Entries

「Final Fantasy 12」の話の続き

何も、2回に分ける必要はなかったんですけど、前回書き忘れたことがあるので、とりあえず次までの繋ぎとして書きます。ちなみに、次回は「四万川ダム 概論」の続きを書く予定です。

んで、FF12の話。色んなサイトでも囁かれていることですが、今作品は物語の大きな縦筋とは別の流れで、モンスターを倒しまくらなければならないんです。主人公は空賊になることに憧れているのに、やってることはといえば、地上を歩き回ってひたすらモンスター退治。これじゃぁ、モンスターハンターやってるのと変わりません。空賊関係ない。せっかく良いストーリーなんだから、それに噛み合うような流れを作ってほしかったですね。そして、それに関連することでもありますが、今回はモンスターが落とす「おたから」に重きが置かれてしまっていて、ダンジョンの中で見つける「トレジャー」がほとんどないがしろにされているのが解せない点です。これまでの作品では、例えば「○○の剣」がどこどこのダンジョンの奥の宝箱の中に必ず入っている、というようなものだったのに、今回の場合は、ほぼ全てのトレジャー(宝箱)に確率の設定がされているらしく、まずトレジャーそのものが出現する確率が設定されている上に、さらにそのトレジャーからアイテムAが手に入る確率、アイテムBが手に入る確率、アイテムCが手に入る確率、と3つぐらい用意されているようなんですよ。当然、良いアイテムが入っている確率の方が低いわけです。それがもう意味不明。なぜトレジャー相手にそんな博打みたいなことをしなきゃいけないのか。そんなことをして、貴重なアイテムの入手を困難にするぐらいなら、主人公が空賊に憧れているという基本的な流れを利用して、飛空挺でしか行けないようなところにトレジャーが眠っているとか、飛空挺を改造することによって、今まで行けなかったところに行けるようになり、それによってまたお宝が手に入るとか、そういう風にしたほうが盛り上がったのに・・・。一応、今回もクリアまでは辿り着きましたけど、クリアした後の感動は、今までの作品の中でも最悪に位置します。涙も笑いもない。徒労感だけが残りました。FF11はネットゲームということでプレイしてないんですが、おそらくそれを含めてもシリーズ中最悪の出来と言っても、全く過言ではないと思いますね。

とにかく、映像がきれい。それだけのゲーム、という印象でした。ま、暇つぶし程度にはなるかな。映像や音だけ進化させればいいんですかね。スク・エニには、原点に立ち返って、「ストーリーを追う」という点にもっと気を配り、そこからゲーム作りをして欲しいですね。今回のは、なんていうか、映像が先に出来てて、あとから色々付け足したような印象でしたので。

あぁ、それから、クリア後のやりこみ要素についてですが、レベルを最高にまで上げても、倒すのに3時間もかかる敵を用意しちゃうのって正直どうよ。この情報聞いただけで萎えましたよ、私は。(ちょっとだけその敵と戦ってみたけど、あまりの強さに即逃げ帰りました。)その他の強敵だけは今週中に全部倒そうとは思いますけど、そのアホみたいに強い敵についてはもう諦めます。まぁ、倒すにしても、FF13が出る前までには倒すという長期計画の方向で。

・・・っていうか、「Mother3」の方が圧倒的に面白いです。
GW中にはクリアするでしょう。そしたら、「どうぶつの森」でも買おうかな。
FF12、きっと中古市場だと安く出回るんだろうなぁ・・・。(記:主宰)

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/228-0f52b583

トラックバック

コメント

[C202]

Mother3はとにかくオススメですよ!
笑えて泣ける。そして適度に難しいし。
こまめにセーブもできるから、電車等で移動中でも安心してプレイできるのも嬉しいです。
またしても糸井氏にしてやられた、という感じです。
詳しくは、クリアしてからレビュー書こうと思ってますので。
  • 2006-04-30 01:18
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C201]

最近全くゲームをしない私ですがMother3は興味ありありです。
  • 2006-04-29 00:47
  • yoji
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム