Entries

大森概論 5

品川区立大森貝塚遺跡庭園にやってきた私とФ少年。坂の上の方に見えた煙のようなものは、ドライミスト的なものでした。足元から噴水のようにシュワーっと出ていて、見ても触れてもなかなか気持ちのイイ代物でした。素晴らしい。うちの近くの公園にも欲しいですね。

さて、我々の事前の勝手な想像では、こちらの公園はモース博士が発掘した場所というぐらいで特に何もないのでは、なんて思っていたんですけど、違いました。ちゃんと貝塚がありました。こちらです↓


























実際はもっと深い位置にあったそうですが、本物の標本をそのまま見やすい位置に移したんだそうです。なるほど、なかなか勉強になります。要は大昔の人たちのゴミ捨て場ですよね。それにしても、これだけの貝、何人で食べていたのかは知りませんが、よく食ったもんですよねぇ。そして貝殻がこんなにハッキリと残っているのも興味深いです。













で、こちらがモース博士。













この公園内には、モース博士の略年表のようなものが建てられていたんですけど、それを見てちょっと驚きました。モース博士の誕生日は6月18日だそうで、これがなんと、私の娘と同じなんですねぇ。なんかちょっと得した気分になりました。娘もそのうちモース博士みたいな偉人になってくれるかしらねぇ・・・。ぃゃ、別に偉人になってほしいわけじゃないけど。

さて、そんな庭園を満喫した我々は、そのまま池上通りを北上し、もう一つの貝塚関連施設に向かいました。













品川歴史館













貝塚も含め、品川区の歴史を概観できる大変素敵な施設です。江戸時代の品川宿を再現したジオラマがあり、それがなんといってもオススメ。よく見ると、置かれている小さな人形たちにもドラマ性があったりして、それを想像しながらずっと眺めていられます(笑)入館料100円なので、そのジオラマを見るだけでも充分に価値があると思います。他に書院やら茶室的なものやら庭園やらもあり、意外と(といっては失礼だけど)充実しているので、お近くにお越しの際は是非訪れてみてはいかがでしょう。

そんなわけで、貝塚という太古の昔から現代までの(品川区の)歴史を一気に勉強した我々は、脳と体の疲れを癒すべく、銭湯へと向かいました。池上通りから少しそれたところ、「東京浴場」さんにお世話になります!













夕方から風呂ザバっといって・・・













ってね。もう最高でした。概論、反省会前のひとっ風呂、最高ですホント。やめられませんな。

さて、それじゃぁ体力も回復したし、ぼちぼち反省会会場へ行きましょう!ってことになりました。が、目を付けていた店が開くまで少し時間があるということで、銭湯内の休憩場所でしばし待機。で、程よい時間になったところでお店に向かったんですけど、なんと、、、





















本日貸切!






















ぃゃぁ、待った甲斐なし!なんだったらちょっとお店の前でさらに少し待ったぐらいなんですけどね、その間に別のお客さんも我々と一緒に待ったぐらいなんですけどね。想定外の展開でしたよ。

でもね、そこはもう、ほら、我々もいい大人ですから、ちゃんと次の候補を事前に用意してあります。多少ここからは歩きますけど、でも、大丈夫。そこもちゃんとこの時間開いてることをネットで確認済みです。





















シャッター閉まってましたけどね。






















まさかの二連敗です。これはさすがの我々も想定していませんでした。でも、もう、我々の舌や胃袋は既に準備万端。今から別のジャンルの店に変えると大混乱が起きてしまいます。とりあえず、Google先生に相談し、お店の候補を絞り出します。・・・すると、運のいいことに、歩いて1分ほどのところに良さそうなお店があることがわかりました。っていうか、さっき通った道にあったようですが、まったく気が付きませんでした(笑)

そんなこんなで、いろいろとありましたが、3軒目にしてやっとたどり着いたのがこちら。













「春鮨」さん













三度目の正直、とはよくいったもんで、こちらのお店、最高でした。ここに辿り着くためにこの日はずっと歩き回っていたんじゃないか、そのぐらいの感動を覚えましたね。このあと1週間はここでの食事のことを思い出すだけで元気になれました。そんなわけで、大森概論は、最高のエンディングを迎えたのでありました。<編集後記に続きます>
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/2841-48c8eab7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム