Entries

2012年の仕事観

今年も残すところあとわずか。そろそろ振り返っていこうかな、と思います。いつもはあれこれまとめて振り返るんですが、今年はまず「仕事」だけクロースアップしようかな、と。

今の仕事に就いて3年目。仕事量と勤務時間は今までで一番多かったですが、3年目ともなると、慣れてきて要領をつかんで事にあたれたので、1年目ほどの疲労感は感じませんでした。そういう意味では、力がついてきたのかな、と。ただ、その一方で、精神的な疲労感というか、やる気の減退感というのはこれまでで一番ひどかったですね。特に秋から冬にかけては、「飲まなきゃやってられない感」が常につきまとってました。なけなしのお小遣いをはたいて一人(あるいは少人数で)飲みに繰り出す機会も増えました。まぁ、そのおかげで何とか持ち直したし、美味しいお酒にも出会えたし、楽しいひと時も過ごせたし、それはそれでよかったのかな、と。仕事あっての飲み、飲みあっての仕事。持ちつ持たれつというヤツで。

ただ、そんななかで改めて思ったのは、私の場合、仕事ってどこまでいっても「楽しい」ってことはないんじゃないかな、と。誤解のないように、ここで言う「楽しい」ということを定義しておくと、仕事の日の朝、身支度を整えているときにワクワクする感じ、です。これが残念ながら今の私には皆無(学生時代バイトの頃は少なからずあったのに…)。最近はワクワクというより、ゲンナリ、メンドクサイ、カエリタイ(出掛けてすらいないのに!)、とかそういう類のネガティブな感情ばかりが湧き上がっておりました。それでも、職場に着けば、もうやるしかないわけで、そうなってくると一気に集中して、きちんとこなします。仕事をしている最中は、まさに分刻みで動いているので、負の感情も正の感情も起こる隙がなく、ほぼ無心でやってます。

それでもなんとかやっていけている理由は、おそらく3つ。1つは先ほど述べた「お酒(特に地元のいつものお店!)」。もう1つは「充実感」。楽しいと思えることはなくとも、ときどき「嬉しい」と思えることはあるんです。定期的に行われる顧客満足度調査に寄せられる大変素敵なコメント、理想的な実験結果、予想外の実験結果、給料日、長期休暇などなど。これらがモチベーションの一部になっているのは間違いありません。そして3つ目は「家族」。自分一人のためだったらこんなに頑張りません。嫁さんと娘がいるから何とかなってるってのは、大いにありますね。ひとのためだからやれるわけですよ。

そんなわけで、嫁さんと娘のためにも来年の収入を増やそうと、今年も就職活動してました。ようやく全ての結果が出揃いました。以下の通りです。

予選:2戦2勝0敗
決勝:2戦0勝2敗
不戦勝=2

予選を突破する力だけはもう誰にも負けない自信がありますが(あってどうする)、決勝はやはり難しいですね。それでも、決勝2戦目は勝てはしなかったものの「補欠」扱いになったので、まぁ、半歩ぐらい前進できたのかな、と。一方、日々の仕事が評価されたのか(ぃゃ、単に都合が良かっただけだとは思うけど)、先方からお仕事を計2件依頼されたので、まぁ、結果オーライかな、と。おかげさまで、就活する上で掲げていた最低限の目標には達しました。なんとか食いっぱぐれないで済みそうです。

そんなわけで、来年の仕事量は今年よりも格段に増えます。ストレスも増えますので、酒量も増えると思います。健康に気をつけながら、来年もギリギリでもスレスレでも、きっちりやっていこうと思っております。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2410-4e9a55cd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム