Entries

自由が丘概論 3

そんなわけで、等々力渓谷をさらに下り、多摩川河川敷までやってきた我々。この日は天気も良く、眼前に広がるパノラマに感動もひとしおでした。この向こうが神奈川県。正式な概論(ナンバリングタイトル)としては、決して踏み入れることのない地ですね。・・・あれ、そうでもないのか(昔、勢い余って千葉県に突入したことがあったような)・・・。

・・・水門があったり、浅瀬があったり、河川敷にはジョギングコースや広場があったり。周辺住民の憩いの場ってヤツですね。川には釣りを楽しんでいる人の姿もありました。

多摩川の水質はどんどんきれいになってきていて、鮎も遡上するなんてことをテレビで見聞きしていましたけど、そんな、言うほどキレイになってないでしょうよ。と、思って来てみたんですけどね、ぃゃ、私が間違っておりました。確かにかなりキレイでした。お子様方が中に入って遊んでも大丈夫なレベルです。すごい!

以下、多摩川河川敷の風景をお楽しみください。

































いかがだったでしょうか。メダカ?のような小魚が泳ぐ姿も見られましたし、水中の石をひっくり返してみると、そこには何かしらの虫もいましたし、水質は間違いなく改善しているようです。素晴らしいネ!

さて、そんな多摩川の現状を確認した我々は、駅へと引き返します。「自由が丘」概論ですからね、いつまでも等々力にいるわけにも参りません。・・・と、その途中、自然食品を取り扱っているお店があったので、立ち寄ることにしました。

いわゆる「オーガニック」の食品を中心に販売しているお店のようでして、調味料やらお漬物やらお菓子やら、たくさんあったんですが、ちょうど我々はノドが渇いていたので、何か飲み物を買おうということに。棚を見てみると、そこにはオーガニック・スポーツドリンクなるものがあるじゃないですか!これはイイ、と勇んで購入。そしてお店を出て、ぐびっと一口。

・・・・・・うん。まぁ、そうだよな。こんな感じだろうな。ぶっちゃけた話、決して美味しくはないですよ(笑)でも、体にイイのはわかります。一般的なスポーツドリンクよりも甘さは控えめで、人工的な感じは一切しません。それもそのはず、数種類の果物の果汁と天然塩、そして天然水で作られているんだそうですからね。・・・ごちそう、さまでした、うん(笑)

気を取り直して(!?)再出発。大通りを歩いて戻っても良かったんですが、せっかくなので一本外れた住宅街を歩いてみることに。たかが道一本分ですが、急に閑静な住宅街が広がりまして、なるほど、高級そうなお宅がたくさん並んでおります。

・・・が、特に入りたいような店はなく、結局そのまま駅まで戻ってきました。で、駅前にあるこちらのお店に入りました。ジェラートのお店「ブロッサム」さん。本当に駅の真ん前にありまして、等々力渓谷に向かう途中に目を付けておき、帰りに入ってみようと話し合っていたのです。

シングルとダブルでは70円ぐらいしか違わなかったので、じゃぁ、ダブルでいこう、と。もちろん、カップでなくコーンでいこう、と。そして、Ф少年と私、それぞれ好きなものを発注したんですが・・・

・・・私はこちらの二種類にしました。奥が「ヘーゼルナッツ」で手前が「塩ミルク」。我ながらこのコンビネーションは最高!大正解だった、と思いました。ナッツと塩は合うに決まってますけどね、それはジェラートでも同じ事でした。特に、塩ミルクがイイ。適度な塩気がヘーゼルナッツの旨みを引き立ててくれてます。それぞれ別々に食べてもよし、併せて食べてもよし。オススメ!

ちなみに、Ф少年は「カベルネ・ソーヴィニヨン」という、ワイン用のブドウを使ったジェラートを発注してました。一口もらったんですが、これも美味しかった(もう一種類は何だったか忘れた)。何食べても美味いですよ。クレープも販売してるようでしたから、今度来ることがあれば、そっちも試してみたいですね。

さて、等々力散策もここまで。また電車に乗りまして、自由が丘方面へと戻ります。<次回に続きます>
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/3113-a63fa3bf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム