Entries

最近の彼女 12

私もようやく実家から自宅に戻り、嫁さんとお鶴も自宅に戻り、およそ一週間ぶりに再会を果たしました。お鶴は、私に向かって元気よく飛びついてくるかと思ったんですが、嫁さんの足元に隠れ、なかなかこちらへ近づこうとせず、イタズラな笑みを浮かべていました。抱き上げてからは態度を豹変させて、いつもの元気いっぱいのお鶴に戻りましたが、実はこの元気を取り戻すまでがとっても大変だったのです。嫁さんがお鶴をつれ、友人の結婚式に出席するために、私より一足先に帰って行ったその夜。お鶴、見事に発熱。38度を超える高熱でした。案の定、そのまま熱は下がらず、嫁さん、結婚式への出席を断念。なんとタイミングの悪い・・・。これじゃぁ、まるで看病するために戻ったようなもんです。まぁ、幸か不幸か、かかりつけの医者に診てもらえたのはよかったんですけどね。結局、「突発性発疹」というヤツでした(たぶん)。多くの赤ちゃんがかかる病気で、38度を超える熱が出て、それが少し落ち着いてくると、今度は発疹が出てくるというもの。通常は重症化することなく、そのまま発疹が消えて終わりなので、慌てふためくほどのものでもありませんでした。お鶴の場合、下痢も続いたんですが、それもよくあることのようで、問題なし。今ではすっかり元気になり、遊びまわっています。ただ、熱やら発疹やら下痢やらはまだいいとしても、それらのせいで不機嫌になって泣き叫ぶんですよね、赤ちゃんって。これがおそらく何より大変なんじゃないか、と。まぁ、私は電話でその激しい鳴き声をちょっと聞いただけで、その間は離れて暮らしていたので、詳しくはわからないんですけどね。でも、一緒にいたところで何もできないところが父親のツライところ。。。

そんなわけで、およそ一週間のブランクを経て再会したお鶴は、病み上がりのせいか少し痩せていましたが、基本的には元気いっぱい。ハイハイもほとんどしなくなり、二足歩行の足取りもしっかりしてきました。以前はちょっとした段差でも全く超えられなかったんですが、少しぐらいなら超えられるようになっていました。賢さもボチボチついてきたようです。お風呂で遊んでいた時のこと。おもちゃの浮き輪(ドーナツより一回りぐらい小さいやつ)が2つありまして、それでよく遊ぶんですが、お鶴がそれを両手に一つずつ持っていたその目の前に、私は試しに右手の人差し指を立てて出してみました。すると、お鶴は趣旨を理解したのか、浮き輪を私の指に見事に掛けて見せたのです。しかし、2つ重ねるのは気に入らないらしく、2つ目を掛ける前に、既に掛かっている方を外して放り投げ、それから両手を使ってまた浮き輪を掛けます。これを延々繰り返しました。そこで、ちょっと実験。お鶴のすきを見て、垂直に立てていた人差し指を水平にしてみました。さて、その後、お鶴はどうしたでしょう?そのまま水平に浮き輪を掛けてくる、と私も考えました。しかし、彼女は違いました。私の指をつかんで、垂直にたて直し、それから浮き輪を掛けたのです。これにはさすがに驚きました。悔しいので、その後、お鶴が浮き輪を掛けた後、外せないように人差し指を折り曲げてやりました。しかし、彼女はこのときも、私の指をつかみ、結構な力でまた指を垂直にたて直したのです。んー、1歳2か月ちょっとでここまで知恵がつくものなんですねぇ。面白い。

今日の写真は野菜の花シリーズ。上段はカボチャの花。驚いたことに、カボチャの花を好んで食べる虫がいるんです。名前は知りませんが、母曰く「どんな草花にも虫はつくのよ」とのこと。含蓄のあるお言葉です。下段写真はシシトウとナスの花。シシトウは強烈な芳香を放っていました。シシトウというより、完全に青唐辛子。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/1243-9f061444

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム