Entries

駄文長文 【仕事の仕方】

そんなわけで、仕事に対して極めてやる気のない秋(あ、もちろん、職場に着いていったん仕事が始まれば全力投球してますが、その前後にとても面倒くさくなるという感じです。仕事自体はちゃんとやってますので、誤解なきよう)。でも、このままではいかんなぁ、どうしたらいいかなぁ、なんてウダウダ考えていた寝不足の昼下がり。某先生から来年の研究活動についてお誘いいただきまして、勇んで応じることに。自分じゃなく他人にやる気スイッチを押してもらうっていうのも、たまにはいいんじゃないか、なんてお気楽極楽に考えてたんですけどね。あまかったです。私があもうござんした。なんでも、話を聞く限りではね、今回はかなり大がかりなことを豪華な布陣でやろうとしているみたい。うーん、どう考えても私、足手まとい・・・。一人だけ力不足。場違い感だだ漏れ。せめて肩書きだけでも、もうワンランク上を目指さなければいけない時期に、いよいよ来てしまったんだなぁ、と先生の仰るありがたきお言葉の節々に感じ取る次第でありまして。

そんな折、録画しておいた「戦う建築家」という番組を見ました。クライアント役の芸能人の要望に対し、二人のプロの建築家が自らのプランをプレゼンして戦う、という流れ。クライアントとのヒアリングは1回のみ、プランニングは3週間という限られた条件のもと、それぞれの建築家がそれぞれの方法で案をまとめ上げていきます。そして最後は模型を使ってのプレゼン。ぃゃぁ、わくわくしました。

でも、私が面白いと思ったのは、それぞれの建築家の仕事の仕方。一人はクライアントとのヒアリングをもとに、計算に計算を重ね、考えに考えを重ね、作っては壊し、壊しては作っていく。ウサギとカメで言うところの「カメ」タイプ。もう一人は、考える素振りなどほとんど見せず、別の仕事に精を出してみたり、仕事仲間とバーベキューをしたりで、一体いつになったら仕事に取り掛かるのか、という完全に「ウサギ」タイプ。でも、最終的には、どちらも甲乙つけがたい、素晴らしいプランニングをしていました。

で、結局選ばれたのはウサギの方だったんですよね。まぁ、クリエイティブなお仕事って、時間をかければいいっていうものでもないですし、一瞬のひらめきを生むには、いい意味での「遊び」が必要になってくるんだなぁ、と改めて実感しました。思うに、「カメ」タイプも「ウサギ」タイプも、仕事に集中している『深度』は同じなんじゃないかなぁ、と。長時間かけてじわじわアイディアを詰めていくか、短時間で出たいくつかの思いつきを最後に集中して一気にまとめあげるか、というスタイルの違いはあれど、掛けた集中力の総量は等しい。だからどちらも甲乙つけがたいものになるわけで。

要は、自分に合ったスタイルを身に着けて、実行できるかっていうのが大事なんだろうなぁ、と。だとすれば私は「ウサギ」の方でありたいなぁ、と。「ウサギ」タイプの仕事の仕方で大事な考え方の一つが「星を散りばめないと星座はできない」っていうもの。一見遊んでいたり怠けているように見える中でも、思考は止めず、ひらめきを求め続ける。そして、ここぞというタイミングを見逃さず、一気呵成に仕上げる。集中力には自信のある方なので、こういうスタイルの方が向いてる感じがします。

・・・で、話は戻って、某先生。ちょっとお疲れ気味のようでした。仕事の仕方がどうあれ、仕事自体の総量が多ければ、そりゃぁ、疲労困憊になるわよねぇ。そんな先生のお仕事を少しでも減らせるように、私もちょいと気合入れ直して、今後のお仕事のためにも、家族のためにも、星座になりうる星を散りばめておきますかね!
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2336-db673c68

トラックバック

コメント

[C2192] >remika姉

そう。

そして、ゴールが早すぎて、大事なチェックポイントを通過しなかったりすることもあるし(笑)お互い気を付けましょう。
  • 2012-10-15 21:02
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C2189]

私もウサギタイプ。
でも、タイミングを逃すとゴールに間に合わなくなっちゃうから、そこ、気をつけないといけないんだよね。
  • 2012-10-15 20:04
  • remika
  • URL
  • 編集

[C2188] >田舎物殿

お互い得意の走法で突き進みましょう。

・・・まぁ、私も今は長~い休憩中ですが(汗)
  • 2012-10-14 21:04
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C2187] 私の場合

「亀」の方が性にあってそうです。
まぁ、ほとんど動かないんですけど(
  • 2012-10-14 12:17
  • 田舎物
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム