Entries

千代田区概論 編集後記

iphone_20120312180022.jpgいかがだったでしょうか、今回の「千代田区概論」。企画としては昨年の秋からあったんですが、3月11日に行うことが決まったのは1月の下旬でした。どこかしらのタイミングで、我々も追悼的なことをしようとか、そこまでしなくてもせめて黙祷ぐらいは、と思っていたものの、ふたを開けてみれば、まさかの科学技術館で大興奮という・・・(汗)ここは、大人として大いに反省すべき点でした。

一方、概論そのものとしては近年まれにみる楽しさでしたね。やはり4人で動いたというのが大きかったでしょう。2人では行かないようなところに行くことができましたし、お話も大いに盛り上がりました。参加してくれたお2人に改めて御礼申し上げます。これに懲りずにまたご参加いただければ幸甚です。

皇居周辺というのは、わかってはいましたが、ランドマークが非常に多く、そこを見て回るだけでもワクワクしてきます。いわゆる「皇居ラン」が人気なのもうなずけますね。今回もたくさんのランナーたちが走っていました(それを見る我々の目はとても冷やかでしたけど)。また、現在の街並みから歴史に思いを馳せるというのも、興味深いですね。皇居はもちろん江戸城だったわけですが、周辺はほとんど大名屋敷でした。それが火災や戦争などによって更地になり、やがてビルが建っていくわけですね。今も大名屋敷のころの面影を残しているのは、大使館や公園などでしょう。ただ、日比谷公園は少し趣が異なるようで、もともとは霞ヶ関同様、官庁街になるはずだったそうですね。ところが調べてみると、地盤が弱いことがわかり、ビルが建てられない、と。じゃぁ、もう、いっそのこと公園にしちゃおうよ、ってな具合で公園になったとか。まぁ、公園にすることが決まってから、デザインが決まるまで10年以上かかっているようですけどね。それにしても、まさに都会のど真ん中にあるオアシス。何度でも訪れたくなるイイ公園でした。

一方、ちょうどいい時間帯に喫茶店に出会えなかったというは、ちょっとしたアクシデントでしたね。カレーのほうはともかく、喫茶店は事前に調査してないんですよ。というのも、ティータイムの頃にどこにいるか予測がつきませんからね。なので、その場その場の「出会い」を大切にしているんですけど、官庁街ではその出会いもなかなか難しかったようです。まぁ、結果として日比谷公園で美味しいお茶が飲めたからいいんですが、できればもっと早い時間帯に素敵なお店に出会いたかったなぁ、というのもまた大いなる反省点の一つでしょう。

iphone_20120312180044.jpgさて、反省会会場は「バーデンバーデン」というドイツ料理が楽しめる居酒屋でした(上段写真参照)。歩き疲れたのもあり、ビールが最高にうまかったですね。500mlを頼むと、写真のような長細いグラスで出してくれるんですが、これが意外なほど大きくて驚きました。その他、アイスバイン、ザワークラフト、ジャーマンポテト、ソーセージの盛り合わせ、ハムの盛り合わせなど定番料理に舌鼓。私の好物「ミュンヘナー・ヴァイスブルスト(白ソーセージ)」もありましたので、こちらも頂きました。美味でした。

そして反省会の反省会(二次会)会場は、日比谷バー。バーに行くとギネスばかり飲んでいる私も、この日はさすがにもうビールは充分、という感じでしたので、珍しくカクテルを発注。それが下段写真の「スプリッツァー」。もともとは白ワインと炭酸水を混ぜるだけの簡単ヘルシーなカクテルなんだそうですが、こちらではマスカット風味でいただけました。甘くなく、スッキリしていて飲みやすいお酒でした。自家製という生チョコレートも発注しましたが、こちらも美味しかったですね。スプリッツァーとの相性も抜群でした。

そんな風にして幕を閉じた今回の概論。ダバインディアでのカレーの時に「ここでずっと話してようか」というyoji殿の冗談交じりの提案も、今となっては充分うなずけるほどバランスのとれた4人体制。Siriとの対話。通常考えられない角度からのヘリコプター観察。はしゃぎ過ぎて黙祷も写真撮影も忘れていた科学技術館。巨木との抱擁。軍人コスプレ。街宣車の怒号。ブライダルフェア。日比谷名物もんじゃまん。などなど、書ききれなかった内容は多々あれど、千代田区概論はこれにて閉幕。また次回の概論でお会い致しましょう!今度は夏です!
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2138-f40032dc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム