Entries

鮎定と駅弁 (猊鼻渓概論秘話)

 最終日の目的地は猊鼻渓。ここでの川下りが今回の旅のメインイベントだったと言ってもいいぐらいである。想像していたよりもずっと素晴らしい場所だった。猊鼻渓では川下りだけでなく鮎も有名で、船着場の近くでは鮎の塩焼きが店頭でたくさん売られている。川下りを満喫した後、まだ昼食を済ませていなかった我々は、船着場から一番近いお店に入り、鮎定食を頼んだ。これで¥1,000とはちょっと高めの値段設定である。味の方は申し分ない。きっと天然物ではないだろうが、塩加減・焼き加減ともに満足のいく鮎だ。そうして我々が舌鼓を打っていると、何やら店内が騒がしくなってきた。どうやら、混雑する時間が過ぎたので、店員たち(おそらく家族であると思われる)が食事をする時間になったようである。いわゆる「まかない」というやつだ。でも、店内で、しかもお客がいる前で堂々と食べられても、ちょっと困る。折りしもTVのなかでは、かの“ハンカチ王子(←このネーミングを疑うのは私だけではあるまい)”こと早稲田実業の斎藤投手が初戦のマウンドに立っていたところだった。

猊鼻渓から一ノ関に戻り、お祭りを楽しんだ後、新幹線の中で食べた駅弁。一ノ関名物「前沢牛めし(¥1,200)」である。食べる前に、容器に付いているヒモを引っぱることで加熱装置が作動し、3~5分もすればお弁当がホカホカに温まるという、なんとも素敵なカラクリが仕込まれている駅弁だ。その加熱装置が仕込まれているため、容器はそれなりに深く、そして重い。だが、それはあくまでも加熱装置を仕込むためのものであって、それだけ多くご飯と牛肉が詰まっていると勘違いしてはいけない。それにしても、なぜ駅弁とビールというのはこんなにも相性がいいのだろうか。特におかずらしいおかずがたくさんあるというわけでもないこの「前沢牛めし」でさえも、ビールを美味しく飲めるのだから不思議だ。

 相方Kが私の隣で食べていたのがこの「潮さい三陸あわび弁当(¥1,300)」である。一見、ご飯の上に乗っているのがアワビの切り身のように見えるが、それは一ノ関産のくるみを甘辛く煮たものである。当のアワビは左奥、銀杏の下にある。三陸大船渡・石浜産のエゾアワビで、かなり小ぶりなのが一見残念だが、味はちゃんとアワビだ。その他の素材も徹底して地の物にこだわっており、例えばごはんは岩手県産ひとめぼれ、酢の物は一ノ関産の菊と菜の花といった具合である。ならば「潮さい三陸あわび弁当」ではなく、いっそのこと「一ノ関弁当」とでも銘打った方がいいような気がするが、アワビの持つ絶大なイメージ効果はそれさえも凌駕するのであろう。駅弁戦略の一端が垣間見える。

さて、いかがだったでしょうか。これにて“食”をテーマにした今回の概論秘話は幕を閉じることになります。ご精読ありがとうございました。今後はいよいよ北東北概論編集後記に突入します。お楽しみに。(記:主宰)

北東北概論:http://www.geocities.jp/transistor_ufo_plus/egodiarySP46.html

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/292-ed12b9f6

トラックバック

コメント

[C329]

>もしゃんさま
前沢牛めし、美味しかったですよ~。特に、米国産牛肉が輸入されなくなった後から、まったく牛丼を食べなくなりましたからね、かなり久しぶりの牛めし。そういう意味でも美味しかったです。ますのすし、シヴいですねぇ。私も食べたいです。あぁ、石川県に旅行に行きたい・・・。
  • 2006-09-10 01:17
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C328]

おお~前沢牛めし~!
自分が思ってるより少し速くひっぱるのがいいです。ってむずかしそ~。次世代駅弁ですね。
駅弁+ビール+旅情。まさにそのとおり。あ~ますのすし食べたい。

  • 2006-09-09 20:33
  • もしゃん
  • URL
  • 編集

[C327]

>yoji殿
思うに、「駅弁+ビール+旅情」だからこそ美味しいんでしょうね。特に最後の部分重要。家でやっても美味しさは半減。紐を引っぱるタイプのお弁当は、素早く引っぱるのがコツです。自分が思ってるより少し速く引っぱるのがいいです。

>田舎物殿
田舎物殿の武勇伝の一つですな(笑)牛タン弁当も美味しいよねー。
  • 2006-09-09 01:41
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C326]

紐を引っ張るタイプの弁当と言えば、初めて新幹線で八戸に帰ったときに、仙台駅でわずか2分しかない停車時間中に牛タン弁当を買いにホームに走ったのが思い出です(笑)
今なら、もうあんな事はしない(できない)だろうなぁ
  • 2006-09-08 23:13
  • 田舎物
  • URL
  • 編集

[C325]

>駅弁とビールというのはこんなにも相性がいいのだろうか。

椎名誠氏も言及なさってますが、私は幕の内弁当をつつきながらビールを飲むってのが最高だと思います。

私は紐を引っ張るタイプの弁当が上手く作動したためしがありません…。
  • 2006-09-08 02:48
  • yoji
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム