Entries

電車内通話のこと

先日、大変混雑している山手線の車内で、座席に座っていた20代と思しき女性が、携帯電話で通話を始めた。どうやら彼女は営業の仕事に携わっているようで、その電話も割りと緊急性の高いものであったようである(だからこそ通話をし始めたのだろう)。すると、隣に座っていたおじさん(推定50~60歳)が、その女性に注意をした。「公共の場で電話なんかするな」と。確かにそのとおりであるし、女性もすぐに電話を切って「すみません」と言えばそれで済んだことだったかもしれない。しかし、女性は切りたくてもなかなかその電話を切れず、注意をしたおじさんの方も、どんどんイライラが募り始めて、次第に言葉遣いも乱暴になり、そして音量も上がってくる。こうなってはもう、女性が電話を切る頃には売り言葉に買い言葉である。「こんな場所で電話しなくちゃいけねぇような営業なんかやめちまえ!」だとか、「そんな営業がうまくいくはずあるか!」だとか、だんだん本来の趣旨とはかけ離れてくる。それと同時に、満員の観衆が次々に注目を始める。女性も最初は様々な理由があると見え、じっと黙って耐えていたのだが、最後には「あなたに言われる筋合いはありません」と言い放った。しかし、ここでおじさんは正論で切り替えした。「“あなた”じゃねぇんだよ。ここは公共の場だって言ってんの!周りの迷惑考えろ、バカ!」最後の一言は余計だとしても、確かにおじさんは個人としてではなく、公共の場を代表して彼女に注意したのである。個人としての筋合いは無くとも、公共の場の暗黙のルールという点からは大いに筋合いがある。結局、この言葉にハッとしたのか、彼女は押し黙ってしまい、次の駅で大勢の観客とともに両雄揃って退場していった。車内にはちょっとした安堵感が広がった。それと同時に、少しスカっとしたのはきっと私だけではあるまい。最近、公共の場で注意をしてくれる人が減ってきた、というような話はしばしば耳にするが、まだまだ日本も捨てたものではないようだ。人のフリ見て我がフリ直せ。単純な話であるが、私も気をつけなければならない、と思った。
  ・・・と普通の人ならそれで話が終わるのであるが、私の場合、そうはいかない。私の頭の中には、それと同時に、“では、こういう場合どのように注意すれば円満に解決するのだろうか”という議題が生まれてしまう。というのも、そうした対人コミュニケーションに不可欠である“politeness”という概念が私の研究テーマであるからである(それが具体的にどういうものかは説明すると長くなるので割愛する)。電話やメール、インターネットといった通信媒体が増加するにつれ、対人コミュニケーションのあり方もまた、多様化している。しかし、いつまでも人は人であり続ける。人と人を繋ぐのは、道具ではなく、いつの時代も心である(と信じたい)が、問題はその伝え方だ。私の研究はいつか人の役に立つことがあるのだろうか。日常の風景に、自分の研究を重ねてしまう職業病。最近はこれが悪化の一途を辿っている。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/248-35ce77b3

トラックバック

コメント

[C244]

>ほめ様
どうも、ご無沙汰しております。私も数回、電車内で通話をしたことがある以上、大きなことは言えないんですけどね(苦笑)ほめ様の仰ることもごもっともですし。ただ、日本ほど電車が発達している国は世界に他に例を見ないですし、それに伴って電車への依存度はかなり高い気がするんですよね。そうすると、それだけ公共性も高くなるのではないか、と。勝手な想像ですけど。「全ての座席が優先席」というのは素敵な言葉ですね!だとすれば、その周辺では携帯電話の電源を切らないといけませんが・・・。ん~~、まぁ、自分なりのマナーモードを用意しましょう、ということでしょうか。注意をしたおじさんも、ひょっとしたら、お酒が入っていたのかもしれませんし・・・なんとも。ひとさまに注意をしなければならないときにも、マナーモードを設定しておきたいものです(←強引なまとめ)。
  • 2006-06-22 02:25
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C243]

>田舎物殿
やっぱり、研究者である以上どうしようもないことですよね。最近ではTVを見ていても、出演者の発言を文法的・語用論的に分析してしまい、それが気になってしょうがありません。最近気になってるのは、何かの募集の告知で「いっぱい待ってまーす」とかいうやつ。もちろん“いっぱいの応募”を待ってるってことはわかるんですけど、どうしても“待ってる人がいっぱいいる”っていうのを想像してしまいます。いや、でも、トラブルは避けましょうよ(苦笑)
  • 2006-06-22 02:25
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C242]

うーん、微妙ですよね。
個人的には「携帯」して「移動時」でも「固定電話のないところ」でも話を出来て、連絡が出来るのが「携帯電話」の最大の意味なのでは?と思う今日この頃。

確かに、公共の場で携帯電話を使うことは、はばかられるかもしれませんが、でも、それじゃ意味がないじゃないですか。
電車の中でも、よほど混んでなければ問題ないと思うんですよね。
まぁ、会話の内容や声の大きさも考慮すべきとは思いますが。

なんか、電車内で電話を控えるのは日本だけ、と言う話を聞いたことがあります。
確かに、日本特有の文化というかマナーみたいなものなんでしょうけど。

あまりにばかげた会話を大きな声で話している人を見ると、「みっともない」とは思いますが、仕事だったり、のっぴきならない用事なら、イタシカタないと思います。

もうすこし、必要性に応じた文化、マナーってのが浸透しても良いと思う今日この頃でした。

てか、優先席ってありますけど、全ての座席が優先席ですよね?
  • 2006-06-20 23:56
  • ほめ
  • URL
  • 編集

[C241]

よく分かる気がします。
この分野に入ってから、どこに行っても点字ブロックとか身障者用の駐車スペースに止まっている車とかに目がいくようになりました。
以前なら自分は守っているから、と思っていましたが、最近はいろいろというようになっちゃいましたね。
それで結構トラブルも起きてますけど(苦笑)

そういや、今日も電車内でトラブルになってたな、私
  • 2006-06-20 02:51
  • 田舎物
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム