Entries

祖師谷概論 編集後記

いかがだったでしょうか、祖師谷概論。世田谷線概論のときに、資料館に寄ってだいたいの郷土史は把握していたので、実際にじっくり歩いてみて良い復習になりました。途中、徳富蘆花という文学的なエッセンスを入れたのも、良かったですね。おかげさまで名言まで頂けました。それにしても、祖師ヶ谷大蔵周辺の商店街(ウルトラマン商店街)の充実ぶりはすごいですね。概論黎明期を懐古しつつも、あの頃にはできなかったしみじみとし...

祖師谷概論 6

引き続き、祖師ヶ谷大蔵のお寿司屋さんで反省会をしている我々。貝づくしを楽しんでいると、3月中旬にしては珍しいモノがあるということで・・・初鰹を頂きました!もう出回ってるんですねぇ。嬉しいサプライズ。味としては、秋の戻りガツオの方が、脂がのっているんですけれども、初鰹は初鰹で、サッパリとした旨味がありますよね。こうして、分厚く切って頂けまして、カラシで頂戴致しました。大変美味しかったです。そして、い...

祖師谷概論 5

祖師ヶ谷大蔵の商店街をズンズン北上。蘆花恒春園で一息入れた後、さらに北上する我々。目的地は、「ちとから」の略称でも知られる千歳烏山。こちらも、祖師ヶ谷大蔵に負けず劣らず、充実の商店街があるということで、その探索も楽しみしていたんですが・・・陽も傾き始め、さすがに時間が無くなってきてしまいまして。ただ、千歳烏山は喫茶店も充実しているという前情報を得ていたので、ならばそこだけでも堪能した後で次の目的地...

祖師谷概論 4

祖師ヶ谷大蔵の商店街を脱した我々。そのまま北上を続け、こんな場所までやってきました。徳 富 蘆 花 旧 宅資料館代わりと言ってはナンですが、記念館も併設されているとのことですので、今回は文学散歩を取り入れるカタチに。あの徳富蘆花大先生が実際に暮らしていた場所なんだそうですね。移築してきたとかじゃなくて。三軒ほどの家が渡り廊下でつながっているような構造になっていました。晩年もここで執筆されていたのだとか...

祖師谷概論 3

喫茶店「ムリウイ」にて、食後の休憩をした我々。祖師ヶ谷大蔵の商店街へと繰り出します。そういえば、この「概論」という企画が始まった頃は、まだまだ方程式など全然整っていなくて、ひたすら商店街をただただふらふらして面白そうなものを探していました。逆に、方程式が完成した今となっては、あまり商店街を重視しなくなっていました。そんな思いもあってか、今回は黎明期よろしく純粋に商店街を楽しんでみることに。で、祖師...

祖師谷概論 2

祖師ヶ谷大蔵のカレーの名店「馬来西亜マレー」にて、大満足のランチを頂いて幸せな気分になった我々は、いよいよ本格的に商店街を歩き始めます。祖師ヶ谷大蔵と言えば、こちらが一番有名なのかもしれませんね。木梨サイクル!これこそ、今回の概論で私が一番訪れてみたかった場所!「とんねるず」の木梨憲武さんのご実家にして、日本一有名な自転車屋さん。さすが名店、ひっきりなしにお客さんが訪れていました(実際、この界隈で...

祖師谷概論 1

三月も残すところあと10日ほどになってしまいましたね。新年度の準備はとっくに終わってますが、心の準備がまだまだ全然整ってなくて、今から既にプレッシャーで押しつぶされそうな主宰です、こんばんは。さて、2017年、既に二度目の概論です。いつもよりも断然速いペースでこなしてます。今回は都内での敢行。この場所も、昔から候補地に挙がっていましたが、後回しにされ続けてきました。しかし、概論方程式が出来上がった今とな...

密度

一度にたくさんのことをやろうとすると、一つ一つの出来栄えは良くない。一つ一つ丁寧にやろうとすると、あまりたくさんのことはできない。ちょうどいいところはどこか。バランスが大事なんだなぁ。今年度もあと2週間、か...。...

熱帯環境植物館のこと

電車とバスを乗り継いで、「板橋区立熱帯環境植物館」に行ってきました。すぐ近くに清掃工場がありますので、そこでゴミを焼却する際に出る熱を利用しているみたいですね(今回は利用しませんでしたが、温水プールもありました)。区立なので、料金が格安というのもうれしいところ。大人は240円、土日は小学生以下無料!素晴らしい。うちの近所にもほしいです。この施設の凄いところは、地下は水族館、地上は植物園になっていると...

「概論」と「概論方程式」の再定義

「川口概論」を経験したことで、これまでの概論も振り返り、その定義を考え直す必要が出てきたように感じました。黎明期の概論にも、最近の概論にも、いずれにも当てはまり、しっくりくるような定義付けとは?・・・・・・・・・【概論】 ある街を実際に歩きながら、その街の地理や歴史、産業や文化、名産や名物に触れ、興味深いものを探し出し、独自の解釈を加え、その街に対する自分なりの理解を深めようとする学習活動。特に、...

iPhoneの画面が割れた話

川口概論の終盤、反省会の反省会の反省会。思っていたよりも酔っていたんでしょうね、きっと。トイレに入ったときに、手からiPhoneが滑り落ちまして。運悪く、ディスプレイが地面に直撃するかたちで。どこかでワンクッション入れば被害はほとんどなかったと思うんですけど、まぁ、運悪くストレートに落ちまして。ディスプレイ、割れまして。とは言っても、ホームボタンの右側に2本ほど、ヒビが入ったぐらいの軽傷ではありました。...

川口概論 編集後記

いかがだったでしょうか、川口概論。これまで都内限定としていた枠を撤廃し、埼玉県に上陸してみたわけですが、実を言うと、本当にこれを「概論」とするかどうかは迷っていました。実際、歴代概論として正式にナンバリングタイトルとされているものは、全て都内で実施されています。その他にも「概論」の名を冠しているものはありますが、それらは別のカテゴリに入れてあるんですよね。だから、今回も、「概論」の名は冠していても...

川口概論 7

さて、銭湯を出た我々は、いよいよ反省会の会場へ向かいます。お目当てはもちろん、方程式通りにお寿司屋さん。調べてみると、「ふくの湯」さんのすぐ近くにお店があるようで、とりあえずそちらまで行ってみることに。歩くこと数十秒。お店自体は確かにあったんですが、店名が変わってました。しかも、お寿司屋さんではなく、お寿司も出せる居酒屋さん的な感じに鞍替えした様子。メニューにはお寿司もあるようでしたし、ここにする...

川口概論 6

川口の街並みを夕日が照らし始めた頃、我々は30分ほど歩いて、とある施設の前までやってきました。国登録有形文化財建造物「旧田中家住宅」。残念ながら、既に開館時間を過ぎておりましたので、中に入ることはかなわなかったんですが、文化財の貫禄は外観からも十分に伝わってきました。今度また川口に来ることがあれば、その時には内部をきちんと見てみようと思います。さて、ここまで来れば、残る行程はあとわずか。そうです、...

川口概論 5

安定の概論方程式のうち、「カレー」「コーヒー」「資料館」を順調にクリア。日は傾き始めましたが、我々の勢いは傾くこと知りません。続いても、概論には欠かせないあの場所を訪れます。土地の神様にご挨拶。川口の総鎮守にして鋳物の神様を祀る神社さん。川口概論も半ばを過ぎたところで恐縮ですが、成功をお祈りしておきました。さて、遅れ馳せながらのご挨拶も済んだところで、次の目的地へ進みます。ここから少し歩くことにな...

川口概論 4

腹ごしらえと午後のティータイムを終えた我々は、いよいよ本格的に川口の街を攻め始めます。次に行く場所は決まっていたんですが、少し時間が押していたので、バスで移動しようかなどと話しつつ、少し急ぎ足になったところで、こんな施設に遭遇しました。日本万華鏡博物館。予定にはなかった場所です。何も知らずに入るのには少し勇気がいるかもしれません。私も、この概論という企画でなければ入ろうとは思いもしなかったでしょう...

川口概論 3

概論と言えば、カレー。これだけは、方程式の最初のピースとして初回から連綿と受け継がれています。今回も、事前打ち合わせの段階で、色々と候補が出てましたが、最終的にはこちらのお店にお世話になりました。結構な人気店のようでして、我々が訪れた時には満席。外で10分程待つことになりましたが、それがむしろ我々の期待感をあおってきます。店外から見えるように貼られているメニューに目をやり、どれにするかちょっと迷って...

川口概論 2

見事に第一レースを的中させた我々。勢いに乗って、第二レース、第三レースと賭けていきますが、その間にまたオートレース場内を散策して回ります。時間と共に人もだんだん増えてきましたが、だいたいがオジサンやオジイサン。他のギャンブル施設でもそうでしたが、それぞれに雰囲気が違うような気がしますね。競艇のときは殺伐とした印象を、競輪の時は華々しい印象を受けましたが、オートレース場ではほのぼのとした印象を受けま...

川口概論 1

豆まきをしたのがつい昨日のように思われるというのに、いつの間にやら3月。もうひな祭りというのですから、時の経つのは恐ろしいですね。皆様、お久しぶりです、主宰です。さて、2月某日、2017年最初の概論に行ってまいりました。概論と言えば、都内の街を探索して回るのがお決まりですが、今回は、なんと、遂に都内を飛び出しまして、埼玉県の「川口」で決行しました。え?なんで?どうして川口?都内から出るにしても、他にも...

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
浮世サーフ



【歴代概論】
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム