Entries

残滓

発表がなんとか無事に終わったので、そこで感じたアレコレ(うまくできたことや、そうでもなかったことなど)を忘れないうちにメモしておこうと思います、あくまで個人的に。


*時間配分
規定時間オーバーもダメ。かといって余るようでもダメ。その点、今回は完ぺきだった(時間ぴったり!)。相当シミュレーションを重ねただけのことはあった。やはり、練習は裏切らない。時間を調整できるポイントを自分なりに何ヶ所か仕込んでおくとうまくいきやすい。

*わかりやすさ
聞いてわかりやすい、というのが1つ。結論を最後までひっぱらず、途中でまずその概要だけを述べ、次に詳細を述べ、最後にまとめると良い。こうすることで、聴衆もわかりやすいし、自分も話がブレずに軸を保っていられる。原稿を作成してきて、それを読み上げるようなものはダメ。ちゃんと聴衆を見て語るべし。しかし、最もダメなのは、最後まで聴いても結局何を言いたいのか何一つ伝わらないこと。言いたいことは一つに絞る。
 そして、見てわかりやすい、というのがもう1つ。ワードでは、よっぽどうまく作るか、あるいは話のなかで上手に誘導していかないと、聴衆がどこを見ていいのかわからなくなってしまうこともある。パワーポイントで資料を作る場合、およそ30秒につき1スライドが目安。つまり、30分の発表ならばスライド60枚(実際にはアニメーション効果も使うので50ぐらいになるかな)。当然ながら、見やすいフォントとサイズに気を付ける。さらに、もう1つ気を付けておきたいのは、パワーポイントのバージョン(とOSの組み合わせ?)。自宅のPCで文字と文字の間の幅を見やすいように調整しておいたのに、会場のPCで見てみたら全然ダメダメでかえって見づらくなっている、ということがある。今回最大の反省点がまさにこれ。事前に何パターンか用意しておき、当日会場で発表前にチェックするのが吉(そんな時間があればの話だけど)。
 あと、これも今回すっかり忘れてたことだけど、ホチ留め必須。エコに配慮したいのはヤマヤマなんだけど、紙のサイズも統一したほうがやっぱりイイね。

*質疑応答では相手の名前を
ここも大きな反省点。最初に所属と名前を言うパターンがほとんどなので、そのときに素早くメモをとり、回答の際に御礼とともに名前も挟み込むと印象がイイ。まぁ、あくまでも印象であって、それだけで質疑応答が万事うまくいくわけではないんだけどね。


まぁ、ザッとこんなところかなぁ。時間配分とわかりやすさについては、知り合いの先生からも初めて顔を合わせた先生からもお褒めの言葉を頂戴したので、うまくできた方なんじゃないかな、と。少なくとも同じ会場で発表した人たちの中では良い方だったんじゃないかな(自画自賛)。あぁ、あと、今度はもう少しタイミングよく、そしてこなれた感じで名刺を出せるようになりたいですな(笑)

ぃゃぁ、それにしても、なにしろ約6年ぶりのことだったので、私も相当テンパってました(滝汗)家でも口数がかなり減ってました。嫁さんにも娘にもその点は多大な迷惑をかけました。申し訳ない。そここそが今回最大の反省点だったなぁ。次回(があるとすればの話だけど)は、もう少し心に余裕をもって臨めるようにしたいものですね。まぁ、これで感覚が戻ってきたし、ここにこうして記録したし、次はもう少しマシになる、と思いたい、です。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2226-14fad4d2

トラックバック

コメント

[C2170] >田舎物殿

まさに「殺伐」。子どもにまで心配される始末ですよ(滝汗)

それが二つ重なる・・・恐ろしい光景ですね(苦笑)
  • 2012-06-21 08:11
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C2169] わかります

その気持ち。
〆切に追われているときの殺伐とした感じはね・・・
お互いにあまり、気持ちのよいものではないですよね。


ちなみに、うちは2人ともなので、重なったときの殺伐さは凄いですよ・・・(苦笑)
  • 2012-06-21 06:46
  • 田舎物
  • URL
  • 編集

[C2168] >田舎物殿

お疲れ様です。

アニメーションをうまく使えば、1分1枚でも充分だと私も思います。

パワーポイントのバージョンにまで気が回りませんでしたよ。でもね、そんなことより、家庭のある人は、基本的に家族のいないところで作業したほうがイイですね。それは、もう、ホントに(汗)
  • 2012-06-20 21:35
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C2167] 参考になります

自分は、1分1枚で計算してます。
パワーポイントはバージョンですね。
とくに2003以前と2007,2010は相当ずれます(互換パック使っても駄目)。
2007と2010はほとんどずれないかな。

  • 2012-06-20 04:52
  • 田舎物
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム