Entries

秋葉原願掛け紀行 1

例によって今年度も就職活動を地道にしております。今年こそ終止符を打ちたいもんだと思ってはいるものの、まぁ、まだまだ続くような予感も一方でひしひしと。何が悪いって、私のマイペースぶりがいけないことは重々承知。ガンプラで遊んでる暇があったら研究せいってのは仰る通り。返す言葉もございません。

それでもね、何もしてないわけではないんですよ、もちろん。亀や牛の如き歩みではありますが、こう見えて日々少しずつ少しずーつ進んでいることは確か。まぁ、前に進んでいるのか後ろに進んでいるのかは知りませんけどね(おい)

面接も過去にあれこれ受けて来ました(そして落ちてきました)。最初の方こそ記憶が飛ぶほど緊張しまくりで、浮足立って何もできなかったわけですが(そりゃ落ちるって話です)、最近は落ち着いて対処できるようになってきました。そのおかげで、あれ、なんか違う・・・と自分の方から感じることができるほどになりました。いわゆる「相性」っていうんですかね、落選の通知が来る前、ぃゃ、もう面接の会場に入ったその瞬間に感じてしまいます。

となると、これはもう、私自身の力ではどうしようもないのかな、と。地道に頑張るだけではなくて、何か他にできること、まだやってないことってないかなぁ、と。そんなことを考えてたら、ありました、見つかりましたよ。か・み・だ・の・み。神頼みです。

そんなわけで、いわゆる「出世稲荷」に行ってみることにしました。そう言えば、伏見稲荷神社に行った時にも感じたんですが、私にとってはどうやらお稲荷さんがパワースポットなのではないか、と。概論でも行く先々にお稲荷さんがあればお祈りしてきました。で、いろいろ調べてみたところ、秋葉原が良さそうだということがわかりました。なかなか珍しい神社があるぞ、と。


梅雨の間隙を縫って秋葉原駅に降り立ち、神田駅方面へ歩くことを数分。見えてきたのが「柳森神社」です。もともとは江戸城の鬼門除けとして建立されたそうです。『境内の福寿社は「お狸さん」とよばれ、五代将軍綱吉の生母桂昌院が江戸城内に創建したといわれています』とのこと。桂昌院と言えば、もともとは身分が低かったのに、徳川家光に見初められてその側室になったという出世の象徴のようなお方です。つまり、並み居るライバルを全て抜き去ったわけです。「他を抜く」、そこから「他抜き」、「たぬき」、「狸」となって、お狸様信仰が広まったとか。

なかなかどうして、境内には立派なお狸様の像が二体も鎮座しておりました。見るからに御利益がありそうです。

で、これがその桂昌院様の福寿社なんですけどね、なんと、狸どころか猫様がいらっしゃいました。なかなかかわいらしくて、ついつい手を伸ばして触れてみたくなってしまいます。そーっと撫でてみようかと手を近づけてみたら、「シャーッ!」とお怒りになられました。触らぬ神に祟りなし。素直にお賽銭をあげて立身出世をお祈りしておきました。・・・けど、これ、なんか、猫様にお祈り捧げてるような気がして、なんだかモヤモヤしてしまいました(笑)

これとは別に本殿もありますので、そちらの方にもお祈りしまして、これでモヤモヤもスッキリ。なんだかツキがまわってきたような気がします。パワースポットってのは伊達じゃないですね。ここはまた秋葉原に来ることがあれば是非お参りしたい場所です。ビルとビルの谷間にひっそりとたたずんでいて、周りより少し気温も低いような気さえします。

さて、タヌキの後はキツネですよね。もう1軒回って、さらにパワーをつけましょう。<次回に続きます>
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2824-74ee7b06

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
浮世サーフ



【歴代概論】
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム