Entries

GAIRON digest vol.4 - AKABANE

pic1340.jpg2003年の6月上旬。第5回目の概論は、私とФ(えふ)少年のオリジナルメンバーに戻り、赤羽で開催されました。記録によれば、当初は恵比寿を予定していたようなんですが、何らかの事情で赤羽に変更になったようです。以来、恵比寿概論は行われていませんから、これは10周年記念企画として10年越しの恵比寿訪問に俄然期待が高まりますね!

さて、赤羽概論では、カレーでなく、天ぷらでスタートしたことが記録されています。カレー屋を探し回った挙句、見つからなかったようですね。今ではスマートフォンで簡単に検索できますが、当時は自らの足で探してました。懐かしい、ローテクな時代でしたね。で、まぁ、その肝心な天ぷらの写真は何一つ残されていないんですけど、代わりに残されていたのがこちらの看板の写真。「オッパイ炒め」の文字が燦然と輝いています。期待せずにはいられないネーミングですが(当時はこの写真一枚だけで、ネタとしてかなりひっぱったんだよねぇ)、豚の胸肉の炒め物だそうですよ。

pic1343.jpg赤羽と言えば、避けて通れないのがこちらの「赤羽霊園」。墓地じゃありません、飲み屋さんですね。この時はまだお昼すぎでしたから入りたくても入れなかったんですが、後日、友人2人を加えて再訪してます。おつまみの質としては、完全にネタ(しかもド下ネタ!笑)で、味など一切期待してはいけない様子が当時の記録からは伝わってきますネ。あれから10年経ってますので、その後いくらか改善されていることを願うばかりです。ちょっとしたギミックもあったりして、エンターテインメント込の金額設定ということを踏まえたうえでも、3500円で飲み放題+歌い放題(おつまみは別料金)ってのは、当時の我々にはそこそこ痛い出費だったことを痛切に記憶しております。その金額だったら、いつものお店で飲んだ方が、よっぽど楽しいし美味しいよなぁ、と今でも思ってしまいます。

pic1347.jpgそんなわけで、赤羽駅周辺の商店街散策では、色々と不可思議なお店に遭遇できました。こちらは文具屋さんだったかな、この多種多様なプレートをご覧ください!圧巻ですよね。使い道がなくても、つい欲しくなってしまいます、「会員制」とか「猛犬に注意」とかね。

下の写真は赤羽一番街での一コマ。「オカン」的な女将さんが、「御燗」をしてくれて、飲んだ後に「悪寒」がしてそのまま「御棺」へ・・・ってなことにはもちろんならないと思います(笑)それにしても、そのすべてを「おかん」の三文字で表現できてしまう日本語って、素晴らしいですね。

pic1357.jpgこの辺りには、23区唯一の酒蔵である「小山酒造」さんがあります。1週間以上前に予約すれば、見学もできるようなんですが、この時の概論は「行き当たりばったり」感を楽しんでいたので、予約もせずただ直営店だけを覗いて帰ったことが記録されています。単純に、予約するのが面倒だったというだけのことだったと思います。

その後、赤羽駅に戻ってきた我々は、駅の下のお店で休憩をとったようです。この頃はまだ「喫茶店」らしい喫茶店に入って休憩を楽しむという境地には至ってないようですね。単純に休憩メインで、次の行先などを話し合っていたみたいです。

pic1351.jpgで、話し合いの結果、赤羽駅の西側を探索した我々でしたが、残念ながら、当時はネタとして扱えるほどの収穫がなかったことが、鮮明に、克明に記録されています。

そこで、そのまま十条方面に向かって商店街を歩いた我々ですが、ここの商店街は実にアツくて活気があって色々なお店があって、それはそれで面白かったと記憶しています。ただ、残念ながら、写真が一枚も残されていません。悔やまれますね。かろうじて発掘されたのが、路地裏で見た「町の便利屋」さんの写真。素敵です。

十年を経て赤羽・十条もさぞ様変わりしたことと思いますが、当時はこんな感じだったようです。まぁ、かなり我々の主観が入り込んでますけど。いつかまた十条の商店街を散策して、今だからこそ興味が持てるモノを発掘してみたいですね。

pic1363.jpgこの後、我々は十条駅から地元に戻って反省会を行ったようです。そのとっちらかりぶりが編集後記に記載されておりましたが、今となってはとても見るに堪えない内容なので、このままお蔵入りと致します。

それにしても、概論と言えばカレー、という流れは既に重要視されていたようですが、休憩の喫茶店選びがこの頃はまだ雑だったというのが新鮮な驚きです。これがいつから重要視されるようになったんでしょうか。私もまったく覚えてません。そして、反省会も現地での開催を重要視してませんでしたね。今となっては少しもったいなかったなぁ、という気がします。

次回、押上概論回顧録に続きます!
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2453-0956e239

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
浮世サーフ



【歴代概論】
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム