Entries

町屋概論 5

そんなわけで、「町屋概論」と銘打っておきながら、既に町屋を飛び出し、都電の終着駅「三ノ輪橋」へとやってきた我々。しかしながら、隣町の東日暮里まで歩いてみても、ここで紹介できそうなネタが何もないという結論に達し、なんと、さらにこの街まで離れる決意をしました。近くのコンビニに入って地図を確認してみると、なんとか南千住まで歩いて行けそうな感じだったので、じゃぁ、行っちゃいましょうか!という極めて軽いノリで、我々はまたも針路変更。三ノ輪橋から南千住へ向けて歩き始めました。

と、その時でした。我々の前に、こんなお店が現れました。
















IMG_2736.jpg



すもも・駄菓子・景品・玩具









ん?









すもも!?















IMG_2736.jpg







確かに、「すもも」と書かれています。よりにもよって、なぜ「すもも」がトップバッターに?駄菓子屋の目玉商品といったところなんでしょうか。「あの駄菓子屋、すもも売ってるんだぜー」「え?まじ?行こうぜ!」みたいな。


(違うな・・・。)


そんな多田商店に南千住の恐ろしさを垣間見た我々は、それでも歩き続けます。すると、もうすぐ南千住というところまで来て、一台の都バスが走り抜けていくのが見えました。その行き先表示には、こう書かれていました。















亀 戸 駅

















次の瞬間、我々は亀戸行きの都バスに乗っていました。というのも、以前から亀戸も概論の候補地に挙がっていたんです(専ら私が主張していました)。じゃぁ、ここまで来たらもう行くしかないでしょうということで、概論初のバス移動です。















アラサー男子2名、並んで都バス乗車。

















そこはかとない寂しさがありましたね。。。

さて、そんなわけで、町屋から始まった今回の概論は、町屋-三ノ輪橋-東日暮里-南千住-亀戸という過去最大の行動半径でお送りすることになりました。しかも、最後はバス移動。もう、何でもアリになってきました。どうなっていくんでしょうか。さて、そんなことを思いながら歩く亀戸駅周辺。町屋や三ノ輪橋とは比べ物にならないほど都会的な街ですね。ビックリしました。なんだか久しぶりに高層ビルを見たような気になりました。

そんな亀戸で我々が目的地と定めたのが、かの有名な「はせがわ酒店」。日本酒好きなら一度は来てみたい憧れのお店。しかし、急遽決まったこの亀戸散策、事前に情報を仕入れていなかったため、捜索は困難を極めました。一時間以上歩いたでしょうか。もちろん、その間も何か他にネタがないか探していたんですが、残念ながら特に見つからず・・・。しかたがないので、ここで文明の利器、携帯電話を使い、ネット検索。数分後、地図のダウンロードに成功し、我々は再び歩き始めました。
















ま、そこからまた大胆に迷ったんだけど。

















だってさー、地図の南北が逆なんだもん。。。

しかし、地図をダウンロードしたのは正解でした。「はせがわ酒店」は亀戸駅からかなり離れた、およそ商店街とは言えないところにありました。こんな感じのたたずまいでした。
















IMG_2737.jpg







ぃゃぁ、すごいですね、このお店は。日本酒が好きなんだなぁというのが伝わってきます。決して広くはない店内なんですが、奥の方に一部屋、冷房がガンガンに効いたガラス張りの部屋があるんです。ぃゃ、冷房がガンガンに効いているなんていう生易しいものではなく、もう、その部屋そのものが冷蔵庫という感じでした。そこに、所狭しと色々な種類の(しかもどれも結構レアな)日本酒があって、私なんて、もうそれだけでテンション上がってしまいました。さすがに一升瓶を持って帰るのは重いので諦めましたが、小さめのを一本購入(詳しくは編集後記で)。積年の目標が一つ達成され、清々しい気持ちで外に出ると、我々のメガネは思いっきり曇ったという話です(気温差ですね)。<次回、編集後記へ続きます>
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/1224-0d5c7c89

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム