Entries

「Final Fantasy 12」の話

言わずと知れたあの名作シリーズの最新作、FF12。これまでシリーズほぼ全作品をプレイしてきた私です、これをプレイしないわけがありません。んで、ちょっと前にようやくクリアしました。まだやりこみ要素がいくつか残っていて、これからそれらをまた1つずつ片付けていくところなんですが、ここらで私的視点からFF12を分析し、感想を述べたいと思います。


グラフィック(及び世界観)=◎
  これは文句のつけようがありません。細部まで作りこまれた美しいCGは見るものを圧倒し、魅了します。さすがシリーズ最新作。過去のどの作品よりも素晴らしい映像美です。もう、ホントに1つの映画を観ているかのような、映画の世界を旅しているような、そんな印象を与えてくれます。特に、ムービー(動画)のシーンの美しさは圧巻ですね。そして迫力もある。打ちのめされました。で、その美麗なCGが作り出すその世界観もまた素晴らしいものがありますね。多種族が存在することで、モンスターの存在が比較的自然なものになっている点も高評価。

ストーリー(及びキャラクター)=○
  結構今回のストーリーについては意見が分かれるところだと思います。私は嫌いじゃないです。特に今回は色んな人間関係に基づいた“人間ドラマ”が展開される点が私にとっては高評価に値します。夫婦・兄弟・姉妹・親子・恋人・仲間・師弟・主人と家来・王族と一般市民・敵と味方・・・。色んなところでこれらが複雑に絡み合うストーリー展開は、嫌いじゃないですね。ただ、主人公がその成長過程で空賊になることへの憧れを膨らませていく、という点については私も疑問が残るところ。もう少しその辺の作りこみがほしかったかなぁということで、◎にはならず。

システム=△
  今回の戦闘システムは、今までのように戦闘画面と移動画面との切り替えがない、というものでしたけど、正直これ微妙。確かに戦闘との切り替えはスムーズだし、リアルな感じもするけど、私は今回の戦闘システムには馴染めなかったなぁ。逃げても執拗に追い回されるし、戦って勝った!という喜びが少ない。そのために要所要所に様々な“ボス”を配置しているんだろうけど、それもどうなのか。今回はあまりにたくさんの“ボス”がいすぎたんじゃないだろうか。それが寄り道を冗長なものにしてしまっていて、ストーリーから逸れ過ぎてしまうのが残念。リアルさを追求するだけがゲームの進化なのか、正直疑問に思うところですね。
  戦闘だけじゃなく、お金についても少々リアルすぎやしないかと。確かに今までのゲームはモンスターを倒すことで直接お金がもらえたけど、これはよくよく考えたらかなり不自然なこと。だって、熊を倒したらその熊が3000円持ってた!なんてことないでしょう?だから今回はモンスターはお金は持ってない。その代わり、モンスターは「おたから(例えば“毛皮”とか“牙”とか)」を落としてくれるので、それを回収して売りさばくっていう感じになるんだけど、正直面倒くさい、これ(しかも序盤は明らかにお金が足りない!)。確かにリアル。リアルだけど、それを追求してどうするのか。そもそも現実逃避のための世界なのに・・・。

やりこみ=◎(×)
  どっかのサイトでは最短で14時間以内にクリアしてましたけど、それはあくまでも最大効率でやった場合のこと。私は1回目のプレイでは必ず攻略本も攻略サイトも全く見ずにやることにしてるんですけど、今回はそれでクリアまでに80時間ぐらいかかりました。まぁ、寄り道いっぱいしてたせいもあるんですけどね。それだけ今回のやりこみ要素はたっぷりと用意されています。・・・・・・でも、それが必ずしもプラスに働くとは限らないですよね。正直、飽きます。長いです。あと、敵強すぎ。いや、いたずらにHPが高い。よくないよ。やっぱり、そういうの。HPを高くして、攻撃力上げて、っていうだけで、あとはCGが変わるだけ、竜か獣か鳥かの違いだけ、後半はそんな印象を受けました。

総評=△
  ストーリーを追う際のスムーズさが大いに欠けていたんじゃないでしょうか。やっぱりRPGの楽しさというのは、第一にそのストーリー展開であるべきで、それがスムーズに進まないとイライラしてきて、やる気もなくなります。今回は縦筋を2本用意してしまったがために、冗長性が増したのが残念なところですね。大きな縦筋(本編)と小さな縦筋(クラン&モブ関連)のそれぞれにまた横筋があって、それがまた全体的なプレイ時間を“無駄に”長くさせています。長くプレイしてもらえればそれでいい、というような感じがしてしまいます。ここらへんは「ENIX」から受け継いだ遺伝子がイタズラしたんでしょう。まったく、ムダです。ハッキリ言って、FFシリーズのファンでなければあまりオススメしません。これはシリーズだからできた作品だな、という感じですね。きっとこの先もFFシリーズは13、14と出続けていくんでしょうけど、先行きを不安にさせる仕上がりになってしまったと思います。


CGを美しくして、プレイ時間を長くすることだけがRPGの進化形なんでしょうか。今、「MOTHER3」もプレイしていますが、ハッキリ言ってこっちのほうが断然楽しいです(それについてはまた後日書きます)。「FF3」のリメイク版がDSで出るそうですが、それにこれから先の命運が掛かっている、そんな感じですね。いつもRPGは最低2回はプレイするんですけど、今回はこの1回で最後になるでしょう。やってる最中はいいとしても、もう2度とやりたくない。そんな印象を持ちました。・・・とはいえ、まだ倒さなければならない敵が数匹残っているので、今週中に全部倒すつもりです。酷評しても結局ハマってしまっている時点でFF12の勝ちですね。(記:主宰)

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/227-69c1fb04

トラックバック

コメント

[C200]

こちらではお久しぶりです。
FF12は「冗長」という表現がピッタリな感じです。
DQ7を思い出しました。
やっぱりENIXのしわざか、と・・・(苦笑)

5月の件、どうもです。助かります。
ちなみに正式な予約は当日の1週間前ぐらいにする予定ですので。
職場のハッピーニュースは私も聞いて驚きましたけど、
お店の方でもですか!それは早く聞きたい♪楽しみですね☆

今度の飲みは色々とお祝い色が強いものになりそうですな。
テンション上げときましょう♪
  • 2006-04-25 01:17
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C199]

あ~、お久しぶりです。
FF12はまだ買ってませんね。幻想Ⅴやってましたから。
こっちはこっちであれでしたね。
10時間やってレベル12のときはこの先どうなることかと思いました。
攻略情報見ながらやったのに、クリアに30時間かかったのは久しぶりのことでした。
ストーリーはとても重くてよかったんですけどね。

そういえば、この間、いつものお店に行ってきまして、5月に行くことをそれとなく言っておきました。

最近周りの状況がめまぐるしく変わっていますが、土曜日には嬉しい知らせを二つほど(一つは職場、一つはお店)聞いて、少しハッピーモードです。

ずいぶん長くなりましたが、では、また。
  • 2006-04-24 10:26
  • 田舎物
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム