Entries

築地概論 4

銀座でお風呂に入って、サッパリした我々は、再び雑談などしながら築地の街へと戻って参りました。お目当てはもちろんお寿司。どんだけ寿司が好きなのか、と(笑)寿司厨だな、なんて冗談も飛び出すほど。

ただ、寿司を食べるだけなら既にお昼に済ませているので、夜の部はおつまみも美味しくて、日本酒も飲めて、ゆっくりできるところがいいなぁ、と。

迷った挙句、日本酒を推している一軒のお店に出会いました。当然、新鮮そうなお魚も扱っている様子。よし、ここに決まりだ!と二人の意見も一致したので、勇んで入店。

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

席についてみて初めて気づいたんだけど、

お寿司がありません。

何しに来たのか、って話ですが、この時点でもう一軒行くことが確定しましたよね(笑)ま、気を取り直して、注文しましょう、注文。

まずはお刺身・・・と思って、アジの姿づくりを発注したんですけど。まぁ、これがこの日のオススメというだけあって、凄かったです。写真参照。これを見ただけで先程まで沈みかけていた我々の士気も一気に高まりました。アジとは思えぬこの大きさ!こんなに大きいアジは初めて見ました。ぃゃぁ、凄い。隣の席のお客さんも思わず「おぉぉ」と歓声を上げていました。

でも、これだけ大きいと、アジだけに、大味なんじゃないの?とも思ったんですが、そんなわけありません。まぁ、美味い。なにこれ。今まで食べてきたアジの中でも確実にトップクラス。

続いて出てきたのが、からすみの炙り。まぁね、からすみも、こんなときじゃないと食べられませんからね。これだけの少量ですが、味はピカイチ。日本酒との相性は言わずもがな。至福の一言。

美味しい日本酒に、美味しいおつまみに、大満足の我々。他に、カニ入り出汁巻き卵も食べたんですけど、これも美味しかったですねぇ。このお店は当たりでした。この時点でかなり楽しくなっていた我々ですが、ここでどうしても頼みたいものが。オススメのメニューのなかに、燦然と輝く文字。「近大マグロ」。そうです、完全養殖で有名なあのマグロです。もはやブランド化されているようで、養殖にもかかわらず、天然ものよりも高いんじゃないか、というぐらい。それでも、これを逃したらたぶんもう食べる機会がないだろうなぁと思い、話のネタにもなるだろうし、頼んでみることにしました。

それがこちら。


もう、見るからにおいしそうです。食べてみてももちろん美味しいです。普通の天然マグロと違うのは、筋がなく、トロットロであるというところ。中トロの筋なんてあってないようなもんですが、それがほぼ完全にないんですよね。なので、すごく不思議な感じがしました。抜群に軟らかく、美味。・・・ただ、天然のマグロに慣れてしまっている身からすると、正直、私は天然にはかなわないな、と思いました。そのうち、養殖が当たり前で、天然の方が珍しくなったら、世間の反応はどうなるんでしょうねぇ。

さて、日本酒も築地のおつまみも堪能しましたので、シメのお寿司いきましょう!

もう、ここは、リーズナブルにいこうよってことになりまして(ここまで結構お金使ったし)、結局最後はすしざんまい。チェーン店とはいえ、侮れないです。もちろん、お昼に訪れたお店ほどのクオリティからは程遠いですが、ちょっと寿司がつまめればいいぐらいに出来上がっている我々には、質的にもお値段的にもちょうどよかったわけです。クエも、金目鯛も、こはだも食べることができましたし。大満足。

普段、日本酒は冷やでしかいかない私ですが、この日は熱燗。熱燗は安い酒でも美味しくなるから不思議です(笑)北海道産のホタテも頂き、もうしばらく海産物はいらないわってぐらい、食べに食べ、飲みまくりました。

ごちそうさまでした。

いつもなら、反省会の模様は編集後記と一緒にお送りするんですが、今回は本編に組み込んでしまいました。ま、反省なんてほとんどしませんでしたし、いいでしょう。この日はとにかく、築地でお寿司を食べたい!っていうだけの集まりでしたからね(笑)

反省点があるとすれば、やはり、カメラの問題ですかね。ここ最近は、一眼レフを使用せず、iPhoneのカメラだけでやってきました。これだとアップロードが楽なんですよね。んで、今回からはミラーレス機を投入してみたんですけど、やっぱり写りが全然違いますわ(この記事だとマグロの写真ね)。今後はパンケーキレンズも買って、撮りまくっていきたいと思います。

次回概論は、5月頃でしょうか。お楽しみに!
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gaironblog.blog119.fc2.com/tb.php/3199-aa43605c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アバウト

主宰

Author:主宰
【 日常の透かし切り 】

Instagram

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Links

HLS
akya's sunny-side up!
officekaraki.com



【歴代概論】
- 39 : 祖師谷概論
- 38 : 川口概論
- 37 : 調布概論
- 36 : 駒塚概論
- 35 : 築地概論
- 34 : 自由が丘概論
- 33 : 蒲羽概論
- 32 : 小金井概論
- 31 : 大森概論
- 30 : 月島概論
- 29 : 赤羽十条演習
- 28 : 恵比寿概論
- 27 : 押上演習
- 26 : 葛飾区概論
- 25 : 府中概論
- 24 : 千代田区概論
- 23 : 谷根千概論
- 22 : 世田谷線概論
- 21 : 両国概論
- 20 : 江古田概論
- 19 : 町屋概論
- 18 : 中野概論
- 17 : 神楽坂概論
- 16 : 阿佐ヶ谷概論
- 15 : 東京“町”概論
- 14 : 国分寺概論
- 13 : 五反田概論
- 12 : 新宿西概論
- 11 : 高円寺概論
- 10 : 吉祥寺概論
- 09 : 厄除け概論
- 08 : 板橋概論
- 07 : 三軒茶屋概論
- 06 : 押上概論
- 05 : 赤羽概論
- 04 : 下高井戸概論
- 03 : 日暮里概論
- 02 : 高田馬場概論
- 01 : お茶の水概論(再)



【歴代子連れ概論】
- 12 : 子連れ概論 空街編
- 11 : 子連れ概論 鎌倉編
- 10 : 三鷹の森概論
- 09 : 西武園ゆうえんちを行く
- 08 : 子連れ概論 鉄道博物館編
- 07 : 子連れ概論 陽光都市編
- 06 : 子連れ概論 夢の国編
- 05 : 子連れ概論 日本のハワイ編
- 04 : 子連れ概論 みなかみ編 2010
- 03 : 子連れ概論 みなかみ編
- 02 : 子連れ概論 大阪編
- 01 : たくみの里概論



【歴代プチ概論】
- 55 : 東京ミュージアム探訪2016新春
- 54 : 東京ミュージアム探訪2015秋
- 53 : 東京ミュージアム探訪2015晩夏
- 52 : 東京ミュージアム探訪2015盛夏
- 51 : 一人概論 広島編
- 50 : 東京ミュージアム探訪2015初夏
- 49 : 東京ミュージアム探訪2015初春
- 48 : 東京ミュージアム探訪2014秋
- 47 : 秋葉原願掛け紀行
- 46 : お台場フロントガイド
- 45 : 東京ミュージアム探訪2014初夏
- 44 : 東京ミュージアム探訪2014初春
- 43 : 東京ミュージアム探訪2013秋
- 42 : 東京ミュージアム探訪2013夏
- 41 : 東京ミュージアム探訪2013春
- 40 : カレー遠足2013春
- 39 : 東京ミュージアム探訪2013晩冬
- 38 : 豊洲オクトーバーフェスト2012
- 37 : 東京ミュージアム探訪2012盛夏
- 36 : 伏見稲荷大社を行く
- 35 : 草津概論
- 34 : 水上温泉宿に泊まる'08
- 33 : 鉄道博物館概覧
- 32 : サファリへGO!
- 31 : 水上温泉宿に泊まる'07
- 30 : 神田概論
- 29 : 霧降高原概論
- 28 : 函館概論
- 27 : 南千歳概論
- 26 : 釧路概論
- 25 : 霧多布概論
- 24 : 旭川概論
- 23 : 美瑛概論
- 22 : 札幌概論
- 21 : 小樽概論
- 20 : カシオペア概論
- 19 : 杜の都 滞在記
- 18 : 伊豆紀行 河津編
- 17 : 六本木ヒルズ概覧
- 16 : 豊洲想ひ出紀行
- 15 : 門前仲町プチ概論
- 14 : 渋谷大忍具
- 13 : 続・青山の和
- 12 : 結納体験記
- 11 : 水上温泉宿に泊まる'06
- 10 : 青山の和
- 09 : 池袋中華3
- 08 : 銀ザ変
- 07 : 池袋中華2
- 06 : 榛名湖(冬)概論
- 05 : 四万温泉概論
- 04 : 四万川ダム概論
- 03 : 富弘美術館概覧
- 02 : 表参道ヒルズ概覧
- 01 : 真冬の八戸紀行



【アルバム】
-03 : 飲食2
-02 : 飲食1
-01 : 花

以前の記事

検索フォーム