Entries

父の見た動物園

そんなわけで、私と嫁さんも、自分の娘を動物園に連れてくる、というのはもちろん初体験でした。親になって来てみると、それまでの自分とはまったく別の視点を持っている自分に気付かされます。当然のことですが、園内での行動は全て子ども中心。我が子が何を見たがっているのか、我が子に何を見せたいのか、何が気に入らないのか、トイレはどこか、オムツはどうか、食事は、、、などなどなど。それまでの自分にはなかった考えが次から次へと。落ち着いて自分のためにじっくり動物を観察するのは、もう当分できないんだなぁ、という一抹の寂しさは確かにありました。まぁ、子どもがもっと成長して、動物に大いに興味を持ってくれるようになれば、話は別なのかもしれないですけどね。今回のように「こわい、こわい」を連発されてしまっては、もうどうしようもないわけです。本当はもっとゆっくり両生類と爬虫類を観たかったんですけど。
 ただ、大きな収穫はありました。意外に園内の食事がイケますね。私はハンバーガーを食べたんですが、想像していたよりはかなり美味しかったですよ。添えられていたポテトも上々。さすがに専門店には劣りますが、その辺のチェーン店と比べるのなら遜色ないんじゃないでしょうか。ただ、焼きそばはオススメできません。お鶴(麺類大好き)が食べたがったので与えてみたんですが、ほとんど食べませんでした。もともとお腹の調子が優れず、食欲もそれほどなかったんですが、それを差し引いても食べてくれませんでしたね。後で私も食べてみたんですが、油っぽさがかなり目立ってしまっていました。残念。これは子どもにはキツイかも(ぃゃ、大人にもキツかったですが)。

子どもと来て良かったなー、と思えたのは、モノレールに乗れた瞬間でしたね(どっちが子どもだ、というツッコミは甘んじて受け入れます)。一度は乗ってみたいとは思っていたものの、大人だけで乗るのはどうしたものか、と気が引けていました。ま、どうってことはなかったんですが、お鶴は気に入った様子でした。東園から西園に向けて乗っただけだったんですが、お鶴は帰りも乗りたがってました(うまくなだめすかして回避しましたけど)。それにしても、あのわずかな距離と時間だけで150円はちょっと高いなぁ。せめてあと50円安くしてくれないかな。
 それ以外に我々一家が共通して楽しめたのが「タテガミオオカミ」。キツネのようにとがった大きな耳と、オオカミの名を冠しているわりには長すぎる脚が特徴。曰く、キツネでもなければオオカミでもないという、大変珍妙な動物なんだそうです。この一種だけで、イヌ科のタテガミオオカミ属を形成しているんだって。お鶴は「かっこいい」と言って食い入るように見てました。これだけは、私も落ち着いて観察できました。長時間動かないことで有名な「ハシビロコウ」の近くにいますので、上野動物園にお越しの際は、是非、見に来てやって下さいね。私のイチオシの動物です(写真は撮ってないけど)。

総じて思ったのは、子連れの場合は一家族で来ない方がいいなぁ、ということ。できれば、他の家族と行くのがベストですね。その方が大人も子どもももっと楽しめると思います。どなたか、今度一緒に行きましょう。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/1515-53675f0e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム