Entries

あと2ヶ月

今年もいよいよあと2ヶ月ですね。早いなぁ。今月は一時的に仕事が減って、収入も少し減ったのだけど、出費は逆に多かったなぁ。いわゆる月間赤字。来月からは仕事量も収入も元に戻るので問題ないんですけど。でも、結局、お金は使わないと入ってこないんだなぁ、と痛感。確かに少し赤字ではあるけど、それまでお金を使わないことで貯まっていたストレスも一気に解放されて、結果的にうまくまわっているような気がします。来年度か...

ガレージ

シャコって、久しぶりに食べたなぁ。お通しでシャコが出てくるっていうそのセンスがイイよね。自分からシャコを頼むことって、そうそうないからね。...

ピザ

地元をもっと楽しもうということで、先日、嫁さんと娘と一緒に某所へ。ピザ食べ放題、お一人様980円(3歳児までは無料!)。店内にボールプールがあることで知られるお店です。一度は行ってみたいと思っていながら、なかなか行く機会がなかったんですが、ポッカリ空いた休日に意を決して覗いてみたわけです。ド平日だったんですが、半分ぐらいは予約で埋まってました。そして、その後すぐに満席に。小さなお子様のいらっしゃる奥...

ケーキ

地元をもっと楽しもう、ということで、オススメいただいたケーキ屋さんへ。こじゃれた店構えにふさわしく、ちょっとお値段は高めで、しかも1つ1つのケーキが小さめ。どうしたものかと、一瞬たじろいだのは確かですが、この日はどうしてもケーキが食べたい気分だったので思い切って購入。ぃゃぁ、美味しいわ。美味しいです。この程良い甘さが、幸せを呼ぶんですよ。...

塵も積もれば何とやら

この一年、お鶴のおかげで、ミスタードーナツには相当お世話になりました。その見返りがこちら。あ、手帳は別です。1000円でドーナツ(またはパイ)7個と手帳1冊が手に入るという大変お得なセールに乗っかっただけです。しかもこの手帳には、ドーナツやドリンクの割引券までついてるんですよね。私はそれ目当て。手帳本体はお鶴にあげました。結構気に入っているようです。カップの方はピンク、オレンジ、グリーンの三色。それぞ...

最近の彼女 47

お鶴がようやくトイレを覚えてくれました。初めてちゃんとできた日から1ヶ月ほど経ちましたので、もうこれはできるようになったと言っていいでしょう。小さい方は夏の時点でもちょくちょくできてはいたんですが、大きい方は不完全でした。そんなある日、自宅の物陰に隠れてひそかに踏ん張り始めた彼女を目ざとく見つけた私は、すかさず嫁さんに彼女をトイレに連れて行ってもらいました(私が連れていっても良かったんですが、軽く...

サワガニ観察日記(4)

あれからまた数匹のサワガニが天に召され、地に埋葬されました。実家から自宅に連れてきた直後に比べ、半数程になってしまいましたが、生き残っている者たちは皆元気です。ぃゃ、1匹だけ、あまり元気はないですね。左側の脚が既に1本しかないんですよ。その状態になってからしばらく経つので、生命力はあるんでしょうけど、少し心配です。今日、水を取り替えるときに触ってみたんですが、殻が非常に柔らかくなっていました。おそ...

谷根千概論 編集後記

長々とお付き合い頂きましたが、谷根千概論もこれでいよいよ最後となりました。日没の頃根津神社を出た我々は、そのまま谷中銀座方面へと歩き始めました。小一時間ほど歩いてお店を探したんですが、なかなか我々の好みと財力に合うようなところが見つかりません。それでもなんとか2軒ほどに絞ったんですが、最初の1軒は残念ながら満席で入れず。仕方なくもう1軒へと向かったんですが、むしろそれで正解でした。こちらの方に先に...

谷根千概論 番外編 4

細密ペン画で知られる「スギヤマ・アートルーム ギャラリーショップ」。根津教会を目指している途中で偶然出会いました。モノクロ写真だと勘違いしてしまうぐらい精巧緻密に描かれたペン画。その作品を絵葉書等として閲覧・購入できます。写真右下に貼られているやつがそうですね。これ、全部ペン画です。信じられない!ちなみに、私も記念に一枚購入してみました(100円)。今度メッセージを添えて、嫁さん宛てに出してみようかな...

谷根千概論 番外編 3

東京大学構内の「三四郎池」。・・・・・・三四郎は 池のそばに来てしゃがんだ。非常に静かである。電車の音もしない。三四郎がじっとして池の面を見つめていると、大きな木が幾本となく水の底に映って、そのまた底に青い空が見える・・・・・・正式名称を「育徳園心字池」というのだそうです。江戸時代には加賀藩前田家上屋敷の庭園であり、2代藩主前田利常のとき、将軍の御成りに際して築造され、4代藩主前田綱紀のときに完成し...

谷根千概論 番外編 2

不忍池で餌付けされていたスズメの大群(と、そのおこぼれを狙うハト)。米粒目当てで、尋常でない数のスズメが群がってきてました。餌を売っているのかどうか知りませんが、男の人が掌に米粒を乗せて立っているところに、たくさんのスズメがやってきていました。最近はスズメが減ってきたなんていう話を聞きますが、いるところにはいるんですね。・・・い過ぎ、ですけどね(苦笑)...

谷根千概論 番外編 1

「みかどパン」から「護国院」に向かう途中に、「妙泉寺」というお寺があります。そこにあるのがこの「貧乏が去る像」。貧乏神の頭の上に猿が乗っていまして、まず貧乏神をなでた後、頭上の猿をなでると、「貧乏」が「去る(猿)」ということで、大変縁起がいいのだとか。もちろん、ご覧頂ければおわかりの通り、「桃太郎電鉄」シリーズでお馴染みのイラストレーター、土居孝幸氏のデザインだそうです。除幕式には氏の他にシリーズ...

谷根千概論 6

無事に谷中七福神を全て踏破し終えた我々は、不忍池を後にして、次なる目的地に向かって歩きはじめました。まずは近くに「旧岩崎邸庭園」なるものがあるという情報をキャッチしたので、そこへ向かってみることに。ちなみに、旧岩崎邸は、1896年(明治29年)に三菱創設者・岩崎家本邸として建てられたというお屋敷。あのジョサイア・コンドルの設計による、本格的欧風木造建築です。館内の随所に見事なジャコビアン様式の装飾が・・...

谷根千概論 5

「みかどパン」を後にした我々は、次の七福神に会いにまた歩き出しました。途中、以前の概論で立ち寄ったところにまた足を踏み入れてみたりしつつ、やってきたのが「大黒天」をまつる「護国院」。ちなみに、大黒さまは「財」の神様として有名ですね。それは谷中七福神としても同じだそうです。大抵は小槌に袋、袴に烏帽子というイメージですね。厨房の神様としてもまつられるそうですが、もともとはヒンドゥー教のシヴァ神の化身(...

谷根千概論 4

修性院で布袋さまを拝んだ(気分になった)我々は、毘沙門天のいる天王寺を目指して再び歩きはじめました。六阿弥陀道なる道を進むと、やってきたのがここ、テレビなどでお馴染みの「谷中銀座商店街」!が、ご覧のとおりの人出です。というのも、この日はちょうど「谷中まつり」が開催されていて、この商店街の周辺の小学校やら広場やらで様々な催し物が行われておりました。その影響でおそらくこの人ごみになったのでしょう。それ...

谷根千概論 3

東覚寺を出た我々は、田端駅前から路地裏を通って西日暮里駅方面へと歩きはじめました。それにしても、田端駅前商店街には「りゅうのすけくん通り商店街」なる名前が付いていて、やたらと河童のキャラクターを推しているので、何かと思ったんですが、どうも芥川龍之介が住んでいた町なんだそうですね。他にも菊池寛や室生犀星、萩原朔太郎に小林秀雄などなど多くの有名な作家・芸術家が住んでいたんだとか。曰く、田端文士芸術家村...

谷根千概論 2

そんなわけで、千駄木のカレーで一気にテンションの上がった我々は、ここでJR田端駅方面を目指して歩き出しました。谷根千なのに田端?とお思いの方も多いでしょう。確かに、一見したところ谷根千とは言い難い場所かもしれません。しかしながら、ギリギリ圏内。というのも、ここには「谷中七福神」のうち「福禄寿」がまつられているんですね。「谷中七福神」というのは、私も今回初めて知ったんですが、約250年前に始まった江戸...

谷根千概論 1

そんなわけで、2011年秋の概論は「谷根千」でした。「谷中」「根津」「千駄木」のそれぞれの頭文字をとって「谷根千」。上野の北、JRの駅で言うと、日暮里駅の西側のエリア一帯のことです。谷中へは「日暮里概論(2003年3月下旬)」で、根津と千駄木へは「東京“町”概論(2007年6月下旬。築地から根津・千駄木を踏破)」で少しだけ訪れたことがありますが、まとめてガッツリ訪問するのは今回が初めてです。そんなわけで、ワクワ...

しばらくおまちください。

「谷根千概論」は無事に終わりました。現在は筋肉痛に苛まれて編集作業をしております。近日公開予定ですので、今しばらくお待ちください。...

2011 秋の概論は

そんなわけで、明日、「谷根千概論」に出てきます。千駄木駅より正午スタート!twitterでも随時つぶやいていきますので、お楽しみに!...

iPhoneのカバー(ケース、ジャケット)を替えようと思っています。大別すると、「ソフト・タイプ」「ハード・タイプ」「レザー・タイプ」という3つになると思うんですが(どうでしょう?)、意外にそそっかしい私は、落下時の衝撃吸収の意味も込めてソフトなのを好んでいます。次はストラップホールがなくてもいいから、落ち着きのある色にしたいですね。なんかねぇ、最近、黄色とかオレンジとか見ると、ちょっと動悸がするんです...

回帰

・・・数ヶ月の時を経て・・・・・・今よみがえる・・・・・・あの伝説の・・・内職!よーし、がんばろーっと(棒読み)...

なーんとなーく

毎年、11月とか10月ぐらいになってくると、なんとなーく仕事に対してやる気がなくなってくるんですよね。今年もそう。職場で仕事をしている最中はまったく問題ないんですけど、その前はいつにも増して。ただ、それよりももっとひどいのが、家で仕事するとき。特に、論文の英訳ペースはひどいもんです。1日1ページいけばまだ良い方。まったく手につかない日も出てきました。他のことならやる気はそこそこあるんですけど。まぁ、こ...

ちょろめ

「Google Chrome」を使ってみることにしました。それまで使っていた「Grani」が余りにもアレだったので。ぃゃ、悔しいけど、確かに速いね、Chrome。そんなわけで、この週末にやったことと言えばそのぐらい。どうにもやる気がわかない今日この頃。FF4CCをクリアして、燃え尽きてしまったのかなぁ、私のやる気。きっと探すのをやめた頃に見つかるんだろうなぁ、やる気って。...

日照不足

デスクワークしかしてないと、ダメですね。日光が足りてません。日光浴がてら、秋の概論としゃれこみたいですな。ちなみに、今日の絵は娘の作品。たぶん、「ドキンちゃん」だと思います。...

サワガニ観察日記(3)

あれから餌をいろいろとあげてみています。好評だったのは、やはり「ツナ」。サラダに使ったのを少しもらって、軽く水洗いしてからあげてみたところ、予想通り、すごい勢いで食べてました。両方のハサミに一切れずつ持って、自分のテリトリーまで運んでから食べる様など、なかなかかわいらしいものがあります。意外にも食べてくれたのが「もやし」。これはみそ汁の具でした。娘が残したものを軽く水洗いして、2本ほどあげてみたと...

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
浮世サーフ



【歴代概論】
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム