Entries

自由が丘概論 5

さて、九品仏から歩いて数分。自由が丘の街へと戻ってきた我々。かなり歩き回って、足にダメージが溜まってきたので、ぼちぼちお茶にでもしましょうか、ということになりました。まぁ、自由が丘ですから、お茶を飲むには困らないだろう、きっと素敵なお店があるだろう、そんな風に期待しながら歩き回っておりました。まぁ、でも、時間がちょうど3時ぐらいでして、どのお店も混んでるんですよ。もうちょっと落ち着いて疲れを癒せるようなお店があると良いなぁ、と。

で、しばらく徘徊していると、なかなか良さそうなお店を発見しました。それがこちら。「ハイフン」さん。素敵な音楽と美味しい紅茶が楽しめるお店。概論の方程式からいけば、だいたいコーヒーを飲むことになってますが、今回は紅茶です。紅茶党の私にはもってこいです(笑)

お店は地下にありまして、階段を下りていくんですけども、その先には、もう、とってもオシャレなスペースが広がっておりまして、そしてとっても美人のお姉さんがお店を取り仕切っておられました。

カウンターに座りまして、ケーキセットを注文。数種類のフレーバーティーの中から1つと、これまた数種類のスイーツの中から組み合わせて発注することができます。紅茶はカップに1杯、ポットの方にもう1杯分が入ってます。

個人的にはフレーバーティーよりも、オーソドックスな紅茶の方が好きなんですが、そしてできればミルクティーの方が好きなんですが、ここのフレーバーティーは格別ですわ。まぁ、イイ香りですよ。カウンターですから、お姉さんが目の前でお茶の支度をしてくれている様子がバッチリ見られるんですけども、そのときから既にいい匂いが伝わってくるんですよね。これはもう、紅茶好きにはたまらない世界でした。嫁さんも紅茶党なので、ここにはいつか彼女も連れてきたいですね。

私はこちらのチョコレートケーキを頼みまして。まぁ、こちらも美味しかったです。もっと軽いものを想像してたんですけども、ギュッと詰まっていて濃厚。おまけにアイスクリームまで付いてきまして。何という幸せ。お茶との相性も抜群でした。

お陰様で、足の疲れも癒えまして、Ф少年とのトークにも花が咲きまして、時間的に良い頃合いとなりまして。

で、名残惜しくもお店を後にして再び自由が丘散策へ。

お菓子のホームラン王「ナボナ」で有名な亀屋万年堂さんの総本店がありました。ここでしか売られていない、限定のナボナなんかもあったり、イートインコーナーもあったりして、ここでお茶しても良かったかもしれません。他にもこの辺りには、こじゃれた喫茶店がいくつかありましたね。日本茶でいくっていうのもアリだったかもしれません。

概論の方程式より、定番の雑貨屋さん。

置物、トートバッグ、食器、キャラクターグッズ等々。

面白かったです。

で、ここですよ。

スパイス専門店!

もうね、夢のようなお店ですよ。試験管のような細い瓶に、あらゆるスパイスが封じ込められまして、並べられております。お値段もお手頃でして、自由が丘土産にもピッタリ(渋谷や新宿にも支店があるみたいですけど)。

予算さえあれば、あれこれ買って、オリジナルのカレー粉を作るというのも面白いと思いますが、お店オリジナルのカレー粉も何種類かありましたので、カレー好きの方はチャレンジしてみる価値はあると思います。その他、煮込み料理用のスパイスとか、塩や胡椒などもたくさん。

端から順に一本ずつ欲しかったぐらいですが、散々迷った挙句、私は胡椒を一本お土産に買って帰ることにしました。まだ使ってみてませんが、どんな味なのか、楽しみにしております。使ってみたらまたココでご報告いたしますね。

さあ、概論もいよいよ終盤。仕上げの銭湯タイムとなりました。今回はこちら、みどり湯さんにお世話になります。

熱過ぎずぬるすぎない、ちょうどいい湯加減の泡風呂。これまで入ってきたお風呂の中でも、なかなかの満足度でしたが、一番良かったのは、何と言ってもボディーシャワー。ボタンを押して、個室に入ると、壁からシャワーがぶわーっと出てくる。四方八方からババーッと。水とお湯と選べるんですけど、断然、水をお勧めしたいですね。お風呂で温まってから、この水シャワー。このコンビネーション。たまらんです。二回やってしまいました(笑)

そんな素晴らしい湯屋を出た我々は、反省会会場を目指し、またふらふらと自由が丘の街へ消えたのでした。<次回、編集後記に続きます>
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/3115-254e2e67

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 42 : 永福町概論
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム