Entries

世田谷線概論 2

iphone_20110726221908.jpg先手を打たれるまさかの展開に衝撃を覚えつつも、なんとかカレーからのスタートを切った今回の概論。いざ街へと繰り出す段階になりました。「松陰神社前」ですから、まずはその松陰神社を目指しつつ、商店街を歩くことにします。そこで最初に出会ったのが、こちらのお店「小川屋」さん。この界隈では割と名の知れたお店のようです。おでんの具材を主に取り扱っているお店ですが、もちろんその場で食べることもできます。私はシャレの効いている「松陰ジンジャー」を購入してみました。簡単に言うと、一口大のさつま揚げで、紅ショウガのアクセントが特徴です(これが「ジンジャー」なわけですね)。ちょうど揚げたてを食べることができたんですが、これは美味しいですね。オススメです。この段階でビール飲みたくなってきます(笑)ちなみに、概論大臣Ф(エフ)少年は、これもまた美味しいと評判の「はんぺん」を注文。こちらも自家製なんですが、店頭には出ておらず、奥の冷蔵庫に入っているので、注文の際はお店の方に聞きましょう。で、このはんぺん。夏に食べ歩くというのも、実はかなり乙であることがわかりました。味はもちろんのこと、冷やしてあるので非常にさわやか。しかもヘルシー。ただ、量が多いので、3人で1つ食べるぐらいがちょうどいいかもしれません。松陰神社前ではんぺんを食べ歩きするカップル、いいじゃないですか。まぁ、今回はオッサン二人でしたけど。

そう言えば、大臣は「鳥なんこつ黒胡椒」も買ってたような気がするけど、アレ、どうなったんだろう・・・?

そんな素敵な松陰神社前商店街をしばらく行くと(途中、お肉屋さんのコロッケもすごく美味しそうでしたが、腹具合を見て敢え無くスルー)、駅名にもなっている「松陰神社」が現れました。












IMG_4471.jpg











かの有名な、吉田松陰先生がまつられている神社ですね。初めて訪れたんですが、なかなか良いところですね。夏場は涼しくてさらに良し。手水を済ませ、松陰先生に御挨拶。











IMG_4472.jpg











大変恥ずかしながら、訪れて初めて知ったんですけど、松陰先生は30歳(満29歳)で亡くなられているんですね。あの有名な肖像画からすると、とてもそんなに若くは見えませんので(失礼)、漠然と50歳ぐらいで亡くなったのかというイメージをお持ちの方が多いかと思われますが、なんと、非常に若くして亡くなられております。私より年下です。それにもかかわらず、後の総理大臣など、多数の人材を育成しているというのですから、本当に驚きです。私も見習わないといけませんね。











IMG_4476.jpg











ちなみに、こちらが松下村塾。もちろん本物ではなく、再現されたものです。意外に小さくて驚かされます。6畳間と8畳間だったかな。うちより狭いです。ちなみに、東京にはここの他に玉川学園(町田市)にも模築があるそうです。さらに、山口県の各所、秋田県の大館市にもあるんだとか。どこかの学習塾ばりに全国展開してますね。

ちなみに、神社の奥の方には松陰先生のお墓もあり、そちらにも手を合わせておきました。また、境内にある灯篭には「伊藤博文」やら「山縣有朋」やらの銘が刻まれており、それもまた見どころの一つ。ここに来たら、是非自分の目で確かめてみてくださいね。

そうそう、神社と言えばやはりおみくじ。私も引いてみたんですが、今回は「吉」でした。非常に平凡でして、「学問」のところを見ると「努力すればよろし」とあり、「願望(ねがいごと)」のところには「心長くして騒がねば時いたりて叶う」とあります。要は、やるべきことをちゃんとやり続ければ結果が伴う、と誰でも言えるような結果でした。ただ、「恋愛」には「今の人が最上 迷うな」とあり、さすがは松陰先生、見る目がある、などと妙に納得したり(笑。あ、誤解のないように言っておきますが、決して「迷う」ことはありませんので)。

一方、大臣。やってくれますね、見事に「大吉」でした。しかも、「恋愛」のところがとてもイイですよ。





















表面だけよく用心せよ






















表面だけ??






















中身は完璧な人が現れるということでしょうか。それとも、言動にだまされるなということでしょうか。はたまた、自分の身だしなみに気をつけろということでしょうか。いろんな解釈ができて、困ります。さすがは松陰先生。大臣にも幸多かれ。

そんな素敵な松陰神社を満喫した我々は、次の目的地に向かって再び電車に乗ることにしました。<次回に続きます>

松陰神社:http://www.shoinjinja.org/
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/1957-f6230a60

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム