Entries

夏休みの話16 【蕎麦と氷】

夏季休業も終わりに差し掛かった頃、娘と嫁さんと三人で、ちょっと街の方へ下りてみました。事前にあまり調べず、その場その場の思いつきでネット検索なんかも活用しながら、あとは目で見て足で歩いての散歩。10年以上「概論」やってますから、その辺の感覚は問題なかろう、という妙な自信がありました。

で、午前中の所用を済ませてちょっと早めのお昼。私の独断で、「蕎麦食べたいな」ということになり、近所に美味しいお蕎麦屋さんはないかと調べてみると、歩いて10分ほどのところに評判の良いお蕎麦屋さんがあることがわかりました。そりゃ行くしかないだろ!というわけで、Googleマップを頼りに歩きます。

で、たどり着いたお蕎麦屋さんが、なんていうか、ちょっとした料亭のような店構えで、少し驚いたんですけども、ええい!ままよ!!と意気込んで門を突破。すると、敷地内に川のような池があって、そこには何匹もの錦鯉。あいやぁ、予算大丈夫かなぁ、とちょっと心配しつつも、まぁ、美味しいお蕎麦が食べられるならよかろう、と店内へ。

座敷席の方へ移動しまして、メニューを見るとちょいと独特。普通、お蕎麦屋さんというと、「ざるそば」「もりそば」「たぬきそば」などといくつか種類があるはずなんですが、ここはそうではありませんでした。

蕎麦の量を注文するスタイルでして、やや戸惑いました。やがてお店の人がテーブルまで来てくれたので、説明を聞いて発注。我々は約3人前という「7合」を、そして穴子の天ぷらを頼みました。そばつゆは冷たいものがデフォルトで付きますが、別料金で暖かい鴨つゆやら、とろろやらも追加できるようです。

まだお昼前でしたので、それほど待たずにお蕎麦も天ぷらも運ばれてきました(写真参照)。この蕎麦、見てやってください。私がこれまで食べてきたお蕎麦とは全然違う、蕎麦らしからぬ色味です。聞けば、これが「早刈り」って奴だそうですね。普通、蕎麦の実って黒くなってから収穫しますけども、まだ緑色が残っているうちに早めに刈ったものを使うとこんな風になるんだとか。

まぁ、これが、美味い!香りも味もコシも、段違い!一発で気に入りました。それでいて一人前に換算すると800円程度なのでそんなにバカ高いわけでもありません。完熟の十割蕎麦も美味しくて好きですが、こういう世界もあるのか!と、驚きを隠せませんでした。

量も充分で、最初は「あれ、これちょっと多いかな?」と思ったんですけども、なんのなんの。美味しさの余り、どんどん箸が進みまして、私一人で半分ぐらい食べてしまいました(笑)

穴子の天ぷらも、サックサクでとっても美味しかったですね。野菜の天ぷらは実家でたくさん食べたので、普段あまり食べない海産物の天ぷらが食べたくて発注したんですけど、大正解でした。

ちなみに、最後にデザートとしてちょっとした寒天の黒蜜掛けも出てきまして、至れり尽くせりで、もう大満足。これはもうまた絶対来たいお店ができましたよ。

さて、たっぷり昼食を楽しんだ後は、またたっぷりと歩きます。公園まで来て娘は遊具で遊び、私は隅っこの方にあった鳥小屋でクジャクやアヒルを見たりして。んで、またふらふらと歩いて、いわゆるエキナカのお土産屋さんをぶらついたりして。外も暑かったし、何か冷たいもんでもあれば食べたいなぁ、なんて思っていたら、なんと、カキ氷屋さんを発見!しかも天然水のカキ氷。絶対に美味しい奴です。

でも、さすがに一人一つだと多い気がしたので、ちょっとだけお高いのを一つ頼んで、それを三人でシェアする方向に。そしたらこれが大当たり!ご覧ください、この贅沢いちごミルクのインパクト!中にはバニラアイスも仕込まれております。娘も大興奮。一口食べるなり、美味しい!と。私もパクリ。いやぁ、やっぱり天然モノは違いますなぁ。ふっわふわ。もう、最高でした。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/3095-570ec486

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム