Entries

両国概論 3

両国の新しい一面を発掘した我々は、両国駅の南側の探索を終え、北側へ向かっていました。その途中、「足袋資料館」なるものがあるということを観光案内地図で発見し、そこへ立ち寄ってみることに。数分後、確かにその地図では「足袋資料館」があるはずの場所に辿り着いたんですが、それらしきものが見当たりません。おかしいなぁ、と思いながらもよくよく探してみると、大丈夫、ちゃんとありました。ありましたけど・・・





















IMG_4272.jpg

足袋屋の一画だったとは・・・。
(写真右のショーウィンドー部分です)






















どちらかと言えば「展示室」レベルです。由緒ある足袋屋さんなんでしょうけど、それはそれとして、「資料館」と呼ぶにはあまりにも小さすぎるかな、と。近づいてみると、そこには主に過去の横綱に贈ったものと同形と思われる足袋(の足形)が展示されていました。千代の富士に双葉山、大鵬に雷電。ジャイアント馬場さんのものもありました。まぁ、長くても滞在3分と言ったところでしょうか。無料で見られるのはイイですけどね。

さて、そんなまさかの資料館を後にした我々は、両国駅前の商店街を抜け、駅の北側へと侵入。国技館を横目に見ながらその隣にそびえる「江戸東京博物館」へと向かいました。江戸と東京、400年の歴史と文化を目の当たりにできる大変素敵な博物館です。両国と聞いて、実は私はまずここを楽しみにしていたんですが、Ф少年もそれは同じ気持ちだった模様。しかしながら、、、





















IMG_4276.jpg


想定外の臨時休館!






















ぃゃ、そのぐらい事前に調べとけよ、ってのはもちろんなんですが、週末やってないわけないだろうという思い込みが先行してしまい、調べることすら忘れておりました。公式HPによりますと、例の震災の影響により、『空調設備等の一部に不具合が生じ、修繕のために、現在全面的に休館』とのこと。再開は5月1日から(1階の一部施設では4月29日から)ということでした。このGWには間に合うということのようですけど、残念ながら我々は中に入ることはかないませんでした。皆さんも、江戸東京博物館にお越しの際は、必ず開館日をチェックしたうえでお越しください。

→江戸東京博物館:http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

あわよくば、ミュージアムショップだけでも、と思ったんですが、それすら叶わず。まぁ、事情が事情なので仕方ないですけど。そんなわけで、失意の底に沈んだまま、我々は次の目的地に向かいました。このあたりは色々と見るべきところもたくさんありまして、この博物館が見られなくても大丈夫。すぐ近くには、あの「旧安田庭園」があります。元禄4年(1691)、下野足利藩主 本庄氏の下屋敷として作られたのが始まりという、由緒正しい庭園です。





















IMG_4279.jpg

想定外の臨時休園!






















例の震災により、園内の一部が損壊したとのことで、現在復旧作業が行われているようです。いずれ近いうちに開園されるのでしょうが、まさかこんなところにまで影響が出ているとは考えもしませんでした。

その後、お茶でも飲んでから次の目的地を目指そうかということになり、駅前で入手した観光マップを頼りに近くの喫茶店まで歩き、辿り着いてみたら、、、





















CLOSED !!






















仕方ないので別の喫茶店に行くも、見事に





















CLOSED !!






















その次も





















CLOSED !!






















もうね、三時のお茶だというのにね、





















両国に見放された三十路男性2名の惨事。






















ぃゃ、惨事じゃなく珍事かな。こんなにも街に歓迎されなかったのは初めてじゃないでしょうか。それでも、歩き続け、観光マップに出ていないお店を何とか探し当てることができました。こちらの素敵なお店です。





















IMG_4285.jpg

Cafe JiVE : http://cafe-jive.com/






















概論にそぐわぬ(?)オサレなお店でしたが、こちらでもやっぱり頼んだのはコレ!





















IMG_4284.jpg

コーヒーフロート!






















いつからでしょうかね、カレーと並んで概論の定番になりつつあります。こちらのコーヒーフロートも大変美味しく頂戴致しました。500円でした。ちなみに、他にもとても美味しそうなケーキだとか、オムライスだとかもありましたので、オススメしておきます。

さて、我々はこの後、両国を出ることになるのですが、その前に実はある場所を訪れていたのです。<次回に続きます>
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/1898-e4edffec

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム