Entries

恵比寿概論 1

概論10周年記念企画、第1弾はスカイツリーの御膝元で「押上演習」を行いましたが、第2弾はここ恵比寿にて開催されました。今回も相棒のФ(えふ)少年との二人です。

10年前、「赤羽概論」が行われた時、既に候補地として挙げられていたようなんですが、それ以後、今日に至るまで一切触れられることがなかったという場所です。あれから10年。そろそろ、その禁を破る時が来たのではないか、この大人の街へ足を踏み入れても差し支えない年齢に達したのではないか、と思ったとか思わなかったとか(ぃゃ、思ったんだけど)。

ぃゃ、正直に言いましょう。ビールです、ビール。昨年の「府中概論」で、サントリーのビール工場を訪れて味をしめたってわけです。ここ恵比寿には、「ヱビスビール記念館」なる素敵すぎる建物(実際にはサッポロビール本社の一部です)があるんです!

しかも入場するだけなら無料!太っ腹ですね。しかし、しかしですよ、奥さん。500円を払って、見学ツアーに参加すると、その終盤でヱビスビールの試飲ができるんですッ!!この暑い夏、もう行くしかないでしょッ・・・というわけで、今回は恵比寿をスタート地点とすることにしたのでした。

ヱビスビール記念館は、恵比寿ガーデンプレイスの少し奥の方にありますので、ちょっと気づきにくいかもしれません。しかし、表示を頼りに歩けばすぐにたどり着くことができます。

3連休初日ということで、混んでるかと思ったんですが、むしろ空いていました。穴場と言っていいのかもしれません。事前の予約もいれずに、当日受け付けのカウンターに行って申し込みをします。そこで500円を支払い、時間までしばし館内をぶらぶら(ちなみに、ツアーは20分毎にスタートします)。館内のショップには、ここでしか手に入らないレアグッズの数々が!しかも、割とリーズナブルです。お馴染みの恵比寿様がプリントされたグラスは、最安で180円というお値段。この後の行程を考えると、割れ物を買うわけにはいきませんでしたが、そうでなければ買っていたかもしれません。

その後、ツアー参加者専用のラウンジで待つこと数分。ガイドのお姉さん(美人!)が登場して、いよいよツアーのスタート!試飲に向けて、俄然テンションが上がります。

ツアーの内容は、実際にご来館して頂いてご確認いただくことにしまして、以下、お写真でお楽しみください。

IMG_6136.jpg

入り口。



IMG_6148.jpg

恵比寿様。



IMG_6147.jpg

ヱビスビールの缶で作られたヱビスビールの缶のオブジェ。



IMG_6146.jpg

踊り場を陣取るお馴染みのロゴ。



IMG_6138.jpg

この奥が試飲会場。



IMG_6139.jpg

ヱビスビール第一号(レプリカ)











IMG_6145.jpgさぁ、そんなわけで、約20分ほどの楽しいツアーを終えた後は、お待ちかねの試飲タイム!!普通のヱビスビール(左)と、琥珀ヱビス(右)の2杯を楽しめます。これまた美人のお姉さんがサーバーから注いでくれたものを、すぐさま持ってきてくれます。2種のビールの味の違いに舌鼓を打ちながら、ガイドのお姉さんのお話に耳を傾ければ、自然と楽しくなってきます。

ちなみに、ここでは缶のヱビスビールをグラスに注ぐ際の正しい注ぎ方を教えてもらえます。実際に缶ビールを開けて、目の前でその注ぎ方を実演してくれますので、非常にわかりやすいです。一体どのようにして注ぐと美味しくなるのか!?・・・それは、実際に記念館に来てご確認くださいませ。

なお、ここで注がれたビールはどうなるのか。注いでいる最中から気になっていたんですが、なんと、ツアー参加者から飲みたい人を募ることに!もちろん、すぐさま手を挙げたんですが、後から続々と挙手が。結局、ツアー参加者全員でじゃんけんをし、ガイドのお姉さんに勝った人が勝ち残る方式に。

概論でのじゃんけん大会と言えば、「東京“町”概論」にて秋葉原のメイド喫茶を訪れた際に遭遇し、私が無欲の優勝を飾るという一幕がありました。さて、今回はどうなるでしょうか。

じゃんけんぽん!

じゃんけんぽん!

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

なんと、Ф少年が見事に勝ち残りました!そんなわけで、我々はすっかりイイ気分になって、記念館を脱することになったのでした。ほろ酔いで向かった次の目的地とは・・・!?<次回に続きます>
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2599-85847d70

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
浮世サーフ



【歴代概論】
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム