Entries

M-1 2008 を振り返る

今年もM-1グランプリが終わりました。毎年恒例、最下位から順に振り返ってみようと思います。未見の方はネタバレ注意です。
ザ・パンチ
典型的“レッドカーペット”芸人の域を脱しきれてませんでしたね。最初の1分しかもたない。それ以降のツメが甘かった。そこに加えて、目に見えて明らかな程の緊張。これが最大の敗因かもしれません。サファリパークのくだりは相変わらず面白いけど、個人的には「砂漠でラクダに逃げられてー」も聞きたかったですね。まぁ、せっかくのツッコミも大緊張のせいで台無しになっていたことでしょうけども。

キングコング
昨年のリベンジ、そして知名度の高さ、この2つが彼らにとって大きな足枷となってしまったように見受けました。意気込みは空回りし、知名度の高さが期待値を上げすぎた、と。おそらく、テンポが速すぎて客が内容を聴き取りにくい、という昨年の反省を活かしたんでしょうが、逆にそれが彼らのイイところを殺してしまうという、なんとも皮肉な結果になってしまいましたね。もっと動いてもっとしゃべって、自分たち自身楽しめばよかったものを。充分面白かったとは思うけど、昨年に比べると、そして彼らの実力からすればもっとできたはずじゃないかな、と。そういう意味でも、この順位で妥当だったのでしょう。最終決戦でもう一度観たいか?と問われると、うーーん、と即答できない感じに仕上がっていて残念でした。

モンスターエンジン
今大会のダークホース。しかし、悲しいかな、そのままダークホースで終わってしまいました。オチまでのフリが長すぎましたよね。実力はあっても経験不足かな、と。まだまだ若いコンビのようですから、これを糧にして、大きく飛躍することを祈ります。

ダイアン
トップバッターにしてはよくやった方じゃないでしょうか。昨年と比べると格段に良くなってますし。しっかり温めてくれた、という感じで賞賛の意味も込めてのこの順位。ただ、今回は6位までと、5位以上の差は非常に大きいですね。そこを境に大きく評価が変わるところでしょう。そうそう、幼い子供を持つ親としては、子供の夢を奪いかねないようなネタだったので、もともと印象はあまりよくありませんでした。

U字工事
嫁さん曰く、観ていて疲れない面白さ。ひたすら栃木ネタで4分間引っ張っていけるのは、かなりの実力がないとできないことでしょう。実際、このネタを見たのは2度目か3度目ぐらいでしたけど、しっかり笑わせてもらいました。ただ、悲しいかな、やっぱりローカル感が拭えない。栃木ローカル(あるいは関東ローカル)でなく、全国区の彼らのネタを見てみたいし、それができなければいくら実力があっても今後の彼らの方向性は見えてしまっているかな、と。

笑い飯
なぜ彼らがここまで順位が高いのか、正直私にはよくわかりませんね(消去法?笑)。紳助さんも仰られてましたが、上位の方は実力が拮抗していて、完全に“好み”の問題になってきているのかもしれません。玄人ウケするんでしょうね。ただ、今回の彼らを見るに、優勝する実力はないでしょう。そこそこ面白い、というレベル。まさに4位。連続出場ご苦労様です。

ナイツ
安定した強さという意味ではナイツは一番だったかもしれません。浅草で培ったその実力は確かなものです。正直面白かった。しかし、上位2組に比べると、どうしても地味。。。そして、ネタがパターン化してしまっていて意外性に乏しいのが敗因だったのかもしれません。「眼鏡」のくだりや「城」のくだりは絶妙、あとは「風邪の谷を治すか」あたりは真骨頂だったんですけどねぇ。検索ネタ以外の方向性に期待します。

オードリー
敗者復活からの見事な2位。決勝での様子からすると、昨年のサンドウィッチマンの再現か!?とも思いましたけど、残念ながら最終決戦で失速してしまいましたね。決勝のネタから変化をつけたところまではよかったんですけど、ちょっと冗長だったかな。春日さんの味がイマイチ活かしきれてなかったというか。後半でもう一度大きく変化をつけることができれば、彼らが1位になっていたかもしれません。あるいは、最終決戦のネタを先に出して、決勝のネタをとっておけば、優勝していたかもしれませんね。ここ一番の輝きを放ってました。噛んでもへこたれないあたりはさすが、波に乗ってるな、と(笑)

NON STYLE
決勝、そして最終決戦と安定した実力を発揮していて、一番楽しそうにやってましたね。観ているこっちも自然と楽しい気分にさせられて、笑わされてしまうという。そして、しっかり“漫才”をやってました。「俺の涙腺!」まで決まったし。今後はフリートークがどこまで成長するか、でしょうかね。これから忙しくなるでしょうから、嫌でも成長するでしょう。楽しみです。

「安定感」「爆発力」「意外性」、この3つがM-1で勝ち残るポイントだと勝手に思っているんですが、今大会でもそれは同じでしたね。結果を改めて見てみると、この3つを兼ね備えた者がちゃんと上位に来て、欠けている者は下位に入っていました。また、いわゆる“レッドカーペット”世代の奮闘振りがうかがえたM-1でもありましたね。昨年とはガラリと変わって初登場だらけでしたけど、ほとんど知った顔でしたし。全体的なレベルもかなり高くなってきているような気がしますし、世代交代はちゃんと行われているようです。来年も楽しみですね。

M-1 グランプリ:http://www.asahi.co.jp/m1gp/

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/1024-a6dc68e1

トラックバック

コメント

[C1436]

【追記】
サブMCの上戸さんもポイント高かったですね。
  • 2008-12-24 02:17
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C1435]

>田舎物殿
そうですね、「もう一度続けてネタを観たいかどうか」というのも非常に重要なポイントだと思います。昨年のキングコングなんてまさにその典型でしょう(今年の彼らは言うまでもなくアレでしたが・・・)。U字工事は栃木から離れたときに本当の実力が明らかになることでしょう。彼らのポテンシャルはこんなもんじゃないはずです。
  • 2008-12-23 00:33
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C1434]

今回個人的に笑ったのはU字工事でしたね。
なぜかずっとツボにはまってました(笑)。

決勝については、もう1度ネタをみたいか?というのが大きかった気がします。
短期間に二本見せるというのがネックでしたね。

U字工事は、二本目も同じような展開が読めてましたから。
やはり同じ展開であったナイツは厳しかったですね。


  • 2008-12-23 00:03
  • 田舎物
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム