Entries

ネコと思い出

そんなわけで、紅葉を見て、温泉に入り、淡水魚を見て、お城を見て、今実家です。法事の後、実家に親戚数名が集い、宴会。話の内容が大人すぎて入り込めません。昼寝しちゃおっかな。*********亡くなった祖母の家には、常に犬と猫が最低でも一匹ずついました。多い時には、他に牛が一頭と鶏が一羽。私の動物好きは、この祖母の家で培われてきたと言っても過言ではありません。そんな思い出の家での法事。そこには一歳に満...

Love Letter from ... ???

どうですか、このきれいな紅葉!・・・・・・・・・ぃゃ、カナダにいる友人から先日送られてきたものですが。日本でもこれよりきれいな紅葉が見られますように。...

素早い秋

あの全身が溶け出してしまうような暑さだった夏はどこへやら。気がつけばもう冬がすぐそこに。そう言えば、今は、秋?追いかけなければ逃げていきそうなほど、加速していく秋。そんなわけで、今年も紅葉を見に行ってきます。...

予想シテミル

一部で出来レースだと叩かれている「めちゃイケ」新メンバーオーディション。わかっちゃいるんだけど、まんまとのっかってみようかと、昔からのファンとしては、やはり。嫁さんと私の意見を総合して、とりあえずイチオシの合格候補から大穴の不合格候補まで、順位を付けて予想してみた。あくまで私見ですので、あしからず。10位 「ジャルジャル」 (芸人)単なる生放送用の要員。レッドシアターが終わって、スケジュールがあいた...

最近の彼女 32

お鶴自身が発した最近の言葉から。【布団】私が布団を敷こうとするとき、今まさに敷かんとしているマットレスやら布団やらの上に、お鶴は必ず乗りたがる。そのまま持ち上げられたり、転がされたりするのが楽しくて仕方がないらしい。ある日、「さて、じゃぁ布団でも敷こうかな」と私が立ち上がると、すかさず畳まれている布団の上に飛び乗るお鶴。そして一言。「パパー、おとふんー」。ぃゃぁ、そこが逆さになると、なんだかちょっ...

失われゆくものたち

お気に入りのスニーカーが遂に寿命を迎えようとしています。「spring court」と「タケオキクチ」のダブルネーム、おそらく今はもう手に入らないであろう代物。修復に修復を重ね、ごまかしごまかし、何とか使ってきたものの既に5年半以上が経過。あちこちにガタが来ています。丈夫なはずの縫製がほつれて穴があき、かかと部分のレザーにも穴が。インソールだけでなく、何度も塗り重ねた靴裏もボロボロ。よく見ると、靴ひもも切れか...

主宰的人生哲学かるた 【わ行】

【わ】笑う門には福来る。心から楽しめる「笑い」に出会わない人生など、何の意味があろうか。【を】曳尾於塗中(ヲをトチュウにひく)。貧しくとも自由な生活をしていること。占いに用いられる亀は死んで神亀(しんき)として尊ばれるが、それよりも、泥の中に尾をひきずって生活している方が亀にとって幸福である、との寓話に基づく<以上、『新漢語林』より>。自分が憧れていた職業の実態を知るに従い、その憧れを乗り越えて実...

さつまいもチーズパンケーキ

前回ご紹介した「さつまいもチーズケーキ」。こいつの5分の1ほどを別に焼いてみることにしました。まぁ、型に入り切らなかった分を焼いてみようというわけです。ところが、ちょうどオーブン・シートが切れていて、オーブンでは焼けない、と。そこで、嫁さんの助言を得て急遽パンケーキへ路線変更。生地に卵1個と小麦粉を大さじ3杯ほど加えてよく混ぜ、油を敷いて熱したフライパンに流し込みます。弱火で両面じっくり焼けば、は...

さつまいもチーズケーキ

実家から大量のさつまいもをもらってきてあったので、ふと思い立ってチーズケーキにしてみました。レシピを検索してみると、結構見つかるんですが、どれもこれもちょいと面倒。。。そこで、まぁ、とりあえずさつまいもとクリームチーズがありゃなんとかなるだろ!という見切り発車もいいところで、何となく作り始めることに。えぇ、お菓子作りにあるまじき姿勢ですが、イイんです、そのぐらい肩の力が抜けた方が。そんなわけで、久...

銘酒 『天巧』

以前、友人たちと訪れた秋田で、素晴らしい日本酒に出会いました。それが、この「天巧」。滞在中に飲んで一発で気に入り、さらにお土産として1本買って帰るほど。味、のどごし、ともにとってもキレイな日本酒。お酒は好きだし飲めるんだけど、日本酒はどうも苦手なんだよなぁ、という人にこそ是非飲んでほしい。それほどまでに私が大プッシュする日本酒です。金賞受賞酒なんて、どうせ大したことないんでしょ、というのが私の飲む...

再会

お世話になりっぱなしの友人と、都会のド真ん中で再会。しかしながら、基本的に田舎者の私は既に立派な挙動不審。間違って隣のビルに入りこみそうになったり、エレベーターが見つからなかったり、待ち合わせの前に行っておこうと入ったトイレで蛇口のない手洗い場を目の当たりにしてどう使っていいものかと困惑したり、待ち合わせの時刻に間に合うようにとかなり余裕を持たせておいて正解だった、と胸をなでおろしたのも一瞬。無事...

出会いと別れと牛タタキ

晴れの門出を迎えるものもあれば、苦渋の決断を迎えるものもあり。季節の変わり目は、人生の節目でもある。でも、そんな瞬間に立ち会えたのは、至上の喜び。どんな決断であれ、それがさらなる幸福に繋がることを祈るばかり。みんな、おめでとうッ!!人生まだまだこれからだッ!!...

思い出のミルフィーユ

姉がまだ学生だった頃、アルバイトしていたのがミルフィーユで有名な某洋菓子屋さんでした。当時、売れ残って廃棄寸前となったらしいミルフィーユをたまに持って帰ってきてくれたりして、私も御相伴にあずかったもんです。当時の私(たぶん中高生だったはず)は、「確かに美味しいけど、ミルフィーユって食べづらいなぁ」と思っていたんですが、やはり作りたてではなかったために、生地のサクサク感が既にほとんど失われており、そ...

酔うほどに

このあたりから、じわじわお酒が効いてきて、微妙にピントがボケてるんだよね。さらに言えば、最近はiPhoneで写真を撮ることが増えてきていたので、一眼を手に取る機会が少なくなっていた、というのもあり。メインディッシュなのに。新郎新婦に申し訳。...

日常に潜む危機

朝、いつものように職場へと向かう。電車は定刻通り。ゆっくりと乗客を運んでくれる。さぁ、もうすぐ乗り換えの駅だ。家からここまでおよそ45分。しかし、状況はそこで一変する。突然の腹痛だ。食べすぎたわけでも飲み過ぎたわけでもない。原因不明のまま腹部を襲う鋭い痛み。この時点での危険率は30%。大丈夫、我慢できる。耐えながら電車を乗り換え、座席に腰掛け発車を待つ。その間も危険率はなお上昇を続ける。何か別のこ...

基礎

「ブラタモリ」の第2期が始まりましたね。今週はその2回目で「丸の内」が舞台でした。私は今週末(そして来週も!)訪れる予定なので、そういう意味でも非常に興味深い場所。今回も実に面白かったですが、個人的に感動したのは、東京駅から伸びている高架線の頑丈さ。100年経ってもまだまだバッチリ現役で、今日も京浜東北線を支えてくれています。しかし、その重さたるや相当なもの。その上もともと海だったという土地。基礎...

秋の連休 その後

秋の5連休初日は、やる気の出ないまま惰性で過ごし、2日目は大変素晴らしい披露宴にお招き預かり、胸いっぱい。3日目。2日目の余韻を引きずったまま神奈川県某所で一夜を明かし、眩しいばかりの青空から照りつける強烈な日差しを背に、右腰部の筋を痛めながらも帰宅。お鶴や嫁さんとともに昼寝。そういえば、この日、お鶴と嫁さんは、延期されていた近所の幼稚園の運動会に参加し、無事に未就園児の競争に出てきたらしい。商品...

衝撃の告白

しばらく、心に傷を負った状態で過ごしております。是非、優しい声を掛けてあげて下さい。世の中って、世知辛いよね。...

甘酸っぱい

「あの頃」を思い出す懐かしいメロディーと共に、夜の闇で語り合う甘酸っぱい過去。今の自分が、自分の人生の第何章にいるのか。酸いも甘いも良きも悪きも、過ぎ去った経験の上に成り立つ我々。幸せな気分に浸らせてもらった後に残されたのは、目も眩む青く高い空。願わくは、奇跡的な縁によって結ばれている全ての我々の前途も広く澄み渡っていますように。次は、君の番だよ。...

有楽町で会いましょう

しあわせは あったかい こいぬ...

秋の連休

5連休初日。思いのほか疲弊していたらしく、やる気が全く出ないまま、録りためていたテレビ番組を見たり、昼寝をしたり、特番を見たりして過ごす。晴れていれば、近所の幼稚園の運動会に出て、未就園児参加型のプログラムにお鶴を!と思っていたのだけど敢え無く雨天中止(延期?)。まぁ、そんな空回りの日もあるか。2日目。前日の昼寝のせいでなかなか寝付けず、スッキリした目覚めとはいかなかったものの、標準的な睡眠時間は...

タコライス

かわはく特製タコライス。800円也。博物館併設のレストランだから、まぁ、どうせ大したもんじゃなかろうと思ってたんですが、まぁまぁの美味しさとボリュームでした。...

東京あずきグラッセ薄露

この秋オススメのスイーツは、千鳥屋の「薄露」です。http://www.chidoriya.com/item01/index.html写真撮り忘れましたが、羊羹の原型みたいな感じです。つぶあん好きの皆さん、よろしくお願いします。...

お仕事、好きですか?

主に社会人の皆さんにお聞きしたい。「今のお仕事、本当に好きですか?」私は、いつ何時も「好きです!」と声を大にして言うことは残念ながらできないかなぁ、と。仕事をしている最中に聞かれればきっとYesと言えるのだろうけど、一旦仕事から離れると途端にスイッチがオフになって、Yesと即答することは難しくなるんじゃないかなぁ、と。実際、いつも仕事の前の日はどこか憂鬱だし、職場に着くまでの電車内では今でもドキドキする...

かわはく 2

で、これが噂の荒川流域のジオラマ。ちなみに武甲山あたりから秩父市街方面を見たところ。写真右奥ずーっと先に東京湾。こんなに広いのに、人っ子ひとりいないという、ね(苦笑)...

かわはく

「県立 川の博物館(通称、かわはく)」に行ってきました。日本一という巨大水車が出迎えてくれる日本一地味な博物館です。入場料のみで見て回れるのは、この巨大水車の他に、売る気のない売店、そこそこ美味しいレストラン、地味に面白い荒川流域のジオラマ、極めて普通の淡水魚水槽各種、そして手の込んだ仕掛けのある本館。正直それほど期待していなかったんですが(失礼)、そこそこ楽しめました。ちなみに、追加料金を支払う...

曼珠沙華

この時期、実家周辺でよく見かける光景。全体に毒があるそうです。こわいこわい。...

小祥

亡き祖母の一周忌でした。一周忌のことを「小祥忌(しょうしょうき)」とも呼ぶんだそうです。「祥」とは「よろこび」の意味だとか。なぜに一周忌が「小さなよろこび」なのか、と。つまりは、故人に対して、残された者たちが「無事に1年間過ごせていますよ」という報告をして安心してもらい、その一年間の無事を喜びあう日ということなんだとか。で、三回忌が「大祥忌」となるそうで、今度はさらにその一年後も無事を報告し、それ...

主宰的人生哲学かるた 【ら行】

【ら】ラーメンよりカレー。どっちも好きなんだけど、一生どっちかしか食べられないとしたらカレーを選ぶかな。ぃゃ、そこまでの選択じゃなくても、例えば、昼休みに入るお店で、ラーメン屋とカレー屋が隣同士で、どちらもそこそこ美味しいお店だったら、やっぱりカレーを選んじゃうなぁ。ラーメンは食べると不健康になるイメージがあって、カレーは逆にスパイスのおかげで健康になりそうな気がするんだよね。ぃゃ、これは誠に勝手...

秋空

いよいよ10月。つい1ヶ月前の猛暑はどこへやら、新社会人の内定式があったりして、さわやかな風が吹く今日この頃。私もちゃんとお仕事頑張ってます。そこで問題。今月の私のお休みは31日中何日あるでしょうか?  1.多忙の極地1日のみ  2.ゆとり充分11日間  3.かなり多めの21日間  4.まさかの失職31日間あ、書き上げた論文を投稿しなきゃだなぁ。...

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
浮世サーフ



【歴代概論】
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム