Entries

一人概論 広島編 14

全ての仕事を終えて、新幹線に乗車。お供は何にしようか、迷った挙句、こちらにしました。「夫婦あなごめし」。でっかい煮穴子が二本も入った、お得な駅弁。広島は、牡蠣もお好み焼きもいいけど、実は私はこの穴子が一番気に入りました。ふわっふわ。江戸前だと、ツメがどろっとした感じで、まぁ、それが良さでもあるんでしょうけど、それとはまったくの別物。私はこの、ふわっふわの穴子の方が断然好きですねぇ。あぁ、広島、いいなぁ。

しかし、まずは、これもまた名物だという竹輪を片手に宮島ビールを飲み、一呼吸。これまで撮ってきた写真など眺めながら、今回の出張を振り返ってみたりして。

んで、弁当。これ、どどーんと、穴子が二本。手前側が、折り返されてるっていうのもまた、いいじゃないですか。味の方もね、文句なしですよ。タレなしで、充分美味しい。

・・・けど、もっと嬉しかったのは、穴子の中骨を素揚げした「骨せんべい」が付いてくること!これには驚かされました。そして、ビールのお供にも最高!今回の出張、ホント、食べ物が全部大当たり。

で、この骨せんべい。一人で食べるのもったいないなぁって思えてきて、ふと見ると、隣の席では見知らぬオジサマが、車内販売で日本酒(獺祭)を買って飲んでらっしゃる。それに絶対合うだろうなぁと思い、ちょっとおすそ分け。

すると、それがきっかけで、そこからおよそ3時間、二人でずっと談笑。まさに、居酒屋新幹線。ぃゃぁ、穴子マジック。驚きましたねぇ。締めくくりにまさか、こんな素敵な出会いが隠れているとは。

しかも、オジサマからこんな素敵なお土産まで頂いてしまいました。「イカ天 瀬戸内れもん味」。今、一番アツいお土産だそうで。車中でも少々頂いたんですが、確かに、これ、めちゃくちゃ美味いですね。止まらなくなります。ぃゃぁ、最後まで楽しい旅でした(旅って!笑)。

そんなわけで、自腹出張はこんな感じで幕を閉じたのでした。まずは、快く送り出してくれた嫁さんと娘に感謝ですね。ありがとうございます。娘が幼稚園に通っていた頃は、経済的に苦しくてまず出張なんて無理無理、と思っていたんですけど。娘が小学校に入ってからは、毎月の負担がかなり軽くなりましたし、4月からお仕事も増えましたので、なんとか、二年に一回ぐらいは自費でも出張に行けるようにはなりました(毎年はさすがにキツいです)。

しかしながら、この出張で、また考えてしまいましたね、ワークライフバランス。正社員の皆さんは、当然ながら出張費も出る上に、私なんかよりも断然高給取り。でも、その分、ぃゃ、それ以上に仕事は多く、責任は重く、多忙さに押しつぶされていくような感じで。その押しつぶされることにすらもう慣れてしまい、それが日常であり、そこに何も疑問を感じていないような。でも、よくよくお話を聞いてみると、あちこちガタがキているとかいないとか。

うーん、やっぱり、私は、ガンプラをもっと追求した方がいいのかも、なんて思ってみたり。ま、とりあえず今年度前半のお仕事もあと少し。先々のことを憂うよりもまずは目の前の課題を片付けなきゃね。一個、でーっかい仕事が待ち受けてますんで。さぁ、12連勤の始まりだ!(白目)
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/3069-fc7d7c11

トラックバック

コメント

[C2281] >田舎物殿

ね。安定を得るには、それなりに代償も支払わないといけないし。難しいところです。

考えてみれば、私なんかは、非正規ですが、まだマシな方ですよ。非常に恵まれているなぁ、と。仕事以外でやりたいことがたくさんありすぎるので、まぁ、あと30年現状維持できれば一番いいんですけどね(笑)
  • 2015-07-07 21:03
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C2280] わーくらいふばらんす

確かに。
初任給としては相当な部類ですが、業務の量と社会的責務を考えると微妙なライン。
結局、近距離の出張は年休自腹での対応にならざるを得ないこともあったりで。
なかなか難しい問題です。

まぁ、役割として正社員にしがみつかねばならぬ立場でもあるのですが苦笑
  • 2015-07-06 23:31
  • 田舎物
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム