Entries

葛飾区概論 5

そんなわけで、公式概論史上初の千葉県上陸を果たした我々。そのまま「野菊のこみち」を歩いて矢切駅方面へ向かいます。「野菊のこみち」?そうです、ここは伊藤左千夫の小説「野菊の墓」の舞台になったところだそうで、それを売りに出してるところなんですよ。






























まぁ、野菊というより、ネギ丸出しだったけど。





















このあたりの特産品なんでしょうね。まぁ、「野菊の墓」読んだことないので、これを機に読んでみてもいいかな、と思ったことだけは確かです。とりあえず、青空文庫からダウンロードだけは済ませておきました。ぃゃぁ、しかし、雨上がりに通る道じゃなかったですね。一部舗装されていない道があるので、ぬかるみに泥はねで、もう散々でした・・・。皆さんは、決して真似しないように。ガッチリ晴れてる日に通りましょう。

舗装されている道路に出てくると、その途中に掛かっている橋には、こんなモチーフがありました↓












「野菊の墓」推しが凄いですね。

で、この橋を渡って、坂を上ると、そこにこんなのもあります↓






IMG_5385.jpg

「野菊の墓」推しがとにかく凄いです。












文学青年ではない私にはイマイチ響いてきませんでした。申し訳ない。

むしろ、このあたりが古戦場だったということの方が響きました。戦国時代、関東地方の覇権を争う上で非常に重要な場所だったようで、この河川敷を舞台に千人を超える武者たちが戦い、そして命を失ったとか。まぁ、そんな英霊たちが眠る地も、今となってはネギだらけですけどね。平和ってイイよね。ネギ美味しいし。うちの娘も大好きです、ネギ。



さて、そんなわけで、野菊の墓と古戦場、そしてネギを堪能した我々ですが、この地で3時のティータイムをとることにしていました。矢切の渡しから結構な距離を歩かなければいけないんですが(時間にして25分ぐらい?)、外観からしてなかなか素敵なお店です。写真を撮ったはずなんですが、なぜかカメラに残っていませんでした(「野菊のこみち」のぬかるみも撮ったはずなんだけど。寒さにやられたかな)。

で、まぁ、その外観に誘われて、中に入り、暖かい店内にホッと一息。テーブルについて、イスに座って、メニューを開き、コーヒーフロートを探してみると残念ながら、ここにはありませんでした。まぁ、しょうがない。っていうか、この寒いのにコーヒーフロートは頼みませんわ。なので、私もФ少年もケーキセット(¥750円)を発注。

そして出てきたのが、こちら↓





















IMG_5388.jpg

うーーーんと、え???





















コーヒーもまずまず美味しいし、生クリームに柿、そしてミントの葉なんてオシャレな演出が素敵だけど・・・。ぃゃ、うん、美味しいよ。美味しい。見た目よりもボリュームもあるし。うん、でも、ほら、ねぇ。ケーキセットっていうとさ、「ショートケーキ」とか、「チョコレートケーキ」とか、「フルーツタルト」とか、そういうの想像するじゃないですか。




















まさか、カップケーキとは・・・。




















で、しかも、このカップケーキの型、うちにもあるんですよねぇ。それだけに、さらに残念。家では食べられないようなのを期待してたんだけどねぇ。あんみつとか、そっちの方を頼んだ方がよかったのかもしれません。まぁ、後の祭りですけど。

まぁ、でもね、イイですよ。美味しかったし。こっちが勝手に変な想像をしてしまっただけだし。

ただね、このティータイムっていうのは、我々もすごく大事にしていて、これまでの行程を軽く振り返ったり、これからの行程について確認したり、場合によっては予定を変更したり。つまりは、中間地点での打ち合わせ的な意味合いもあるんです。単なる休憩、単なるケーキ、単なるコーヒーフロートではないんです。だから、落ち着いて話をしたいんです。

ですが、ここのお店のおばちゃんね、




















グイグイきます。




















下町気質なんですかね。放っといてくれません。どこから来たの?的な話から始まって、果てはお店で開くイベントの宣伝まで。ぃゃ、いいんですよ、そういうお店の人と積極的に絡みたいっていう人もいると思いますし、こういうコミュニケーションって温かいし、いまどき貴重だと思います。ただ、なんでしょうね、私が思うに、お店の人からあまりにも積極的に、お客さんにストレスをかけるほど話しかけてしまうのは、ダメじゃないかな、と。お客さんが一人だけならまだしも、複数ならなおさら。お客さんの側から話しかけてきたら(あるいはお客さんが話に積極的に乗ってきたら)、それに快く応えて、その流れで会話が弾むっていうのが心地いいんじゃないかな、と。そう思うんですけどねぇ。。。残念、




















グイグイきちゃいます。




















「モヤさま」で、是非さまぁーずのお二人にいじってほしい感じでした。



そんなわけで、おばちゃんから逃げるようにして、我々はお店を出て、矢切駅方面へ向かって歩き出したのでした。<次回に続きます>
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2390-fe11c774

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム