町にある農協なんですが、ここで作ってるこの漬物は本当に絶品!どれぐらい絶品かというと、1歳半にも満たない、まだ歯も全部生えそろっていないようなお鶴がハマるぐ...

LL

「ニンテンドーDSi LL」 2009年11月21日発売!希望小売価格20,000円(税込)・・・だそうです。公式サイトはこちら。最大の特徴は、DS Lite比93%増というその画面の大きさ(4.2インチTFT液晶搭載)。タッチペンも大きめのものが付属。・・・まぁ、つまりは従来のものでは見えにくかった(主に年齢層の高い)人向けってことなんでしょうね。確かに、若年層へは既に広がりきってしまった感も否めませんし、今後は違う年齢層へと拡大...

今日の成果

ここ最近、セカンドPCのvaio type pを立ち上げてなかったので、久々に電源を投入してみたところ、biosその他のアップデートがあることが判明。ついでに、一度も使わなかったソフトウェアを削除したりなんだりしてたら、3時間以上かかってしまいました。論文に使うデータを整理しようと思ってたんだけど、すっかりやる気が萎えました。まぁ、おかげで、type pは以前にも増して快適になりましたけども。写真は炙り鯛のお茶漬け。...

「SaGa2 秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY」の話

「サガ」シリーズ生誕20周年を記念して発売された、「SaGa2」のリメイク作。1990年12月、ゲームボーイ用ソフトとして発売された「SaGa2」は日本国内だけで85万本を売り上げる大ヒットとなりました。私は友人から借りてプレイした覚えがありますが、改めてリメイク作をプレイしてみると、どうも最後まで辿り着けないうちに投げ出したか、あるいは借りたのは「SaGa2」ではなく、「SaGa3」だったのではないか、というぐらい記憶が曖...

子連れ概論 みなかみ編 編集後記

さて、いかがだったでしょうか、勢いに乗ってお送りした第2弾の子連れ概論。小さな子供を連れて紅葉を観に行くには、やはり混雑を避けるのがベストですね。みなかみですと、「照葉峡」が有名ですが、そこは敢えて避けるのが吉ではないか、と。日光のいろは坂なんかも有名ですが、渋滞が激しすぎて、車のブレーキランプの方がよっぽど赤いという皮肉たっぷりの場所ですので、そういう意味でも混雑を避けてできるだけ穴場を目指すの...

子連れ概論 みなかみ編 其の肆

さて、みなかみから県道270号線を通ってやってきたのは、ここ、赤谷湖。相俣ダムというダムによって作られたダム湖ですが、その四季折々の風景の美しさから、ダム湖百選にも選ばれているところです。実は、3年前にも訪れているんですが、そのときはどんよりと曇っていて、紅葉もいまひとつだったことに加え、当時はまだダムカードがなかったために、もう一度行ってみようということになったわけです。で、訪れた相俣ダム(上段...

子連れ概論 みなかみ編 其の参

我々がこのお宿にお世話になったのは、ちょうどオリオン座流星群が到来しているときでした。しかも、ここの露天風呂は屋根もなく、寝湯があるために、温泉につかりながら寝転がって星空を眺める、という大変素敵な観察体勢をとれる絶好の場所。夜11時。お鶴が寝静まった頃を見計らって、私ひとり、露天風呂へ行ってみました。最初は、オイオイ、星一つ見えねえじゃねえかよ、と思ったんですが、それは単に照明が強く、湯気に乱反...

子連れ概論 みなかみ編 其の弐

そんなわけで、今年も赤ちゃん歓迎のみなかみのお宿にお世話になります。食器やらイスやらはもちろんのこと、全室におむつバケツや綿棒その他の赤ちゃん用品を取りそろえてくれていて、大変助かります。子供用のおもちゃがたくさん置いてある、キッズルームも完備。昨年訪れた時はお鶴はまだ4ヶ月だったので遊べませんでしたが、今回はチェックイン後に早速利用してみました。幸いにも、この日は平日でお客さんも少なく、いろいろ...

子連れ概論 みなかみ編 其の壱

そんなわけで、今年も恒例のみなかみ旅行へ行ってきました。昨年はまだ生後4ヶ月のお鶴を連れていたために、宿に泊まって終わりでしたが、今年はちょっと紅葉を一緒に見てみようじゃないか、ということになり、一昨年も行った奈良俣ダムへ行ってみたわけです(余談ですが、ここ最近、「奈良俣ダム 紅葉」で検索してこのblogを訪れてくださる方が急増しております)。個人的には隣の矢木沢ダムの方が静かで雄大でオススメなんです...

秋ですね

毎年のことですが、紅葉を愛でてきました。近いうちに記事書きますので。今日は、予告、ということで、申し訳。一言だけ、感想を。抜群のタイミングで、最高にキレイでしたよ!...

スニーカー女子

「スニーカー女子」なる言葉、初めて聞きました。「森ガール」なる言葉を初めて聞いた時ぐらい違和感を覚えました(「森ビル」じゃないんだから・・・と)。曰く、「スニーカーの造形美に女性も気付き始めた」と、「女子もスニーカーの快適さを知って、ファッションとしての間口が広がった」と。まぁ、わかってる人はもう何年も前からわかってたけども、ようやく最近裾野が広がってきた、ということなんでしょうかね(それにしても...

子連れ概論 大阪編 編集後記

いかがだったでしょうか、初めての子連れ概論。これまでの概論シリーズからすると、少し物足りないのはしょうがないところですね。できれば私も「新世界」とかを歩いて、変な物とか気掛かりなことをあれこれ見つけたかったんですが、なかなかそんな余裕はありませんでした。子連れだと止むを得ないところです。それでも見たいものは見て、食べたいものは食べたので、上出来だったかな、と。ここで、我々と同じ様に子連れでどこかの...

子連れ概論 大阪編 其の陸

披露宴の後、大阪駅周辺をさらに散策しようかと考え、新幹線も余裕を持って予約しておいたんですが、お鶴も我々も体力的に限界を迎えてしまい、ゆっくりと仕度を整え、早々に新大阪へ向かってしまいました。お土産はそこで買おうという算段。しかし、連休最終日であるこの日、お土産売り場は果てしない混雑ぶりでした。重たい荷物とお鶴を抱えながら悠長に買い物できる状況ではありません。これ以上荷物を増やしてもナンなので、私...

子連れ概論 大阪編 其の伍

そんなわけで、大阪名物を堪能した我々は、ようやくホテルへと戻り、旅の疲れを癒すことに。翌朝、スッキリ目覚めた我々は、身だしなみを整えて朝食へ。ここでは、ブッフェスタイルの素晴らしい朝食を楽しむことができました。なんたって、パンが美味しい。アレコレたくさん食べてしまいました。この後の披露宴の列席者の中には、パンを食べすぎて肝心の御馳走が入らなくなった人もいたとかいなかったとか。そして、個人的に何より...

子連れ概論 大阪編 其の肆

そんなわけで、すっかり日も暮れた大阪の街を行く我々。そろそろ夕食の時間です。実は、縁あってある場所を予約してもらっておりました。我々はその場所へ向かうべく、地下鉄梅田駅から阪急梅田駅へ移動。そこから各駅停車で二駅の「十三」という駅へやってきました。読めますか、これ。「じゅうさん」じゃないですよ、「じゅうそう」と読みます。その十三駅西口から徒歩数分。我々は遂にその場所に辿り着きました。「角栄」という...

子連れ概論 大阪編 其の参

そんなわけで、次にやってきたのはここ、道頓堀。嫁さん曰く「大阪らしいところに行きたい」ということでしたので、こちらを選んだ次第です。大坂城からは、谷町四丁目駅から地下鉄中央線に乗ってお隣の堺筋本町駅へ。そこで地下鉄堺筋線に乗り換えて日本橋(にっぽんばし)駅へ。日本橋駅から地上に出て北へ向かって歩くこと数分。今度は迷うことなくスムーズに目的地へとたどり着くことができました。ここではやっぱり巨大な看板...

子連れ概論 大阪編 其の弐

新大阪から大阪に着いた我々は、ホテルへと徒歩移動。現在大阪駅周辺は開発が進められており、人も車もとても込み合っています(ぃゃ、工事に関係なくいつもこうなのか)。ホテルまで歩くこと数分。チェックインを済ませて荷物を置き、お鶴のオムツを替えると、早速大阪の街へと繰り出すことに。我々が最初に訪れたのは、ここ、大坂城でした。・・・が、そこに至るまでの道のりが大変でした。おとなしくJR大阪環状線の大阪城公園...

子連れ概論 大阪編 其の壱

そんなわけで、大切な友人の結婚式に参加するために、大阪へ行ってきました。今回も嫁さんとお鶴も一緒です。私はこれまで京都より西へ行ったことがなく、今回が初の大阪。もちろん、お鶴もそうです。嫁さんはさらに西の方へは行ったことがあるものの、やっぱり大阪初上陸。そんなわけで、家族3人初めての大阪旅行となったのでした。以下、小さなお子様連れで大阪へ行かれる人のために、初の親目線で概論を書き綴ってみたいと思い...

平和

オバマ大統領、ノーベル平和賞受賞、おめでとうございます。某紙の投書欄に、広島・長崎への訪問を!というのがありました。私もそう思います。まぁ、かく言う私も、大阪より西は行ったことないんですけどね。。。次は広島でお好み焼きだな。でもさー、核兵器廃絶とか言ってるけど、ホントは全兵器廃絶しなきゃダメだよね。...

Good Night! Osaka!!

そんなわけで、大阪からなんとか無事に帰ってきました。お鶴、初めての長距離移動によく耐えてくれました。近いうちにいろいろと記事にします。とりあえず今日のところは帰宅のご報告まで。では。おやすみなさい。...

Hello! Osaka!!

そんなわけで、本日、大阪初上陸です。お城を見て、美味しいものをいろいろ食べてこようと思います。全然関係ありませんが、昨日の写真は「秋刀魚のユッケ」でした。...

嵐のような

台風18号、すごかったですね。通勤の足も乱れに乱れて、皆さん、さぞかし大変だったことと思います。聞けば、JRは強風に対して安全を最優先にしたために、結果的にかなりのダイヤの乱れが起きたんだそうですね。それに伴い、学校もあちこち休校になっていたようです。まぁ、いくら早く着いたとしても、傷だらけでは意味がないですからね。え?私?幸いにも台風の影響はほとんど受けなかったんですけど、台風とはまったく別の次...

「Wii Fit Plus」の話

「Wii Fit」をプレイしなくなって既に200日以上が経過していたのには驚きましたが、そんな状況を打開すべく、最新作の「Wii Fit Plus」を買ってみました。既に「Wii Fit」を持っていたので、今回は単品で購入。定価は2,000円ですが、2割ほど安く手に入れることができました。その値段なので、あまり期待していなかったんですが、予想以上の出来に驚かされました。私が個人的に「これはイイ!」と思ったのは以下の点。・「みん...

「Wii インターネットチャンネル」の話

Wiiのインターネットチャンネルが無料化されたので、さっそく導入してみました。リモコンで文字を入力するのが結構面倒くさいですが、閲覧自体はズームインもズームアウトもスクロールも楽々ですし、スピードも悪くないので、わざわざPCを立ち上げるほどでもないようなときには最適じゃないかな、と思います。いい機会なので、お鶴の大好きな「いないいないばぁっ!」を見せてみたら、喜んで食い入るように見ていました。既に時...

百人一首が・・・

中学生の頃、バカみたいに覚えた百人一首(当時、私の通っていた中学では冬に百人一首大会があった。今もあるのかなぁ)。お鶴のためにと購入した「カラフルせんせい」を縦置きにして、ふと行書体で書いてみた歌は、蝉丸の「これやこのゆくもかへるもわかれては しるもしらぬもあふさかのせき」でした。歌の意味はさておき、昔の仮名遣いのままつらつらと書いてみると、不思議と集中してきて心が和むのはなぜでしょうかね。時間さ...

前触れ?

最近、家の中のものがよく壊れます。私の腕時計が狂い始めたのにはじまり(クロノグラフの秒針がグルグルと回り続ける)、嫁さんのメガネがお鶴に破壊され(フレームがぽっきり!)、嫁さんのお茶碗がお鶴に破壊され(まっぷたつ!)、紅茶をいれるティーポットがお鶴に破壊され(粉々!)、私のお気に入りのカーディガンには穴が数ヶ所あいていました(虫食い!?)。等価交換、あるいは幸・不幸のバランスということを考えれば、...

おめでとう!そしておめでとう!

大切な友人の結婚式(披露宴)にお呼ばれしてきました。今回は私だけでなく、嫁さんとお鶴も一緒です。お鶴にとっては初めての披露宴参加であるのと同時に、初めての都内。幸い、電車はさほど混雑していなかったので、助かりました。お鶴は長時間電車に乗るのは初めてだったので、行きの車内は静かに様子をうかがっていました。宴の最中も、我々が心配していたほど大騒ぎせず、大半はイイ子にしていてくれました。ただ、終盤はさす...

お月見

月を愛でる習慣、って、よく考えたら、すごいなぁ。日本だけでなく、世界各国にも、お月見の習慣はあるようですね。まぁ、かく言う私は今年もお月見などしなかったわけですが。来年あたりは、お鶴のためにもやってみようかな。それにしても、昨日と一昨日の記事はわけわかんないですね(苦笑)...

武装解除

そんなわけで、玉砕してきました。前半戦は良かったんだけどなぁ。後半戦がもうダメダメ。防戦一方。しかも守りきれてない。でも、おかげさまで良い経験になりました。次の戦に備えようと思います。...

決意。

やるっきゃない、ね。...

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Links

HLS
akya's sunny-side up!
浮世サーフ



【歴代概論】
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム