Entries

子連れ概論 夢の国編 9

アンバサダーホテルにて、幸運にも予約無しからのシェフ・ミッキーへの潜入に成功した我々。朝からすっかり魔法にかかり、お腹いっぱい夢いっぱいとなった後は、ホテル内のおみやげ屋さんでいくつかおみやげを購入しました。なかでも、どうしても今回買いたかったのが、写真のお箸。以前使っていたものも、夢の国で買ったものだったんですが、結構傷んできたので、そろそろ新調しようと思っていたのです(これも今年のテーマ「新」の一環です。あ、箸置きは無印良品のヤツです)。グリップ部分は丸いんですが、先端にいくに従って四角くなっており、食べ物がつかみやすくなっているのが最大の特徴です。非常に使いやすくて気に入りました。ちなみに、一膳1,000円でございます。

そんなわけで、おみやげを手に入れた後は、荷物を整理してチェックアウト。専用のシャトルバスに乗り込み、いざ夢の国へ!宿泊者は特別に開園の15分前に入場できるんです。だからといって、どこでも行けるわけではなく、そこそこ制限があります。動けるのはワールドバザールとファンタジーランドの一部(時期により変わるようです)。利用できるアトラクションは「ミッキーのフィルハーマジック」のみ。でも、広場で優先的にお目当てのキャラクターと写真を撮れますし、入れないエリアのギリギリで待機しておいて、開いたとたんにダッシュしてお目当てのアトラクションにすぐに乗るという技も使えます。15分しかありませんが、思い思いの使い方をすれば、より効率的に夢の国を満喫できるというわけですね。

我々の場合、まずはコインロッカーで荷物を預け(これも15分前だからこそ確実に、しかもガラ空き状態で利用できるってわけです)、そのまま素直に「フィルハーマジック」へ向かいました。ここは私も嫁さんも、もちろん娘も初体験。私が絶対的に行っておきたかった場所なので、好都合でした。・・・で、待ち時間ゼロで中に入りまして、さっそく体験したわけですけども、ここ、イイですね。3Dっていうのはこういうのを言うんだな、という気がしました。電気屋で3Dテレビを見たときは、全くと言っていいほど感動しませんでしたが、これはスゴイです。全くの別物。視覚はもちろん、聴覚、嗅覚、触覚まで刺激されます。最後のオチも見事。大音量にビビっていた娘も、お気に入りのキャラクターたちが次々出てきて、気に入ってくれたようです。前日の積雪の中の行軍と違い、最初から絶好調です。

さて、外に出ると、もう一般の開園時間も過ぎていたようで、他のアトラクションも開放されていました。我々の次のターゲットは「プーさんのハニーハント」。これは娘に見せておきたかったものです。でも、人気のアトラクションですから、ファストパスをとってから・・・なんて思っていたんですけど、なんと、待ち時間15分。じゃぁ、もう乗っちゃおう、というわけでそのまま列に並び、無事に目的を果たすことができました。娘の反応はというと、途中までは良かったんですが、暗がり(プーさんの夢の中)は少し怖かったようで、総合的には微妙だったようです。私も既に何度か体験しているアトラクションですが、何度乗っても「はちみつ大砲」のところに当たらないなぁ。。。

お次は定番「イッツ・ア・スモールワールド」。冬場は暖かくてイイですね(ぃゃ、冬場じゃなくてもイイですけど)。娘も喜ぶかと思ったんですが、ここはむしろ怖かったようです。まぁ、確かに、あれだけの数の人形ですからね、ちょっと怖いかも。ミッキーやドナルドがいるわけでもないですし・・・。そんなわけで、ここまできて少しテンションが下がってしまった様子。次は「ピーターパン空の旅」に向かったんですが、あまり気が乗らないようです。待ち時間も30分ほどあったので、どうなることか心配したんですが、並んでいる間、アトラクションの外にフック船長やスミーが見えたこともあり、だんだんテンションが上がってきたようで、最終的には大変満足してくれたようです。ピーターパンはDVDで何度も見ているので、本人もその世界観を楽しめたんでしょうね。ここは当たりでした。

次に目指したのはトゥモローランドでのショー「ワンマンズ・ドリームII」。開演10分前にたどり着いたんですが、抽選もなく余裕を持って座れました。私も初めて見たんですが、なかなか良かったですね。娘も大変気に入ってくれたようです。惜しむらくは、キング・ルイとタークの知名度の低さでしょうか(苦笑)会場からも「誰、あのサル」みたいな声が漏れ聞こえました。まぁ、私も終わってから調べて知ったんですけど。

そんなわけで、午前中に我々が回れたのはここまで。お腹も減ってきたので、そろそろお昼にしましょう、というわけで、トゥモローランド内の「トゥモローランド・テラス」に向かったのです。<次回に続きます>
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2094-3501dbae

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム