Entries

両国概論 4

両国で三時の休憩をする前に、私とФ(エフ)少年はある場所を訪れていました。そこには江戸東京博物館と同じぐらい行っておきたい場所でした。それがこちら!





















IMG_4280.jpg

東京都慰霊堂です。

http://www.tokyoireikyoukai.or.jp/




















思いっきり裏側から撮った写真ですが。






















ま、その辺は気にせずに表に回ってさっそくお参り。この慰霊堂は「関東大震災」と「東京大空襲」などによる震災と戦災で亡くなられた方々のご供養のために建てられたものだそうです。今年3月11日の「東日本大震災」を受けて、直接被災地には行けなくても、何かできることはないか、過去の事例から何か学べることはないかと思い悩んだ末の訪問でした。同じような考えを持っている人は少なくないようで、多くの人が訪れていました。もちろん、今回の震災の被災者の慰霊・供養のために、300円でお札を奉納することも可能です。我々も復興の願いを託し、お祈りを捧げておきました。

ちなみにこちらは「空襲犠牲碑」。





















IMG_4282.jpg

「東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑」が正式名称。






















斜面に咲くきれいな花は生命の象徴だそうです。まさに。それから、また写真を撮り忘れたんですが、ここには「復興記念館」というのもあります。震災・戦災の遺品や当時の様子を伝える絵や写真、復興後の東京を表現した模型など、様々な資料が展示されています。非常に生々しいです。今回の「東日本大震災」の後も、きっとこのような慰霊堂や記念館が建てられるのだろうなぁ、などと思いながら全ての展示品を見て回りました。まだまだ復興への道のりは遠いのかもしれませんが、なんとか乗り越えてまた新しい街が開けることを願って止みません。

そんなことを考えながらこの復興記念館を出たところで、「Twitter」でつぶやくの忘れてた!と思いだしてようやくつぶやきはじめたのはここだけの話です。正午から始めると言っておいて、実に2時間以上経過してました。

さて、この後あちこちの場所で閉鎖や閉店の憂き目に遭い、やっとの思いでお茶をした我々は遂に両国を脱出。錦糸町方面に向けて歩きだしました。本来なら両国だけで概論をやって、最後はちゃんこ鍋で締めたかったんですけど、あちこちで閉め出されてはそれも叶わなかったわけです。そんな失意とともに歩いた先に待ち受けていたのが、こちらでした。





















IMG_4283.jpg

なぜか亀に乗る徳川家康公。






















浦島太郎的なことかと思ったら、全くそういうことではなく、この亀は「亀趺(きふ)」と言って、ちゃんと意味があるんだそうです。まぁ、興味のある方は下記のリンクをご参照ください。

東アジアの亀趺:http://edo.ioc.u-tokyo.ac.jp/edomin/edomin.cgi/kihu/index.html

その後、錦糸町へ向かう途中の公園で開催されていたのが「ガラス市」。東京でガラス市と言ったら、もちろん「江戸切子」ですね。こちらでももちろん江戸切子の器を中心に展示・即売されていました。例の美しい模様が刻まれていないものは数百円で購入できますが、本物の江戸切子となると、そこにゼロが2つほど付きます。これで日本酒を飲むと最高に美味いんですが、貧乏人の私にはとてもじゃありませんが買うことはできません。買えるとしたら、こちらが限界でしょうかね。





















IMG_4289.jpg

まさかのビーカー登場。






















他にも試験管や試験管立て、シャーレやメスシリンダー、フラスコなどなど理科の実験マニアにはたまらないお宝がたくさんありました。どれも大変お買い得でしたよ!・・・ぃゃ、買いませんでしたけどね。

そんなガラス市を後にして、ようやく錦糸町入りを果たした我々。公園で一休みした後、新たな街の探索に出掛けます。そして出会ったのがこれでした。





















IMG_4293.jpg

おいてけ堀のカッパ像。






















「おいてけぼり」とか「おいてきぼり」という言葉がありますが、こんな伝説があったとは三十路を越えて初めて知りました。ぃゃ、お恥ずかしい(ひょっとしたらどこかで聞いたことがあったのかもしれませんが、忘れていたので同じことですね)。要は、お堀で魚釣りをしていたら非常に良く釣れて、夕方頃帰ろうとしたら、どこからともなく「置いてけ、置いてけ」という声がしてきた、と。で、慌てて逃げ帰ったら、かごの中にたくさん入っていたはずの魚が一匹もいなくなっていた、と。まぁ、そんなような話。色々と異なるバージョンはあるようですが、大筋はこんなもの。で、この錦糸町ではそれがカッパの仕業だとしているようです。

そんな素敵な錦糸町に踏み込んだ我々。日も傾きはじめた頃、事態はさらにここから急転するのです。<次回に続きます>
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/1899-bc81a812

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム