Entries

高原温泉宿に泊まる (角館概論秘話5)

 味噌汁もまた、このように囲炉裏に吊るした鉄鍋で振舞われるのがなんとも風情があって良い。具はなめことネギだっただろうか。これらの食材自体はどこにでもあるものだが、やはりこの雰囲気と味はここでしか楽しめないもの。この味噌汁だけでも3杯は飲んだだろうか。朝食をこんなに食べたのは人生始まって以来かもしれない。これをご覧の皆様も、もういい加減この宿の食事には飽きてきた頃かと思うので、写真は割愛させてもらったが、この他に焼き魚(ますの塩焼き?)も出てきた。その隣には、箸休めとしてか、煮しめた昆布もちょこんと座っていた。まさか朝から2種類の焼き魚を食べることになるとは思わなかった。

なんだかよくわからないものだが、山菜らしき長細いものが色々と絡み合っている、おひたし的なものである。茶色いのはぜんまいか、白いのはこんにゃくか、橙色のはニンジンか。まぁ、そんなところだろうと思う。やはりこれも写真は割愛したのだが、この隣には小さな四角い器に、一口大のタラコが収まっていた。自然薯+あきたこまちだけで、既に充分なご馳走なのに、その上にタラコを乗せろという。ぼだっこを体験している私には既に怖いものはない。もちろん、2杯目の自然薯飯にそのタラコを乗せて食べてやった。ぼだっこもいいが、タラコも悪くない。

 やはり写真は割愛することになってしまったのだが、他にはプチトマトを添えた水菜のサラダもあった。ゴマドレッシングとの愛称も抜群。何より朝から新鮮野菜のサラダを食べられることの幸せたるや、推して知るべし、という感じだった。なめこは味噌汁の中にも入っていたが、それとは別におひたし的な感じでも登場した。とはいえ、量はそれほど多くはないのは、朝食だからだろう。そして、ようやく最後になったが、この漬物もまた絶品であった。秋田といえば「いぶりがっこ」。これは言わずもがな、非常に美味しいものだったが、侮りがたいのがキュウリだ。この写真を見て思い出したのだが、昨晩の夕食の際、紹介したメニューのほかに、実は大きなガラスの器に入ったキュウリの酢の物が部屋の隅のテーブルに置かれており、自分で盛って自由に食べることができたのだ。意外に美味しくて、2回ほどお代わりしたのはここだけの話だ。

以上、田沢湖高原温泉の宿で食べた、夕食~朝食をご紹介いたしました。ホント、まず量に圧倒されてしまったんですが、質の方も抜群で、結局は全て完食、大満足でした。もし皆さんがこの後、この宿に泊まるようなことがあれば、ベルトは予め緩めておくか、ジャージか浴衣で臨むことをオススメしておきます。
  さて、次回以降は遠野での食事、そして猊鼻渓での食事、各種駅弁の感想など書いていこうかと思います。しばらく食べ物の話ばかりで申し訳ないですが、よろしくおつきあいいただければ幸いでございます。それでは、また。(記:主宰)

北東北概論:http://www.geocities.jp/transistor_ufo_plus/egodiarySP46.html
田沢プラトーホテル:http://www.plateau.jp/index.php

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/290-f796e0b7

トラックバック

コメント

[C321]

>もしゃんさま
どもども。お久しぶりです。渋いですかね、田沢湖。でも実際には田沢湖はバスから数秒眺めただけで、この宿は田沢湖から遠く離れた高原の上にありますから・・・。でも、ホント、日本人で良かったって思いましたよ、実際。駅弁レポートもお楽しみに♪余談ながら、駅弁+ビールのコンボってなんであんなに美味いんでしょうかねぇ~。
  • 2006-09-07 02:16
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C320]

ひさびさ遊びに来てみました。
田沢湖ですかい!渋いですね、チョイスが。
日本人でよかった!と思わせるような素朴なおいしそうなものがずらり。
興味でました~♪
駅弁の感想もたのしみにしてます。
  • 2006-09-06 15:41
  • もしゃん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム