Entries

谷根千概論 2

そんなわけで、千駄木のカレーで一気にテンションの上がった我々は、ここでJR田端駅方面を目指して歩き出しました。谷根千なのに田端?とお思いの方も多いでしょう。確かに、一見したところ谷根千とは言い難い場所かもしれません。しかしながら、ギリギリ圏内。というのも、ここには「谷中七福神」のうち「福禄寿」がまつられているんですね。

「谷中七福神」というのは、私も今回初めて知ったんですが、約250年前に始まった江戸最古の七福神なんだそうです。つまりは江戸時代の人たちの娯楽の一つとして誕生したということでしょうねぇ。そんな歴史に思いを馳せつつ、その道のりを追ってみるのも面白いのではないかということで、今回は七福神巡りをしつつ谷根千を散策してみようということで落ち着いたわけです。

で、七福神の内の「福禄寿」がまつられているのがJR田端駅の近くの「東覚寺」。ちなみに、福禄寿とはそのまま「福」「禄」「寿」を具現化した存在で、背が低く、長い頭で、巻物が付いた杖を持っている姿で描かれることが多いそうです。ちなみに、「福」は幸福というよりは直系の子宝に恵まれるというような意味で、「禄」は財産、「寿」は長寿にそれぞれ恵まれるとのこと。まぁ、つまり、とても縁起の良い神様なんですね。ちなみに、東覚寺のHPによると、谷中七福神の福禄寿は「人望」の神様とのことです。

そんな東覚寺は、こんな感じでした。





















IMG_4579a.jpg


東覚寺自体は左側の方ですケド。




















有名なのは福禄寿だけじゃないそうで、「赤紙仁王」でも知られているのだとか(写真中央の赤い紙が貼られた像)。自分が病んでいる部分と同じ部分に赤い紙を貼り付けると、良くなると信じられているとか。で、良くなったら草履を奉納するんだそうです。病人を見舞うために日夜歩き回るから、さぞかし草履が必要だろうということで納められるようになったのだとか。なかなか興味深い話ですね。

さて、そんな東覚寺からスタートしたこの七福神巡り。で、当の福禄寿の像はどこに?と思って境内を探してみると、こんな情報が。





















巡礼期間:1月1日~10日





















驚異の10ヶ月遅れ!





















ぃゃ、むしろ2ヶ月早かったと言うべきか。

そんなわけで、そのお姿を目にすることはできないとわかりつつも、次の七福神に会うために再び歩き出した我々なのでした<次回に続きます>
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2007-9a717207

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム