Entries

「VT484」導入への道 4

タブレットPC「VT484/26K dynabook TAB」を何とか仕事で使おうという試み。12月上旬から中旬の間に何度かプロジェクターに繋いでみる機会に恵まれたので、そこから得られた事柄をここでまとめておこうと思います。

1.「複製」はできない!
最大のガッカリポイントです。どのプロジェクターに繋いでも、タブレットと同じ画面をスクリーンに投影することはできませんでした。これはVGAケーブルだからいけないのかと思い、私の自宅のメインPCで使っているモニター「HP2311f」にHDMI経由で繋いで確認してみたんですが、ダメでした。どうあがいても画面の「複製」ができないという、最悪の仕様のようです。ソフト面で改良が可能であれば、すぐにでも対応してもらいたいところです、東芝さん!!高いお金払って買ったのに、この仕打ちはひどいです。

2.「拡張」はできる!
一方、パワーポイントの使い勝手は申し分ないですね。私はいろいろいじりながら自分で設定を理解したため、少し時間がかかってしまいました。以下にごく簡単にまとめておきます。

1.チャーム > デバイス > 表示 > 拡張
2.スライドショーの設定 > 発表者ツールにチェック
3.プロジェクターと繋ぐ
4.スライドショーの開始

「モニター」のところにも同じく「発表者ツール云々」というチェックボックスがありますが、これだけではうまくいかないことがありました。また、スライドショーの設定のところで、解像度が変えられますが、スクリーンに対して小さすぎると、スライドの下部にタスクバーが表示されてしまうようです。気を付けましょう。それから、スクリーンからはみ出したり、縦横の比がおかしくなってしまうことがありましたが、この場合はプロジェクター本体を操作する必要があるようです。自動的に調整してくれるボタンがあるはずなので、それをポチっとやるだけで直してくれました(ただし、この機能が全てのプロジェクターに付いているわけではないと思いますけど)。

3.パワーポイント以外は対応していないプロジェクターもある!
私が試した限り、パワーポイントはどのプロジェクターでも正常に動きました。しかし、「複製」ができないので、それ以外のもの、例えばワードは表示できません。モノによっては「セカンド スクリーンのみ」に表示する設定にするときちんと投影してくれますが、その際、「設定を保存しますか?」的なことを聞かれるので、10秒以内に「はい」をタップ(クリック)する必要があります。マウスを繋いでいればカーソルをそこへ持っていけばいいので簡単なんですけど、マウスがない場合は、真っ黒なタブレットの画面で、だいたいこの辺かな?という位置をうまくタップしないといけません(縦置きにして右上の方)。これがなかなかの苦行です。無事に投影ができるようになると、タブレットの方で拡大・縮小・移動といった簡単な操作はできます。ただし、プロジェクターによっては、なぜか少し映像が暗くなってしまうものもあるようです。パワポ以外のものを表示させたい場合は、「セカンド スクリーンのみ」の設定にして、マウスを繋いで動かす、というのが今のところ最良の対応策かもしれませんね。ここは残念すぎるポイントです。

そんなわけで、プロジェクターに繋いだらパワーポイントしか使わないよ、という方は問題なく使えます。オススメです。バッテリーの持ちも良好です。とても使い勝手がいいと思います。が、パワポ以外にもいろいろ表示させたいんだけど・・・という方は、ちょっと待った方がいいかもしれません。<なんとなく次回に続きます>
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2700-d94ec458

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム