Entries

2013年を振り返る

今年は各種イベントを中心に、月別で振り返ってみようかと思います。【1月】2012年度の仕事に一段落。その後ジブリ美術館で感動。【2月】ミュージアム探訪にて「チョコレート展」「エル・グレコ展」「王羲之展」「円空展」をはしご。“書”は難しい、という強い印象を受ける。3DSをやりつつ、概論10周年企画の一部として黎明期の概論を再編集。その傍ら、研究の方も進めておいたのだが、ここでの詰めが甘かったことは年末にな...

クリスマスディナー 2013

今年のクリスマスは、「ハンバーグプレート」でいこうと決めました。正直な話、ピザ作るの結構しんどいんですよね(サンタさん、ピザ生地が作れるホームベーカリー下さい)。で、娘に相談してみたところ、ハンバーグ食べたい!とのことだったので、よし、無事に決まってくれたぞ、と(笑)奇をてらわず、本当にオーソドックスなハンバーグを作りました(写真うつりがあまり良くなかったので、嫁さんが作ってくれたケーキの方をUP...

歳末大感謝祭

1年間の感謝を込めて、家族でお出掛け。ランチにお寿司。嫁さんにクリスマス・プレゼントを買い、娘にもユニクロでダウンコートを買い、スーパーでクリスマス・ディナーのための食材を買い込み、帰宅。写真はぶり三昧ですが、アジの握りが美味かったなぁ。来年は私も「アジ」のある一年にしたいですね(笑)...

「VT484」導入への道 6

わざわざ vaio type P から dynabook TAB VT484/26K へと乗り換えたにもかかわらず、なんとなく釈然としないのでここで最大の目的である「軽量化」ができたのかどうか、改めて検証しておきます。自己正当化です、はい。vaio type P本体:約428.5gバッテリー:約139.5gアダプター類:約190g合計:約758gdynabook TAB VT484/26K本体:約436g充電用アダプタ及びケーブル:約76.5gマウス:約42.5gmicroUSB-USB変換ケーブル:約15.5gmi...

仕事納め

丸く納まるかどうかは、まだわかりませんがね。では、一足お先に!...

「VT484」導入への道 5

引き続き、「VT484/26K dynabook TAB」の使用感をお伝えしていきます。今回は、周辺機器について考察します。まずは購入キャンペーンでもらえるBluetoothキーボード「U6R-00022」。現在の市場価格がおよそ5,000円強という代物です。最初こそ英語配列キーボードとして認識されてしまいますが、それを修正するモジュールが既に東芝のHP上に用意されております。それを導入すれば問題なく動作します。Microsoft社製ということもあり...

イメージ図

美味しいと評判の「塩バニラ」食べてみました。確かに。塩!そしてバニラ!!という感じは間違いありません。美味しいです。美味しいですが、じゃぁ、また買うかというと、それはまた別の話。「濃厚チーズスティック」の方が好きだなぁ。...

「VT484」導入への道 4

タブレットPC「VT484/26K dynabook TAB」を何とか仕事で使おうという試み。12月上旬から中旬の間に何度かプロジェクターに繋いでみる機会に恵まれたので、そこから得られた事柄をここでまとめておこうと思います。1.「複製」はできない!最大のガッカリポイントです。どのプロジェクターに繋いでも、タブレットと同じ画面をスクリーンに投影することはできませんでした。これはVGAケーブルだからいけないのかと思い、私の自...

おちょこ一杯からの応援 28

静岡県大村屋酒造場さんより『若竹 純米吟醸生原酒 杜氏厳選特別囲い NANBURYU 「SATORU. HIBINO」』。後で知ったんですが、あの「鬼乙女」を出している酒造さんのようですね。アレはあれで特徴的なラベルですが、こちらも負けておりません。味の方も非常に特徴的でした。柔らかな水質に似合わぬ尖った初撃。その後ゆっくりと波のように広がる日本酒らしい味わい。生原酒ですから、開封後はお早めに飲むのがいいのでしょうが、...

赤羽十条演習 編集後記

さて、銭湯「十條湯」を出て、反省会会場へと向かった我々。まずはこの界隈では結構有名だという大衆居酒屋「斉藤酒場」さんへ。午後4時半から開店ということだったんですが、行ってみると開店時間を10分程過ぎているのにまだ開いていません。外には行列ができています。仕方ないので、我々もそこに加わります。すると、我々の前にいた見知らぬおじさんが開店時間を尋ねてきました。それに答えると、今度は我々の後ろにいたおじ...

赤羽十条演習 5

東十条駅というと、埼玉県の京浜東北線ユーザーからしたら鬼門ですよね。せめて赤羽まで行ってくれよ、とかね。東十条行きかぁ、じゃあ一本スルーして次に・・・って、次は南浦和行きかよ、みたいなね(ローカルな話ですみません)。なぜ赤羽でなく東十条なのか。その理由がコレです。下十条運転区。この車両基地があるからココ止まりの電車があるんですよね(南浦和行きも然り)。こいつが元凶か・・・という思いを込めて写真を撮...

赤羽十条演習 4

足の疲れと喉の渇きを癒すべく、喫茶店を求めて歩きさまよう我々。しかし、この辺りからだと「郷土資料館」が近いらしいということで、まずそこに寄り道してから商店街へ向かうことにしました。ただ、その郷土資料館というのがクセモノで、Googleマップ上には表示されているものの、検索では何一つ出てこないんです。これは実際に行ってみるしかあるまいということで、行ってみたんですけどね、やっぱり郷土資料館は存在しませんで...

赤羽十条演習 3

引き続き、荒川付近にいる我々。次にやってきたのはこちら「荒川知水資料館」。Arakawa Museum of Aqua、略して「amoa」です。なかなかイカす名称ですね。無料で荒川の歴史について学べる大変素晴らしい施設です。「荒ぶる川」という語源の通り、荒川流域がいかに洪水に悩まされてきたか、そしてそれを人間がいかにして乗り越えてきたのか、そういったことを詳しく学習できます。規模の面ではパナマ運河の大工事には負けますが、そ...

赤羽十条演習 2

まずは赤羽駅東口を北へ向けて歩きます。駅前の商店街は以前の赤羽概論で歩いてますので、違う場所を歩きつつ、次の目的地へ向かおうという算段です。その途中でこちらの素敵なお店を発見しました。ホビーショップ「フロンティア」さん。察するに、ミリタリー系やサバイバルゲームがお好きな方々には御用達のお店なんでしょうね。私もФ少年もそちらの方には詳しくありませんが、こちらの店頭には我々の心をわしづかみにするアイテ...

赤羽十条演習 1

そんなわけで、概論10周年記念イヤーを締めくくる、最後の概論。10周年ですから、やはり、「10」にまつわる何かが欲しい。そう思ったかどうかはわかりませんが、今回は北区十条を歩くことに決まりました。まずはここ、赤羽駅からスタートし、十条駅付近をゴールとしてふらふら歩いてみようというわけです。赤羽には10年前の6月に「赤羽概論」で来ていますが、ハッキリ言って、当時の記憶はほとんどありません。あの頃は「概論」と...

東京ミュージアム探訪 16

いつもなら相棒のФ(えふ)少年と一緒に行くところなんですが、今回は私の単独潜入。平日休みを利用して、野暮用の途中にふらりと寄ってきました。そうです、「エヴァンゲリオンと日本刀」展です!!エヴァンゲリオンはもちろん、日本刀も好きな私にとっては、もう夢のような企画です。平日の開場直後はさすがに空いてました。ガラガラでしたので、ゆっくり、じっくり、たっぷりと、心行くまで堪能することができましたよ。驚いた...

「VT484」導入への道 3

引き続き「dynabook TAB VT484/26K」の動作確認を行っていきます。前回に引き続き、写真と内容とは全く関係ありません。悪しからず。今回はUSB周りの確認を。まず、VT484は「microUSB」が採用されているので、通常のUSB機器を使うには変換ケーブルが必要です。500円前後で買えます。私はVT484本体を買ったついでに手に入れました。サンワサプライ社製のものです。で、これを経由して既存のUSBハブ、USBメモリの動作確認をしました...

「VT484」導入への道 2

そんなわけで、東芝社製タブレットPC「dynabook TAB VT484/26K」を手に入れた私。しかし、既存の無線LAN環境ではネットに接続できないことが判明し、新たに無線LANの親機を購入することになったのでした。こんなことになるなんて、、、と嘆いても後の祭り。メーカーのHPを覗いて、Windows8.1に対応している機種を探し、そのうち最も安価な良さそうなものを発注。それがLogitec社製「LAN-WH300AN/DGP」。これまでの機種より一回...

「VT484」導入への道 1

そんなわけで、遂に2nd PCのリニューアルが始まりました。リニューアルに向けての主な要因は次の3点。<1>Tablet PCに買い替えて軽量化を図る。<2>旧2nd PC 「sony type p」の電池寿命が尽きた。<3>嫁さんのPCが古くなってきており(なにせXP)、セキュリティーの面から考えても、旧2nd PC を引き継いでもらいたい。そして私が新2nd PCに求めるのは主に次の3点。<1>Powerpointが使える。<2>8インチの薄型軽量...

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
浮世サーフ



【歴代概論】
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム