Entries

水上温泉宿に泊まる 3

pic4709.jpg今回訪れた宿は、実は秋田のあの高原温泉宿よりも値が張る。私が以前偶然ネットで発見し、いつか行きたいとずっと思っていた。それが今回実現に至ったというわけだ。値が張るだけあって、そのたたずまいから素晴らしい。純和風の見かけながら、中に入ってみると、和の落ち着きと洋の便利さをうまい具合にミックスした、実に快適で清潔感のある館内。驚いたのは、見かけとは違って広い玄関。そして靴を脱いで上がった場所に、このように囲炉裏が切ってあり、そこに座って一休みしながら記帳するのである。それだけでも充分驚いたのに、なんと、その間に梅昆布茶とカボチャの煮つけを一切れ出してくれたのだ。これははっきり言って面食らった。この数分の間にすっかりこの宿のペースにはめられた感じである。もっとも、こちらもそのつもりで、チェックイン開始時刻の直後に入ったのであるけれども、まさかここまでのおもてなしを受けることになろうとは・・・。

pic4710.jpg ただ、同じことを考えていたのは私一人ではなかったらしい。まだ日も高いというのに、次から次へとチェックインに人が現れるではないか。夕食の前に露天風呂に入ってリラックスしようという考えだろう。皆、私と同じで癒されたいのだ。現実から離れて、ゆっくりのんびりしたいのだ。そんなことを考えながら、露天風呂で小一時間ほど体のさびを落とした後は、部屋で夕食の時間までのんびり惰眠をむさぼる。そしていざ夕食の時間になり、部屋を出て食堂へ行ってみると、そこがまたすごい。各部屋ごとの個室が作られていて、その様子は小洒落た居酒屋か蕎麦屋のよう。当然、給仕の方が何から何までしてくれて、こちらはただ出された食事を食べ尽くすのみ!まずはこの前菜3種。左の器が茹でたインゲンにガーリックマヨネーズをかけたもの。右の器が何かの野菜(キャベツ??)をクルミのドレッシングで和えたもの。奥の器がくるみ豆腐。

pic4711.jpgもちろん、言うまでもなくどれも美味しかったのだが、強いて言うなれば、クルミを使った料理が2品あったのが気になった。地のものを使っているということなので、しょうがないといえばしょうがない。結局は美味しいのだから、贅沢な意見というものだろう。だが、お金を払っているのはこっちだ。くるみ豆腐で充分クルミは味わえるのだから、ドレッシングは別のものでよかったのではなかろうか(ぃゃ、ひょっとしたら、私の誤解でゴマドレッシングだったかもしれないが)。さて、そんな前菜の隣、炭火にあぶられた鉄鍋と、塩焼きにされたイワナ(ブレブレで申し訳ない)。鉄鍋の中身は後日公開するとして、このイワナがまた最高に美味しかった。頭から尻尾まで、骨まで残さずバリバリ食べさせていただいた。それにしてもこの夏はよく淡水魚を食べたと思う。イワナもヤマメも大好きになった。また食べたい。来年の解禁が早くも待ち遠しい次第だ。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/316-fa465f16

トラックバック

コメント

[C357]

>みずさま
部屋というか、玄関のロビーですね、正確には。実際の部屋も広々していて、水のせせらぎが聞こえてきて、それだけで心地よくてトロトロと眠りに落ちてしまう感じで・・・。夜はちょっと寒かったですけどね(苦笑)でも、おかげさまで、素晴らしい夏休みの締めくくりでした!!そういえば、食事の時に隣の個室では、お子様用に誕生日ケーキが用意されてました。みずさまも、お子様がもう少し大きくなられて時には、是非ご家族で行ってみては?
  • 2006-10-09 01:21
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C356]

部屋の中に囲炉裏、食事は個室、なんだかとてもリッチだわ!
周りの皆様と一緒に、主宰くんも癒されたことでしょう^^
  • 2006-10-09 00:58
  • みず
  • URL
  • 編集

[C355]

>わら氏
しかも露天風呂が2つ、岩風呂(内湯)が2つあるという、素敵な宿。もちろん全部入り倒してやりましたよ。のぼせるっつーの。でも、最近はもっぱら、“食”をテーマにしたプチ概論、もはやこれは食概論(食害論?)と呼べなくもないですが、とにかく、概論本来のあるべき姿から大いに逸れてしまっているのが寂しくもあります。わら氏のバイオリズムが好調な時にでも、次の本格的概論をやりましょう。
  • 2006-10-09 00:46
  • 主宰
  • URL
  • 編集

[C354]

温泉かー、うらやましい。いわなうまそうっすね。
落ち着いた食ルポ紀行文として概論をこしてますね。
ってなわけでまた街をぶらぶら歩く本来の「概論」」またやりたいですね。
  • 2006-10-08 15:50
  • warazi02
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 41 : 荻窪概論
- 40 : 千住概論
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム