Entries

たくみの里 概論 編集後記

「たくみの里」は以前訪れた時よりも確実に進化していました。目立ったところでは「マッチ絵の家」でしょうか。以前よりも内部が広くなっていて、ギャラリーと体験コーナーに喫茶スペースまでできていました。以前ここで買ったマッチ箱サイズの積み木セットはまだ売られていましたが、さすがにパーツが小さすぎるため、お鶴に買い与えるわけにはいきませんでしたね。あと、ちょっと寂しかったのは、「木織の家」だったかの前にあった水琴窟がなくなっていたこと。地味に好きだったんですが、あの音色が聞けないと思うと残念です。ちなみに、「木織の家」とは、“木と絹糸を、特殊な技術で織って、布にした製品を、展示・即売”している場所。個人的にはお気に入りのところなんですが、如何せん高くて手が出ません(そういえば、ここの2階の喫茶スペースも以前はなかったような気がする)。次の職が決まったら、ここで木織の名刺を作ってもらおうかなぁ、と密かに画策しております。「たくみの里」で一番渋いのは何といっても「急須の家」。桑の木で作った急須や湯飲みなんかを製作・販売してるんですが、他の家がどこも体験を売りにしているのに、ここだけは頑固一徹、見学販売のみという場所。でも、売られているものはどれも逸品ばかり。実際、木の急須ってすごく使い勝手がいいんですよね。軽いし、熱が手に伝わってこないから注ぎやすいし。ただ、やっぱりちょっと高価なんですけども。

「たくみの里」のイイところっていうのは、五感をフルに使って楽しめるところでしょうね。特に嗅覚。それぞれのたくみの家にはそれぞれの匂いがあります。一番それが実感できるのが「藍染の家」でしょう。一歩家の中に踏み込むと、その独特の芳香が歓迎してくれます(ダメな人には結構キツイ香りです。頭がクラクラして気持ち悪くなる人もいるかもしれません)。他には、革細工の家は革の、石画の家は石の、ドライフラワーの家は花の匂いがして、とても興味深いです。

また、GWの頃はちょうど花の季節でもあり、こちらもまた目にも鼻にも美しくてイイです。足元には菜の花、パンジー、チューリップ、ツツジなんかが咲き誇り、見上げれば藤に八重桜、そして花水木が飛び込んできます。特に里の上の方にある花水木はオススメですね。リンゴ畑にはリンゴの花も咲き始め、甘い香りを漂わせていました(彼岸花畑もあったので、満開の頃には大変美しいんだと思います)。ただ、里の上の方へ歩いて行く際にはくれぐれも覚悟していくように。のどかでいいんですが、思ったよりも坂道がキツイですので。

たくみの里:http://takuminosato.or.jp/

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/1156-690342bf

トラックバック

コメント

[C1558]

>みずさま
おかげさまで楽しい連休でした。お鶴もかなり刺激を受けたようで、誰かに遊んでもらうということと、誰かと一緒に遊ぶということを少々覚えたらしく、帰宅してからというもの、以前にも増して行動が激しくなりました(笑)

連休の疲れが抜けないまま仕事を迎えましたが、電車がバッチリ止まってくれまして、朝からヒドイ目に遭いました(この辺についてはまた後日詳しく書こうと思います)。私も連休中はちょっとノドが痛かったりしたんですが、今はなんとか回復しています。みずさまもどうぞお気を付け下さい。お古で申し訳ないですが、何かの役に立てば幸いです☆
  • 2009-05-08 00:04
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C1557]

おかえりなさい。ものすごくいろんなことがあって、とても楽しい連休だったようですね^^キジにも出会えてすごい!お鶴ちゃんも、たくさんの刺激を受けたことでしょうね。
荷物も運んで頂いてありがとうございました。まだまだお腹は出てこないですが、キツクしめると痛くなるので、緩い洋服はとてもありがたいです。私の分だけでなく、お姉さまの洋服もたくさんあるようで、本当にありがたく思います。お姉さまにもお礼メールしたいと思います。
また今日から平日ですね。気温が一定しないからか、みんな疲れが溜まっているのが出てくる時期なのか、周囲が風邪だらけです。主宰さんご一家も、くれぐれも大事にされてくださいね☆
  • 2009-05-07 18:30
  • みず
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム