Entries

両国概論 5

そんなわけで、両国を抜け出し、錦糸町にやってきた我々。錦糸町という名前の由来は、前回の記事でも紹介した「おいてけ堀」なんだそうですね。正しくは「錦糸堀」というんだそうで、そこから錦糸町という名前が付いた、と。両国と比べると高層ビルが乱立し、昭和の大都会といったイメージ。まぁ、ちょっと外れると風俗街があったりして、我々もそれと知らずに迷い込み、客引きを受けたりしてちょっと焦りましたが、なかなか入り組んだ複雑な街のようです。ただ、駅の北側にも南側にも大きな公園があるのが実にイイです。特に南側の「猿江恩賜公園」は大きくて広々していていいです。





















IMG_4295.jpg

総面積は約145,000平方メートル!






















元々は徳川幕府の貯木場だったんだそうです。その後、明治政府へと引き継がれ、それが公園になった、と。だからこれだけ広い上に「恩賜」という名前が付いているんですね。なるほど、公園に歴史あり、です。

さて、そんな広々とした公園でしばしの休息を楽しみつつ、この後どこへ向かうか考えました。本来なら錦糸町駅周辺をもう少し探索すべきなんでしょうが、実はここに至る前から気になっている場所があったのです。前回の記事に登場した「ガラス市」の全景写真をご覧頂くとすぐにお分かり頂けると思います。こちらです。





















IMG_4288.jpg

真ん中のアレです。






















もう、嫌でも視界に入る「東京スカイツリー」。気になって気になって仕方ないわけですよ。そして何より、この巨大な電波塔があるのは「押上」。押上と言えば、実は過去に「押上概論」が行われた場所でもあります。いずれ概論で訪れた街を再び訪れるときが来るだろう、と。そしてその時は「概論」ならぬ「演習」だな、なんて冗談を言っていたこともありましたが、まさかその第一弾がここ「押上」になるとは我々も思いもしませんでした。

まぁ、そんなこと言いながらも、





















IMG_4299.jpg

結局 来ちゃいましたけど。






















錦糸町から歩きに歩きました。でも、目標が実にはっきりしているので、それほど疲れは感じませんでしたね。さて、当のスカイツリーは震災にも負けず、既に高さは634mに到達。建設真っ最中のお膝元は、東京タワーとはまた違った風景が広がっていました。東京タワーは、裾が四方にドワッと広がる感じですが、スカイツリーは足元までシュッとしてます。実にスマート。見物人も多数おりました。

さて、そんな押上。スカイツリーを見ながらビールでも、なんていう粋なお店を探そうとも思ったんですが、気づけば「押上概論」のときと同様、そのまま浅草方面へ流れていました。





















IMG_4306.jpg






















IMG_4307.jpg






















そんなわけで、両国からスタートした今回の概論は、錦糸町、押上、浅草と「コ」の字型に移動しました。国技館、恩賜公園、スカイツリーに浅草寺。ランドマークを巡る概論だったと言えるでしょう。気が付けば実に王道。総移動距離は体感でフルマラソンぐらいでしょうか(走ったことないからわかりませんけど)。さすがにその日のうちに筋肉痛が来ましたね。軽い脚の痛みとともに、反省会会場に辿り着いた頃には日も暮れていました。

こうして、今回の概論は浅草で幕を閉じました。本編はここでおしまいですが、ここまでの流れの中でどうにも入れられなかったエピソードがありますので、次回、番外編としてご紹介したいと思います。<次回に続きます>
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/1900-ee7e01d1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム