Entries

蒲羽概論 編集後記

いかがだったでしょうか、蒲羽概論。もちろん、蒲田と羽田を歩いたのでこの名前にしたわけですが、それぞれの代表格と言えば餃子と飛行機。もうこの二つを満喫した概論でした。

蒲田餃子は3軒も食べ歩きまして、その中でもお気に入りの焼き餃子と水餃子に出会えたのが良かったですね。それぞれのお店にそれぞれの良さがあるので、やはり一度は食べ歩きしてみる価値はあると思います。個人的には、総合優勝は「歓迎」さんの水餃子かな、と。これは是非また食べてみたいですね。本当に美味しかったです。

空港も想像以上にテンションが上がって面白かったですね。ディスカバリー・ミュージアムで過去の参勤交代に思いを馳せ、それに比べたら遠距離の旅も随分楽になったもんだ、なんてことを考えながら飛行機を眺める。実にぜいたくな時間でした。空港には非日常感があふれているのがいいのかもしれないですね。特に私のように、普段はまったく飛行機に乗らない人間にとっては、まさに。

自分へのお土産ももちろんですが、家族へはキーホルダーやストラップも空港限定品が買えたのがなかなか良かったですね。喜んでもらえましたし。

銭湯も良かったですし、そして反省会会場としてお世話になったこちらのお店もとっても良かったです。

アットホームな雰囲気で、おつまみも充実。例えば、こちらの海鮮サラダなんて、ボリュームも満点で嬉しい限り(お寿司屋さんの海鮮サラダって、質・量ともに大概素晴らしいですよね)。

他にも今が旬の鮎の塩焼きやら、アサリの酒蒸しやら、魚貝の旨みをとことん満喫。


・・・そして・・・・・・

今日の美味しいところ、3貫!

奥から順に、大トロ、ヤリイカ、ヒラメ。

まぁ、美味いね。ヒラメの安定感は言うに及ばず。ヤリイカなんか、もう、表面がとろっとしてて、でも芯がしっかりあるから噛みごたえもちゃんとあって、そして噛むたびに旨みが口の中にじゅわッじゅわッと広がって、至福。

大トロなんて、頬張ったその瞬間にはもう、なんか、溶けていくよね。いつの間にか、もう、ない。旨みだけ残して消えてしまう、その儚さ。甘美です。

安定の概論方程式。奇跡的に、滞りなく事が運びまして、しかもどれをとっても素晴らしく、我々が経験を通して築き上げてきたこの街歩きの楽しみ方に改めて自画自賛した次第でございます。

・・・で、じゃぁ、せっかくなので、もう一件、バーにでも行きましょう!ってことで、歩いてすぐのところにある、素敵なバーへ移動。

ここがまた、とっても雰囲気の良いバーで、落ち着けて、ホントに大当たり。お陰様で最初から最後まで、本当に楽しい概論になりました。

・・・?・・・最後まで?

ぃぇ、これで終わりではありませんでした。何かしらトラブルやアクシデントが巻き起こる「概論」というイベントにおいて、こんなにもスムーズに事が運ぶわけがありません。そして、その勘は見事に的中しました。


地震です。


北海道から沖縄まで揺れた、あの大きな地震。20時半頃でしたでしょうかね。本来ならね、早めに帰ろうか、なんて言ってたところだったんですけどね、帰れなくなっちゃいました。電車が止まりました。しかも3時間!!

バーには22時半ぐらいまでいたんですけど、電車がまともに動き出したのは23時半でした。家に着いたのは翌日の1時過ぎでした。低気圧のせいもあって、寝て起きたら、体中痛くてね。肋間神経痛みたいな感じで。あぁ、やっぱり、こういうところで帳尻合わせてくるんだな、って。これこそ「概論」だよな、って。なんかね、悲しい反面、ちょっと安心するというか。複雑な気持ちになりましたね。

そんなわけで、蒲田と羽田を駆け抜けた今回の概論は、地震によって締めくくられたのでありました。もう、ホント、お疲れ様でしたよ。次回は7月!今度はもう少し内陸の方を攻めたいと思います。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/3049-d15c9257

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム