Entries

カレー遠足 2013 春 5

そんなわけで、東急田園都市線に乗って時短に成功した我々は、最終目的地の最寄駅、桜新町までやってきました。サザエさん一家の銅像があることで有名な場所ですね。駅から出て東へ向かうこと5分。ファミリーマートの向かいにあるのが、今回のゴール地点、「砂の岬」さんです。

かなりの人気店のようで、外で小一時間待つハメになりました。が、田園都市線に乗って時短した分が消費されるだけと考えれば、苦も無く待てるってもんです(逆に、時短してなかったらと思うとゾッとします)。ふと目をやれば、だいたいが若い男女の二人組(デートかな?)か女性同士の二人組。中栄さんのような高速回転のお店ではなく、ゆっくりじっくり味わうタイプのお店のようで、今にして思えば、我々のような大人数には不向きだったのかもしれません。

既に陽が落ち、吹きつける風も冷たくなってきました。しかしながら、お店のお姉さんがとても優しく丁寧に対応してくれまして(しかも美人!)、挫けず待ち続けることができました(店外にベンチがしつらえてあるので、そこで待つのです)。

さぁ、満を持して、いよいよ入店ですッ!!

まずは慰労の意味も込めて、インドビールで乾杯。私はこちらの「Black EAGLE Xtra STRONG BEER」を注文してみました。うん、インドのビールも美味しいですね。香りもイイですし。ただ、アルコール度数が7.5%とやや高めなので、そこは気を付けないといけません。

喉の渇きも癒えたところで、いよいよ今宵最後のカレーです。最後ですから、ガッツリ2種盛り(¥1,330)を発注してみました。「マドラスチキン」と「ベジタブルサンバル」。前者はしっかり辛くて、後者はややまろやか。付け合せもたっぷりあって、ビールを飲みながらゆっくり楽しむことができました。

それにしても、ここのカレー、すごく美味しいです。この日は5種類のカレーがメニューにありましたが、2種と言わず全種食べたいぐらい。こういった、銀色のプレートに載せて供されるタイプのカレー(ターリーとかミールスとかっていうのかな?)では、かなり上位に入る美味さでしょう。スパイスが本来持ちあわせているエネルギーを、十二分に活かしている感じがありありとわかります。一口食べるごとに元気になってくる感じ。本当に美味しいカレーって、食べるごとにお腹が空いてくる感覚が(私には)あるんですけど、ここがまさにそれでした。お店を出た瞬間から、おかわりが欲しくなりました。

そんなわけで、築地「中栄」、原宿「YOGORO」、桜新町「砂の岬」という3店舗を制覇した今回のカレー遠足。三者三様の美味しさを味わうことができ、しかも途中途中でビールまで味わうことができ、最高のイベントとなりました。ただ、反省点がなかったわけではありません。以下、ちょっと気づいたことをメモしておきます。

まず、1日に3食を楽しむのであれば、ルゥに小麦粉を使うタイプのカレーは避けた方がいいのかな、と。お腹にたまりやすいですからね。食べるとしたら、1食目、午前11時ぐらいには食べ始めておきたい感じです。また、3食目はもっと大人数でゆったりと入れて、色々なカレーやサイドメニューを楽しめるタイプのお店に入り、お酒を飲みながら色々とその日の感想を言い合う感じの方が盛り上がったのかな、と。そして、今回は途中で電車に乗りましたが、もちろん全行程を歩ききるのが望ましいですね。そのためには、一つの店から次の店まで、片道 4km から 5km 圏内がベストかな、と。そうすれば、だいたい1時間の距離ですから、無理なく歩けるのではないかと思います(1時間半の徒歩移動はオジサンにはちょいとキツかったね)。あるいは、電車かバス移動を基本にして、そのお店周辺の散策をして・・・って、これだと概論か(笑)

それから、私はライスの量を少なめにしたりせずに、3食全て平らげることができたというのも、個人的に嬉しい発見でした。ここ最近、胃腸の衰えを密かに感じていた私ですが、まだまだイケるじゃないか、と。ただ、この日ずっとかぶっていた帽子が、翌日激しくカレーくさかったのには閉口しましたけど(笑)

そんなわけで、これにて今回のカレー遠足はおしまいです。次回は一体どこを訪れることになるんでしょうか。今から楽しみですね。オススメのお店などございましたら、是非、お教え頂きたく存じます。よろしくお願いします。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2552-a98c70ad

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム