Entries

東京ミュージアム探訪 9

概論スピンオフ企画、東京ミュージアム探訪も今回で4回目を迎えました。今回は東京都現代美術館で開催中の特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」からスタート。最寄駅と美術館とで集合場所を取り違えるミスがあり、予定時刻を少々回ってしまったものの(申し訳)、それ以外は順調です。

結構混んでるんじゃないかと心配していたんですが、杞憂でした。我々が行った時間帯はかなり空いておりまして、余裕を持って見ることができました。何と言っても、目玉は数々の原画・原稿!この力は圧倒的ですね。迫力が違います。そちらは撮影禁止でしたので、残念ながらこちらでお伝えすることはできません。是非、ご自分の目でお確かめいただきたい。一見の価値ありです。私が特に嬉しかったのは、石ノ森氏の名作「009」に出てくるあの名場面の原稿が見られたこと。『あとは勇気だけだ』を直に見た時は、軽く鳥肌すら立ちました。















会場内で唯一撮影できたのは、こちらのトキワ荘の再現モデル。トキワ荘というのは、手塚治虫、石ノ森章太郎の両氏のほか、藤子不二雄や赤塚不二夫ら、名だたる漫画家が共同生活を送っていたという伝説のアパートです。手塚・石ノ森両氏の部屋も再現されており、そちらもとても興味深かったですね。理路整然と整えられ、余計なものがない手塚氏のお部屋に対し、石ノ森氏のお部屋は雑然といった感じ。長押の部分にいろんなお店のマッチ箱がずらりと飾られているのがとっても印象的です。お二人の性格をとてもよく象徴しているような風景でした。

最後の方に展示されている、他の作家さんたちからのオマージュ(あるいはトリビュート)作品群も秀逸で、結構お腹いっぱいになります。ただ、唯一残念だったのが、お土産コーナー。コレ!っていう目玉商品がないんですよね。恒例のガチャガチャもあるにはあるんですが、イマイチ求心力に欠ける感じ。フィギュアも790円で売られていましたが、うーん・・・。そのお値段なら、もっとイイのが作れたんじゃないか・・・というのが我々の正直な感想です。手塚ファン、石ノ森ファンにはたまらないモノなんでしょうけど、そこまでファンでもないような人まで欲しくなるような代物かというと、うーん・・・。版権的な、大人の事情もあるんでしょうけど、この辺、もうちょっと頑張ってほしかったなぁと思いました。

両氏の漫画本ももちろん販売されておりました。今回の展示、さらには以前劇場で見た経験も踏まえ、個人的には、やっぱり「009」はちゃんと全部読もう、と思いましたね。そのうち全巻集めるつもりです。決意が固まりました。

そんな素敵な展示の後は、昼食の時間です。どこに入るか、事前に何も決めていなかったんですが、美術館の目の前にあるカフェ&バー「Field」さんに落ち着きました。決して、暑くてお店を探すのが面倒だったというわけではありません。店頭に出されていた看板に惹かれたのです。

ランチメニューには、スープとサラダが付くんですが、このサラダがまた嬉しいボリュームです。どうせ申し訳程度のサラダでしょ、と思っていた自分を恥じました。しかもちゃんと美味しい(当然)。お豆さんのサラダってのもまた嬉しいですよね。スープの写真は撮りませんでしたが、そちらもちゃんとしたスープでした(当然)。

で、Ф少年はご多分に漏れずカレーを選択したんですが、同じものを頼んでもしょうがないし、概論じゃないのでたまにはカレーじゃないのを頼んでみましょうと思い立ち、私はこちらの週替わりメニュー(鶏肉の丼)を注文。上にはアボカドディップがたっぷりと乗せられておりますが、実はこのメニューに限ったことではございません。こちらのお店、アボカド推しがすごいんです。Ф少年も、カレーにアボカドディップを追加しておりました。他にはハンバーガーもあるんですが、そちらにももちろんアボカドが。まぁ、私もアボカド大好きなので、これは嬉しい遭遇でした。

味の方は、まぁ、美味しいですね。美味しいですが、想定の範囲内という感じでしょうか。ただ、写真ではわかりませんが、ちゃんと内側に白いご飯があり、鶏肉も見た目以上にボリュームがあります。これは嬉しい誤算でした。980円ですが、お値段以上にお腹いっぱいになりますね。お子様メニューも充実していて、お子様連れの方にも人気の様子。フライドポテトも100円で増量できるとかで、これも嬉しいサービスですね。我々が入店した時には既に一組、その後も二組がお食事を楽しまれておりました。私も、いつか家族連れでこの美術館を訪れることがあれば、このお店に寄ってみたいです。

こうして、嬉しい腹ごしらえを終えた我々は、次なる目的地を目指して再び歩きはじめたのでした。<次回に続きます>
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2606-de22d657

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム