Entries

初めてのパン

我が家では、クリスマスの夕食を私が作り、ケーキを嫁さんが作るというのが毎年恒例になっています。それぞれが食べたいものをリクエストしあうんですが、嫁さんから今年出されたリクエストを実現させるためには、どうしても「パン」を焼かなければならないという事態に陥りました。はて、パンとは、一体どうやって作ったらよいのやら。調理実習でも経験したことのないジャンルのものですし、私の実家でも自家製のパンが出てきた覚えはありません(実は私が覚えていないだけかもしれないけど)。

そんなわけで、ネットでの下調べから始まりました。たくさんあるレシピの中から、一番簡単そうなものを選び、材料を買いそろえてきました。パンとかケーキとか結構苦手なジャンルなので、クリスマス本番の前に、ちょっと練習しておいた方がいいだろうということで、先日試作品を作ることになりました。

で、写真のが、それです。こぶし大のパンを半分にスライスして、サニーレタスとハムとゆで卵をサンドしてみました。イングリッシュ・マフィンのような感じになりましたが、まぁ、初めての割にはいい感じにできたんじゃないかな、と思います。余った生地を細く伸ばした後、渦巻状に巻いて、照り出し用卵を塗った後、黒ゴマを振りかけて焼くのも作ってみましたが、これもこれで想像以上にうまくできました。おかげさまで、嫁さんにも、お鶴にも好評でした。ただ、ちょっと塩味が強かったので、次に作るときは塩を少なめにしようと思います。そんなわけで、久々のGAIRON COOKINGのお時間です。
材料:強力粉300g、砂糖大さじ1.5、ドライイースト小さじ1.5、塩小さじ1.5(0.5ぐらいがちょうどいいかも)、お湯+卵半個分=200cc、バター30g、残りの卵半個分(照り出し用)

1.バターと照り出し用卵以外の材料を全部混ぜる。
2.ひたすらよくこねる。最低でも15分。途中で挫折したら負け。
3.バターを加えてさらに5分以上、もう、むちゃくちゃこね回す。
4.生地としてまとまってきたら、ボウルに入れてラップをかける。
5.40℃に設定したオーブンの中に入れて1次発酵60分。
6.一度取り出して、ガス抜き(パンチ!)。
7.6等分して丸め、布やラップをかけて生地を休ませること10分。
8.40℃に設定したオーブンの中に入れて2次発酵30分。
9.取り出して、オーブンを200℃の予熱にしておく。
10.その間に、形を整え、照り出し用卵を表面に塗る。
11.200℃のオーブンに投入して、様子を見ながら焼くこと15分から20分。
本来なら全粒粉がいいということだったんですが、残念ながら近くのスーパーには置かれていなかったので、強力粉で代用。「強力」というだけあって、生地を練り上げるのも一苦労でした。本当にこれ、ちゃんと一つにまとまって生地になるの?って疑いたくなるぐらい、手へのまとわりつき方がハンパありませんでした。バターを入れてから、またその生地の感覚が変わりますので要注意。特に、バターは事前に常温に戻しておくのがいいですね。そうしないと、こね回す時間が異常に長くなってしまいます。発酵の温度設定はもう少し低くてもいいみたいです(32℃前後)。ただ、うちのオーブンは40℃が最低だったので、そこまでできなかったというだけの話です。焼く時も、380℃ぐらいで一気に焼いても良いみたいです。これも、うちのオーブンではそこまでできなかったというだけの話で・・・。ただ、くれぐれも焦がさないように、様子を見ながら加減して下さいね。

発酵させている間は片付けや、中にはさむ具の準備などをしていられるので、結構楽でしたね。ただ、生地を作るのが想像以上に重労働。慣れないと余計に大変です。どのぐらいまでやればいいのか、目標が見えないので、まさに手探り。でも、1度経験してしまえば、後は大丈夫ですね。次はもっと美味く作れるんじゃないかと思います。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/1360-8492e20b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム