Entries

青山の和 4 + 食へのこだわり

pic4624.jpg 10品目の自家製デザート。2種類あったうちのまず左側。「ブルーリキュールのゼリー・マンゴーソース」。ブルーリキュールって、初めて知ったんですが、味はともかくとして、なんだか凄く人工的な感じがします。一体、この不自然なぐらいの青さはどこから来ているのか、何からできているのか、どうしても疑いたくなってしまいます。青色○号とか・・・・・・??見た目はすごく涼しげで、夏にはイイ感じですけどね。マンゴーソース(だったと思う)の方は文句なし。和食のお店でも、こうした洋風のデザートを持ってくるあたり、泣かせますね(そうか?)そして、もう1つ右側の方。アーモンドクリームのなんとか・・・?とにかく、これ、アーモンドでできてます。はっきりいって、こっちの方が美味しかったですね。ブルーリキュールの方はいらないから、こっちをもう少し増量して欲しかったなぁ、と。でも、カロリー的にはすごく高いんじゃないかなぁ、というのをうかがわせる濃さでした。ほんと濃厚。

・・・という感じで、全10品完食いたしました。お食事もすごく美味しかったですし、お酒も私好みの日本酒が数多く取り揃えられておりました。その多くが私の行き付けのお店とかぶってましたから、ひょっとしたら、取引してる酒屋さんが“はせがわ酒店”なのかもしれません。ま、とにかく、外苑前に行かれることがあれば、ちょっと路地裏に迷い込んでみるといいのではないでしょうか、というお話。

神楽坂 SHUN:http://www.kagurazaka-shun.jp/
はせがわ酒店:http://www.hasegawasaketen.com/



で、この「青山の和」の第1回のコメントでyoji殿から“食事に関してはずいぶんこだわるね”というご指摘を頂きました。まったくもってそのとおりでございます。実は私が食にこだわる理由としましては、大きく2つございます。
 まず1つは風水。風水と聞くと、家具の配置がどうとか、玄関の向きがどうとか、この方角には何色だとか、そういうのをご想像される方が多いと思うんですが、それと同じことが人間自身にも言えるんです。良い“気”を体内に取り込むには、良い食事から、というわけです。特に、デザートは食べるようにしてますね。金運が上がるそうです。まぁ、デザートなんてハッキリ言って、栄養的にはなくたっていいようなもんです。それをお金を出してわざわざ食べるわけですから、余計に出て行った分、また入ってくるという考え方ですな。お金は使わなきゃ入ってこない、ってのが私の持論でもありますので。
 で、もう1つの理由、実はこっちの方が大きいんですが、人間が一生のうちにとることができる食事の回数って、ほぼ決まってるんですよ。仮に人生80年とすると、1年が365日、80×365=29200。80年の内うるう年が20回ありますから、それに20を足して、29220日。これが寿命。で、1日3回食事をすると、29220×3=87660回。しかし、合法的にお酒が飲めるようになり、味覚が成熟してきて、いわゆる“大人の味”が美味しいと感じ始めるのを20歳だとして、体が健康で食事に制限がなく何でも美味しく食べられるのを60歳(←あくまで仮の話ですよ)までだとすると、その半分、つまり87660÷2=43830回しか、美味しいものを美味しく味わえないということになります。その上、今の私は生活リズムの都合上、1日2食で過ごしてますから、さらに減ります。つまり、貴重な1回の食事をできる限りムダにしないように、できれば美味しく食べたい、というわけなんです。
 ま、そんなわけでして、実はこの土日もちょっと美味しいものを食べてきたんですが、それはまた後日ご報告いたします。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/312-7e2ff112

トラックバック

コメント

[C349]

>みずさま
私もこの話をTVで誰だったかが話しているのを聞いて、なるほど確かに少ないなぁと思い、それから食事に対する考え方が変わりました。普段は質素倹約でも、ここぞというときには思い切って奮発して、美味しいものを食べたり飲んだりしたいものですよね。
  • 2006-10-02 00:45
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C348]

人生の食事の回数、実際に数字にしてみると、意外と少ない印象でした。
なんとなく、これからはちょっと大事に食べようと思いましたw
  • 2006-10-01 21:44
  • みず
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム