Entries

GAIRON digest vol.5 - OSHIAGE

pic1572.jpg第6回の概論は、2003年の8月上旬に押上で行われました。押上と言えば、今や東京スカイツリーの屹立ですっかり全国レベルの有名観光地に仲間入りしてしまいましたが、当時の私は押上がどこにあるのかさえ全く知りませんでした。浅草から都営浅草線で2駅。墨田区にあります。

では、当時の押上に何があったのかと言いますと、えぇ、まぁ、それを探しに行ったんですけどね、特に、これといって・・・(滝汗)。事前に何も調べていかなかったので、カレー屋すらも見つけられず、蕎麦屋で昼食をとったことが記録に残されています。今なら昼から生ビールでも流し込んだところですが、この頃はさすがにソコまでの技量はまだなかったようですね。

pic1589.jpg押上概論では、なんと、史上二人目のゲストがいらっしゃったんですよね。しかも女性!その後、「オシアゲスト」というコードネームで呼ばれることもありましたが、お元気でしょうか。で、昼食後にそのゲスト様と合流しまして、いざ押上の街へ!・・・と思いきや、すぐさま押上を脱してしまったのは衝撃でした(笑)

そんな押上と言えば、「限りなく有限」というキーワードが生まれた回でもありました。それを生み出すきっかけになったのが上の写真に写っているホテル。当時はダンス教室とスナックがやけに目立つ街でしたが、それ以外に当時の我々にとって興味深いものが何もなく、無限じゃねぇだろ、というツッコミを込めたモノでした。まぁ、今はすっかり変わっていると思いますけどね。

pic1598.jpgで、押上を脱した我々は、そのまま浅草方面へ向かいました。その途中にあったのが、上の写真に写っている公園。もちろん、このすべり台、すべらせてもらいました。動画まで撮ってあります。懐かしい思い出です。その後も、両国概論の途中でこの辺りを通りましたが、やはり近くに来る度に、ここでの光景を思い出してしまいますね。「限りなく有限」と同じぐらい印象深いシーンでした。

その後、押上概論は、なしくずし的に平凡な浅草観光へと切り替わっていってしまったんですが、一つだけ特異な出来事がありました。それが、概論史上にどんよりと輝く「えびシャーベット事件」。この日は猛暑でしたので、某お茶屋さんの店頭で売られていた冷たいモノに惹かれ、我々はそれぞれ好きなものを頼んだんですけど、私が注文したのが「抹茶シャーベット」でした。で、喜び勇んで口にしたんですけど、これが、びっくりするぐらい磯臭かったんですよ。エビの殻を砕いて入れたとしか思えないぐらいの、抹茶ではありえない驚愕のエビ感。あれほどマズイものを食べたのは後にも先にもあの時だけだったと思います。

pic1616.jpgその後、全く「押上」概論になっていないことなど気にかけず、何度となくこの「えびシャーベット」の話で盛り上がり、生ビール一杯190円の居酒屋に吸い込まれるようにして入店し、反省会を行ったことが記録されております。ただ、当時の反省会では、焼酎をボトルで頼むのが定番だったようです。そういえば、あの頃はそうだったっけ。今や焼酎をボトルでなんて、頼もうとすら思いませんが、ぃゃぁ、若気の至りってやつでしょうか。懐かしいことです。

この年の夏は妙に浅草に縁が深く、押上概論の前、7月上旬には屋形船に乗り(今も通っている居酒屋の従業員の方々や御常連の方々にご一緒させてもらいました)、そして押上概論を挟んで8月中旬にはどじょうを食べに連れて行って頂きました。自身初の本格的などじょう鍋だったんですが、その美味しさと強烈なネギ臭に驚いたことは未だに鮮明に記憶されております。ごちそうさまでした。

pic1628.jpgそんなわけで、もはや「押上」ではなく、完全に「浅草」としての思い出にすり替わってしまっているんですが、あれから10年、東京スカイツリーもできたことですし、押上再訪、あり得ますよ、奥さん。この10年、過去に訪れた地を別の企画の際に通りがかることはあっても、目的地に据えてガッツリ再訪したことはなかったんですが、それを解禁する可能性、あります。10周年記念企画、どうぞご期待ください。

さて、回顧録の方は、次回「三軒茶屋」編へと続きますよ。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2456-b09e24bf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
浮世サーフ



【歴代概論】
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム