Entries

し、修理を・・・ 3

そんなわけで例の腕時計。ある朝、遂に完全に動きが止まりました。その日のうちに、無料電池交換券を使って、電池を交換してもらいました。その間わずか20分。簡易診断も異常なしの様子だったので、どうやらやっぱりただの電池切れだったようです。オーバーホールとかにならなくてよかった。おそらく、日付が切り替わる時間帯にカレンダー機能が働き、これが通常よりも電池を消耗するのでしょう。もともと消耗気味だった電池は、針を動かすのには何とか足りても、カレンダー機能を動かすのにはいっぱいいっぱいだった、と。それでいつも夜中に遅れが出ていたわけですね。今のところ正常に稼動しているので、安心。これからまたしばらくの間がんばってもらいます。

一方、修理に出していたケータイは2週間経ってようやく手元に戻ってきました。『液晶側基盤及びキー側基盤をつなぐ接続ケーブルが破損により断線していたことが要因となっておりました。措置としてケーブル交換を実施致しました。上記作業実施後、各種測定器による検査・点検にて異常が無いことを確認しました。』とのことでした。初期状態に戻ってしまっていたので、データの復旧やら設定の変更やらカスタマイズやらで、手元に戻ってきてからも時間がかかりましたが、ようやく安心して使える状態に戻りました。よかったよかった。

あんしん保証パック」に加入できたのもラッキーでした。いわゆるアフターサービスで、月額約500円を支払うことで、修理費の大幅割引を受けられるという類のもの。昨年11月末までは、一度加入をやめると6ヶ月間加入ができないという制約があったんですが、それが取り払われ、2月1日からは新規加入や機種変更などの際にしか加入できない、というシステムに切り替わります。で、12月1日から1月31日までは移行期間ということで、自由に加入ができることになっています。つまり、2月以降に修理に出していたら全額負担するハメになるところだったわけです。それが今回、10,500円の修理費が無料になりましたんで、ラッキーだったな、と。ついでに言えば、これまで16ヶ月間は「あんしん保証パック」に加入してこなかったので、さらに約8,000円も浮いた計算になります。

しかし、月額500円は結構大きいですね。ケータイのローンが2年間ですから、仮にその2年間(24ヶ月間)加入し続けると合計12,000円。その間に1度だけ今回のような軽度の故障が起きたとすると、修理費が10,500円ですから、1,500円分損することになる計算です。もちろん、1度も故障がなければ12,000円分まるまる損します。現在の機種を使っている間はこのまま加入していようかと思いますが、今後どうするかは微妙ですね。softbankめ・・・考えたな。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/1051-2d550d00

トラックバック

コメント

[C1475]

>みずさま
この手のサービスというのは、加入していると何も起こらなくて、加入してないと何かが起こるっていう一種のジンクスめいたものがあるような気がして仕方ないですね。入るべきか入らざるべきか、結局は後になってからでないとわからないところが難しいですね。

>ほめさま
遅れがひどかった頃はいつも朝出かける前に時刻調整していたんですが、一度だけその時間帯に時刻調整をしてしまったことがありました。よくわかっていなかったとはいえ、反省しております。でも、おかげさまで今は元気に動いております。私もベルトが壊れるほど使い倒したいものです。
  • 2009-01-22 10:50
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C1474]

時計のカレンダー機能は夜8:00を境に動き出します。
なので、その時間帯にカレンダー調整や時刻調整をすると、時計の寿命を縮めることにつながります。

てことで、大事に使いましょうねぇ。

と、言いつつ、おいらのPRS200はベルトが壊れてしまいました(TT
ベルトだけ交換しようかと考えております。
  • 2009-01-22 08:58
  • ほめ
  • URL
  • 編集

[C1473]

私も今、安心パックに加入しようか迷っています。加入が有力。
壊れて、修理も高いしと新しいのを買うと、どんどんローンダブりますしね。。。
私も携帯も調子悪いので、月末に加入して、診てもらおうかなぁ。。。
  • 2009-01-22 00:48
  • みず
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム