Entries

東京ミュージアム探訪 11

大妖怪展を後にした我々は、再び地下鉄に乗り、今度は上野までやってきました。ここでの目的は2つ。1つは東京都美術館で開催中の「ルーヴル美術館展」。もう1つは国立科学博物館で開催中の特別展「深海 ―挑戦の歩みと驚異の生きものたち」。前者はともかく、後者はかなりの混雑ぶりとの情報を事前に得ていたんですが、実際に行ってみると、40分待ちとのこと。ここはまず、ルーヴル美術館展の方に先に行き、その間にもう少し空くのを待とう、と判断しました。

・・・で、まずは東京都美術館へやってきたわけですが、ルーヴル美術館展の方もそこそこ混んでおりました。ですが、入り口で並ばなければならないというほどでもなく、入場はすんなりと。紀元前の時代から、1800年代頃までの地中海沿岸で発展した各文化の象徴的な彫刻やら絵画やらを順に見ることができます。キリスト教の前後で地中海沿岸の文化がどう変わったか、なんていうところも見どころですね。でも、圧巻は紀元前の頃のもの。黒像式の杯やら壺やらは特に気に入りました。また、クレオパトラの自殺場面をテーマにした絵画や彫刻も必見。毒蛇に胸を噛ませて自殺した・・・ってことらしいんだけど、そんなはずないよね。その前にまず手を噛まれるでしょ(笑)

しかし、やはりこういうヨーロッパ系の展示を見るたびに思うんですが、紀元前のものはギリシャ神話を知っていればもっと面白いだろうし、紀元後のものはキリスト教を知っていればもっと楽しめるだろうな、と。歴史については言うまでもなく。まぁ、そんな小難しい話を抜きにしても、純粋にその作品の持つ素晴らしさや精巧さだけでも味わう価値は充分にありますけどね。

さて、そんなルーヴル美術館展でお腹いっぱいになった我々は、いよいよ本日のメインイベント、「深海展」へ。閉館が17時ということですが、その約1時間前に行ってみたところ、10分待ちとのこと。チャンス到来とばかりに、早々に休憩を切り上げて博物館の中へ向かいました。

最初の方は、有人潜水調査船「しんかい6500」の実物大模型を中心とした、深海の基礎知識。・・・なんですけど、この辺りはもう、文字を読む気にもなれませんでした。ここまで立て続けに3つも回ってますからね、既に集中力が残されておりませんでした。なので、文字を読むことが中心の展示は足早にスルーして、生物標本が中心のエリアにどんどん進んでいきました。

・・・が、ここがもう、うんざりするぐらいの大混雑!噂のダイオウイカの標本に達する頃には、疲労もピークに達していたとかいないとか。感動も興奮も、期待したほどではありませんでした。むしろTVで見た映像の方がよっぽどワクワクしましたね・・・。

そんなわけでして、閉館までたっぷりいるつもりが、なんと滞在30分で終了。1日に4ヶ所も回った我々のペース配分もまずかったですが、それ以上にここの盛況ぶりに完全に体力を持っていかれました。でも、最後のお楽しみ、物販スペースにあったガチャガチャでこの企画展だけのフィギュア(マッコウクジラとダイオウイカが戦っているもの)が当たったので良しとしましょう。私もФ少年も当たったので、ひょっとしたらコレがかなり多めに入っているのかもしれませんね。

そんな深海展を満喫(?)した我々は、お楽しみの反省会へ。深海展でのリベンジとばかりに、ここでもまたお寿司を食べたとか食べなかったとかという話です。「寿司食い体質」というФ少年の名言が生まれたので、今後はそれを合言葉にしていこうと思います。次は秋か冬かわかりませんが、またお会いしましょう!
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2608-0b27d09b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム