Entries

銀ザ変 4

連日、甲子園球場では高校球児たちの熱戦が繰り広げられています。今年は一体どの高校が優勝するのか、楽しみでならない大変素敵な季節になりました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。こんにちは、主宰です。

pic4418.jpg さて、2006年7月23日(日)夜。銀座うまや弓町庵にて会食中の私。既に焼酎もイイ具合に入り、気持ちよくなってきた頃、この焼き鳥が登場しました。「みつせ鶏炭火串焼」です。3種類出たんですが、なにせ酔っていたもので、この1種類しか撮影してませんでした(苦笑)もちろん美味しかったです♪ところで、この「みつせ鶏」という品種ですが、今まで聞いたことのない品種でしたので、ちょっと調べてみました。「みつせ」というのは漢字で書くと「三瀬」。佐賀県三瀬村で生まれた品種で、現在では北部九州(佐賀,福岡,長崎,大分)の山間部を中心に育てられているそうです。詳しくは下記リンクを参照していただきたいんですが、かなりのこだわりを持って生産されているようです。それでいて、“同品質のチキンのなかでは、割安な価格が実現”と書かれているんですけど、なにせここは銀座ですからね、お求め安いのかどうかは甚だ疑問の余地があります。

pic4419.jpg 「鮪のほほ肉のつけ焼き」だそうです。でも見た目は違うような気がします。ひょっとしたら「鮮魚の炭火焼」かもしれません。いずれにせよ食べかけですいません。既にお分かりのように、このときには写真撮影を忘れるほど酔っていたようです。そして、お話に夢中になっていたようです。これは今回の大きな反省点ですね。両方とも充分にこなせるようになるためには、まだまだ私も修行が必要なようです。酔ってたこともあり、正直なところこの焼き魚の味はよく覚えてません(笑)覚えてないと言うことは普通に美味しかったんでしょう。可もなく不可もなく、といった感じだったのかもしれません。・・・・・・お店のHPに出ているメニューによると、実は前述の焼き鳥とこの焼き魚との間には「本日の蒸し物」とかいうのがあったようなんですが、全く記憶にないのはどういうことでしょうか。茶碗蒸し的なものって出てきたっけか・・・。ん~、出てきた料理を思い出せないとは、私も狼狽したものです。

pic4420.jpg きゅうりですね。お店のHPのメニューには出てません。ひょっとしたら、蒸し物の代わりに出てきたお口直しの一品なのかもしれません。ピンボケしているのは私自身が酔っていたからであり、決してカメラの性能の問題ではないはずです。やはりかなり酔っていたのでしょう。まぁ、せっかくなので、きゅうりについて調べてみたんですが、なかなか興味深いことがわかりました。“いまでこそ、きゅうりの消費量は果菜類のなかでトップを誇っていますが、古い文献には「下品の瓜」とか「いなかに多く作る物なり」などと書かれ、長い間低い地位に甘んじてきました。そのうえ、きゅうりの切り口が徳川家の三つ葉葵の紋に似ていることから、武士たちはおそれ多いとして、食べなかったといわれます。”また、“きゅうりが市場でいちばんよく売れるのは、重さが100グラム程度のもの。柔らかいものが求められるため、日本のきゅうりは育ちざかりの未熟なうちに収穫しているのです。きゅうりは成長が早く、最盛期には1日に2回も収穫します”とのこと。今年は梅雨の長雨のせいで収穫量も少し落ち込んでいるのか、結構高いですよね。

といったところで、もう本当にいつの間にか結構酔っていた私。トイレのために席を立ったときに、心なしかフラフラふわふわしていたのは、気のせいではなかったようです。次回、「銀ザ変 5 ~終宴~」に続きます。

◆銀座 うまや 弓町庵:http://www.jrfs.co.jp/umayahome/ginza/menu.html
◆みつせ鶏(ヨコオ):http://www.mitsusedori.com/
◆みつせ鶏(サミット):http://www.summitstore.co.jp/tre/meat/chikin_mitsu.html
◆野菜図鑑「きゅうり」:http://www.vegefund.com/panfu/kyuri/kyuri.htm
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/281-b1d85c3b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム