Entries

世田谷線概論 編集後記

iphone_20110808002420.jpgいかがだったでしょうか、真夏の概論。今回は世田谷線沿線ということでしたが、皆様、お楽しみいただけましたでしょうか。いつもより更新のペースが遅く、しかもじっくりと更新している時間もなかったために、これまでの概論とはまた少し趣が違った感もあったかもしれませんが、そのあたりはどうぞご了承頂ければと。

当日は台風がイイ感じに過ぎ去ってくれたおかげで、暑過ぎることもなく程良い天気のもとで歩くことができたのが非常に嬉しかったですね(それでも歩いてるとかなり暑かったですけどね)。35度以上になることも覚悟していたんですけど、杞憂に終わって安心しました。また、「納涼」というのも一つのテーマに掲げていたんですが、実はそれも体現できたので、非常に満足しています。既に書きましたように、今回は「松陰神社」「豪徳寺」「世田谷八幡」と、軽く寺社巡り的な面もあったわけですが、その境内はどこも一様に涼しく、大変清々しかったですね。

いつもなら、移動は基本的に徒歩のみなので、それにかなりの時間をとられてしまい(前回の両国概論なんて、歩き過ぎて翌日筋肉痛がひどかった)、途中のコーヒー休憩も15分ほどで終わってしまうんですが、今回は電車移動が計4回もあったので、それだけ時間を節約できたためにその分を休憩に回すことができました。コーヒーフロートを飲みながら、じっくりとくだらない話をするのもなかなか面白かったですね。

さて、そんなことを話しながら反省会を行ったのは、「海晴亭」というお店。以前、「トラピストビール」なるものを飲んだという記事を書きましたが、それがここです(ただし、場所は下高井戸ではありませんでしたが、ここ下高井戸でも飲めるようです)。今回は、ベルギーの白ビール「ヒューガルテン(Hoegaarden)」を発注。しかも特大グラス!(写真参照)片手で持つのは不安なぐらいの重量があります。特大だけあって、お値段もそれなりに特大なんですが、これだけで2時間近く楽しめますので、結果的に考えると、決して高くはないですね。グレープフルーツのようなさわやかな味わいが特徴です。海晴亭にお越しの際は、是非注文して欲しい逸品です。お料理も色々ありまして、どれも美味しいです。名物のたこ焼きはもちろん、他にもあれこれ食べました。今後の更新で写真を掲載していく予定ですので、どうぞお楽しみに。

iphone_20110808003931.jpgそんな、素敵な海晴亭で食欲を満たした我々は、もう一軒、バー的なところで飲もうじゃないか、となったんですが、ここからが大変でした。iPhoneを頼りに探し出した1軒目は、そこから歩いて5分程でしたが、音楽的なセンスが我々と合わなそうな感じが漂っていたので却下。続く2軒目はさらにそこから歩いて5分程のところにあったものの、中にはなぜか誰もおらず。完全予約制なのかなんなのか。声をかけても誰も現れず、しばらく待ってみてもやはり誰も現れなかったので、諦めて外へ。そして探し出した3軒目は、なんと、先程まで飲んでいた海晴亭の隣にあったという・・・。

なんだか無駄に歩きまわってしまいましたが、結果的には大変素敵なバーでした。「CHOCO BAR」というお店なんですけど、その名の通り、手作りチョコがとっても美味しいです(写真参照)。下高井戸では「海晴亭」から「CHOCO BAR」への流れを概論推奨コースとしたいと思います(笑)

さて、そんな感じで幕を閉じた今回の概論。総じてスムーズに展開し、かつ、とてもイイ散策コースだったのではないか、ということで落ち着きました(まぁ、出だしこそアレでしたけど。苦笑)。付き合って4,5年経過して、もう遊園地やら水族館やらに行くような関係でもないしなぁ、というような、少し落ち着きのある大人のカップルなんかに歩いてほしいイメージですね。もちろん、単に街歩きというエンターテインメントとして捉えても、実に魅力のある場所だと思います。皆様も、是非、世田谷線沿線を歩いてみてはいかがでしょうか。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/1963-a68b34d8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム