Entries

コラム:野菜の行く末

昔から、何をもって野菜とし、何をもって果物とするのか、というのは議論の的になっていると思います。草になるのが野菜で、木になるのが果物、という園芸学上の分類に従えば、イチゴもスイカもメロンも野菜です。しかし、調理しておかずになるのが野菜で、そのままでデザートになるのが果物、という生活的な分類に従えば、どれも果物です。また、種を含んでいるのが果物で、そうでないのが野菜、という分類もあります。もっともらしく聞こえますが、これに従うと今度は、トマトは果物になり、バナナは野菜になります。もう、こうなってくると定義のしようがなく、便宜上、主観的な分類をせざるを得なくなってくるわけです。実際、ユズやスダチなど、植物学的にも生産統計上も果物なのに、流通上は野菜扱いを受けているものもあります。

今後、野菜と果物の区別はますます難しく、曖昧なものになっていくのではないでしょうか。最初(原種)はそれほど甘くはなかったスイカやメロンが、品種改良によってどんどん甘みを追求していった結果、今日の甘さにまで至り、遂には果物の扱いを受けるまでになったように、今、トマトがその進化の過程にいます。まだ野菜としての認知の方が高いと思われますが、そのうちスイカやメロンのような扱いになる日がやってくるかもしれません。

トマトだけではありません。他にもサツマイモ、カボチャ、トウモロコシなども甘み追求の過程にあります。彼らは一体どこを目指しているんでしょうか。何になりたいんでしょうか。野菜としてのプライドはもうないのでしょうか。もちろん、焼き芋や芋ようかん、パンプキンプリンにコーンスープ、さらには、最近注目を浴びている「野菜スイーツ」など、確かに素材自体が甘い方が良いものもあります。しかし、天ぷらの場合はどうでしょう。逆の進化はあり得ないのでしょうか。天ぷらだけではありません。「生ハムメロン」、「酢豚のパイナップル」、「冷麺のナシ」、「サラダのリンゴ」のように、甘さがかえって邪魔になるようなものもあるでしょう。原種に近い、甘さ控えめの野菜や果物もまだまだ捨てたものじゃないはずです。

そうなると、今後は甘みを追求し、より果物あるいはデザートに近づこうとするものと、そうでないものと、野菜は二極化していくのかもしれません。何百年後の未来の市場では、ピーマンが果物扱いを受けている可能性も否定できませんし、メロンが野菜扱いに戻っている可能性だってないとは言い切れません。

ましてや遺伝子組み換え技術がどんどん洗練されていき、あらゆる野菜に自在に甘みを加えることができるようになれば、「野菜スイーツ」という言葉も意味をなさなくなるでしょう(イチゴを野菜ととらえれば、既に意味はないのかもしれませんが)。ただし、健康への問題はもちろんのこと、天然のものと遺伝子組み換え済みのものが万一交配してしまったりすれば、どんな害があるかわかったもんじゃありません。このあたりは慎重に取り組んで頂きたいものです(青いバラが実現したのには、花粉がなく、交配の心配がないからという一面もあるそうです)。

とはいえ、人は「分類」で食べているわけではありません。メロンやイチゴが野菜だろうが果物だろうが、美味しければ食べますし、不味ければ食べません。それも主観です。ですから、許せないとは思いつつ、酢豚も冷麺も食べているわけです。人間って勝手ですね。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/1387-c0fa6baf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム